寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 3191 view

【カーテン付きロフトベッド】その魅力とおすすめ商品ご紹介します!

ロフトベッドは、ベッド下に収納スペースがとれることで、ワンルームや子供部屋といった狭い部屋を効率的に使えるベッドとして人気です。ですが、「収納スペースを隠したい」などの悩みを抱えたことはありませんか?

そんなときは、カーテンが付いている「カーテン付きロフトベッド」が特におすすめです。カーテンで収納スペースを隠すだけでお部屋がスッキリ見えますよ。

今回はおすすめのカーテン付きベッドや魅力を紹介していきます。今後ロフト付きベッドを購入しようと考えている方にはぜひ読んでもらいたい記事です。

ロフトベッドの特徴

ロフトベッドはベッドが高いところにあり、その下の部分を収納や、勉強スペース、ソファを置くなどして、狭い空間を効率的に使えるといった特徴があります。

メリット

部屋の使えるスペースが増える

ベッドを置いていたスペースを趣味のスペース、ワークスペース、リラックススペースなど自由自在に活用できます。少し閉鎖的なためプライベート感はばっちり。作業スペースとして使うと集中力アップ、リラックススペースとして使うとよりくつろぐこができます!

大きい家具を置ける

ロフトベッドにすることで使える空間が広がり、必然的に家具を置くスペースが増えます。今まで置くのを諦めていた家具がある方にはおすすめです。もちