寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. たもつ
  2. 4684 view

ベッド下の空間を利用した収納方法&おすすめベッドをご紹介!

物を置きっぱなしにして、お部屋の中が散らかっていませんか?

収納スペースが少ない部屋もありますし、ワンルームや子ども部屋などの狭い部屋だと、新たに収納家具を置くのも難しいですよね。そんな時に役立つのが、ベッドの下の空間です。ベッド下は物を収納するのにうってつけのスペースです。ただし、埃対策などはしっかり行ってくださいね!

この記事では、ベッド下の空間を利用した収納方法を紹介していきます。ごちゃごちゃな部屋にお悩みの方は必見の内容になっていますよ!

ベッド下に収納するメリットとは?

ベッド下に物を収納するメリットは、何といっても場所を取らないことです。

1つのタンスに入りきらないからといって、もう1つタンス置くとなると場所をとるので、部屋が狭くなってしまいます。それよりは、ベッド下の空間に収納する方が合理的です。

収納付きベッドを買いたかったけど予算が足りない…という理由で、収納なしベッドを購入する方も大丈夫!収納付きベッドと同じ量の収納物をベッド下にスッキリ収めることができますよ。

BED STYLEの床下に収納スペースがあるベッド一覧はこちら↓

床下に収納がついている収納付きベッドもおすすめです!
ぜひこちらもチェックしてみてください↓

ベッド下の空間を利用した収納方法&注意点

スペースを取らないことが魅力のベッド下収納。こちらでは、そんなベッド下収納をするにあたって、収納方法や気をつけた方が良いポイントをご紹介していきます!

ベッド下収納には普段使わないものを入れる

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 500040968_g_0012_m.jpg です

ベッド下収納は場所を取りません。しかし、屈んで物を出し入れするのはちょっと面倒に感じることもあるでしょう。収納ベッドの引き出しだと出し入れがしやすいですが、そうでない場合ベッド下のケースなどの出し入れはやや手間です。いつも着ている服や頻繁に使用する物を収納するのは避けた方がいいでしょう。

反対に、ベッド下に収納するのにおすすめなのは、年に数回しか使わないもの季節限定のものです

年に数回、冬だけあるいは夏だけ使うものなら、その時期が来た時に出せばいい、ということになります。

ベッド下収納には便利なグッズを使おう

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 500040968_g_0010_m.jpg です

ベッドのタイプにもよりますが、ベッド下に物を収納する時には、そのまま置くよりも引き出しや蓋付きのボックスといった入れ物を使うのがおすすめです。

床に直接物を置くと、物によっては床にキズが付いてしまいます。また、出し入れがしやすくなるというメリットも。こまごました物ならなおさらボックスにまとめて入れたほうが出し入れしやすいですよね。

ベッド下は長期間放っておくと埃が溜まりますし、湿気も多いです。衛生面から考えても、むき出しで物を置いておくのは考えものです。

BED STYLEの床下に収納スペースがあるベッド一覧はこちら↓ 

床下に収納がついている収納付きベッドもおすすめです!
ぜひこちらもチェックしてみてください↓

ベッド下に収納したらやっておきたいこと

ベッド下に収納すると、部屋が実際よりもすっきり見えます。ただし、部屋をきれいに見せたいからといって、何でもかんでもベッド下に収納してしまうと、ベッド下の空間がごちゃごちゃした状態になります。そうなると、使う時に必要なものがすぐに出てこないということも…。デメリットを少しでも減らすために、下記のことを行いましょう。

定期的な片付け

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ef759203d999cd6ce06c252d41db74eb_s.jpg です

衣替えをするときや季節物を出し入れするときなどのタイミングで、ベッド下の収納物を全て出し、掃除機をかけます。

そのあと整理整頓しながら収納し直すようにしましょう!必要に応じて断捨離することも大切ですよ!

湿気、埃対策

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 17b82d406333a4c2ffa555aa56b318c3_s.jpg です

ベッド下は湿気が多く埃が溜まりやすい場所です。衣類などを長期間収納する場合、定期的に掃除と換気をおこなう必要があります。

ベッド下に物を収納するのなら、引き出しを開けて換気する防虫剤と乾燥剤を入れるすのこを敷くなどしっかり対策をとることをおすすめします。通気性の良いすのこベッドを選ぶことも一つの方法ですよ!

BED STYLEの床下に収納スペースがあるベッド一覧はこちら↓

床下に収納がついている収納付きベッドもおすすめです!
ぜひこちらもチェックしてみてください↓

ベッド下収納のお洒落実例

ベッド下収納と言っても、実際に見てみないとイメージが浮かばない方もいるのでは?こちらでは、インスタグラムで見つけたお洒落なベッド下収納の実例をご紹介します!

ナチュラルで居心地の良さそうなこちらの寝室には、しっかりとベッド下収納が取り入れられています。収納ボックスではなく、あえてバスケットを選択することで、ナチュラル感溢れる素敵なお部屋が出来上がっています♪

天井部分やレンガ壁にテクスチャーを感じるこちらの寝室には、天然木で作られたベッドをチョイス。ベッド下には収納ボックスを置いて、綺麗に片付いた空間を演出しています。壁が派手な分、他をシンプルにまとめることでいい具合にバランスがとれていますね♪

フレンチシックな雰囲気溢れるこちらのベッドルームは、色味をホワイトで統一しています。ベッド下の収納バスケットも同じくホワイトで揃えて、清潔感溢れる上品なベッド周りとなっています♡

子供部屋には通気性バツグンのすのこベッドがおすすめです。こちらのお部屋の場合、ベッド下のスペースを活用して子供の衣類やおもちゃを上手に分けて収納しています。動物のぬいぐるみが可愛らしいですね♡

ベースをホワイトでまとめ、アクセントカラーに黄色を取り入れたこちらの寝室にも、ベッド下収納が取り入れられています。インテリアを邪魔しないホワイトカラーの収納ボックスがとても馴染んでいます。黒のアイアンベッドも、明るいカラーのインテリアを引き締める役目を果たしています☆

BED STYLEの床下に収納スペースがあるベッド一覧はこちら↓

床下に収納がついている収納付きベッドもおすすめです!
ぜひこちらもチェックしてみてください↓

まとめ

こちらの記事では、ベッド下の空間を活用した収納方法と注意点、ベッド下収納のお洒落実例をご紹介してきました。最後に、ご紹介した内容に簡単におさらいしておきましょう。

《ベッド下の収納方法&注意点》
・普段使わないものを入れる
・引き出しやボックスを使う

《ベッド下に収納したらやっておきたいこと》
・定期的な片付け
・湿気、埃対策

ベッド下の収納スペースは、お部屋を広くすっきりと見せてくれるほか、住んでいる人の気分も快適にしてくれます。ただし、一度収納したら次使う時までずっと放置するというのはおすすめしません。物を劣化させないためにも、ベッド下の空間は定期的にお手入れをすることが重要です。

掃除や換気をしっかり行い、お部屋も収納した物もきれいに保ちましょう。

BED STYLEの床下に収納スペースがあるベッド一覧はこちら↓

床下に収納がついている収納付きベッドもおすすめです!
ぜひこちらもチェックしてみてください↓

おすすめの商品

通気性の良いすのこベッドなら、ベッド下収納のカビ対策もばっちり!こちらではBED STYLEおすすめのすのこベッドをご紹介します!

全方位から風が通り抜ける心地よさ 総桐ヘッドレスすのこベッド

ベッド下にものを収納する際に意識したいのが湿気対策。そこでぜひチェックしていただきたいのが、こちらのアイテム。ぬくもり溢れる質感とほのかな香りが心地よい天然木総桐仕様のすのこベッドです。コンパクトなヘッドレスタイプで更に通気性抜群なベッド周りを保ことができます。ベッド下は収納BOXもしっかり置ける高さとなっています♪

カントリー調天然木パイン材すのこベッド

カントリーインテリアや可愛らしいインテリアを目指す方におすすめなのが、こちらのアイテム。上質な天然木パイン材を使用したカントリー調のデザインが愛らしい、シングルサイズのベッドです。通気性バツグンのすのこ仕様で2タイプからお選びいただけます。シンプルなのに可愛さ溢れる女子に大人気のベッドとなっています♡

頑丈で長く安心して使える 棚・コンセントつき頑丈すのこベッド

ベッドの頑丈さを重視される方には、こちらのベッドがおすすめ!今までベッドの軋みが気になっていた方にぴったりな、なんと耐荷重600kgのベッドです。頑丈設計なので、安心して体を預けることができます。こちらのベッドがあれば、体格が大きめの方やよく寝返りをうたれる方などもリラックスして眠ることができますよ♪

ローからハイまで 高さ調節できる頑丈すのこファミリーベッド

家族全員で仲良く眠りたいご家庭におすすめなのが、こちらのアイテム。高さが6段階も調整可能な連結ベッドです。家族構成に合わせて、組み合わせてご利用でき、分割での使用も可能となっています。子供が小さい時はベッドをくっつけて家族全員で川の字になって寝るスタイルで、子供が成長したらベッドを分割して使うスタイルでお使いいただくのがおすすめです♡

ここからは、オプションでベッド下収納が付けられるベッドのご紹介です!

お部屋が広くなる 日本製ボルトレスパネルベッド 

オプションでベッド下収納が付けられるこちらのベッドは、女性でも簡単に組み立てが出来るボルトレスタイプ。すっきりとしたヘッドパネルで空間に余裕が生まれるコンパクトタイプのベッドです。シンプルなデザインとなっているため、どんなテイストのインテリアともマッチして素敵な空間づくりを実現してくれます♪

やわらかい風合い 日本製 カントリー調 姫系ベッド

かわいい見た目だけでなく、組立が簡単なのもうれしいポイント!こちらは、ベッド下スペースを使用して自由に収納できるカントリー調のベッドです。ドット柄の窓からのぞく優しい灯りが夜のお部屋をキュートに彩ります。女子の喜ぶ可愛らしいデザインで、一台置くだけでお部屋をぐっと女の子らしく見せてくれますよ♡

日本製×最高の寝心地 国産ポケットコイルマットレスベッド 

無駄を省いたシンプルなデザインが人気の脚付きマットレスベッド。こちらの脚付きマットレスベッドの場合、製造はすべて国内。特にマットレスは熟練された技術を感じられるメーカー自慢の最高品質です 。1年間は無償で修理対応可能。専用の引き出し2杯を追加購入できるので、ベッド下収納も楽しめるおすすめのベッドです。

ホワイトで素敵なお部屋に 大容量収納ベッド 引き出しなし

オプションでベッド下のスペースを自由自在にコーディネートできるこちらのベッドは、綺麗に片付いたお部屋をつくれるアイテムです。ホワイトは寝室を明るく見せられる人気のカラー。優しい雰囲気で女性や子供部屋にもぴったり!こちらは引き出しなしタイプですが、専用の引き出しを追加購入できるのが嬉しいポイントです。

BED STYLEは、この他にも床下に収納スペースがあるベッドを
豊富に取り扱っています!気になる方は、ぜひこちらでチェック↓

床下に収納がついている収納付きベッドもおすすめです!
ぜひこちらもチェックしてみてください↓

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

たもつの最近記事

  1. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  2. 【押し入れ・クローゼット】実例から学ぶ布団収納の基本&湿気対策

  3. 【実例から学ぶ】押し入れ収納のコツとおすすめ収納アイテム☆

  4. 【へたりにくいベッドマットレスおすすめ】選び方と寿命の目安は?

  5. 睡眠の質も高まる「羊毛布団」!その特徴とお手入れ方法とは

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP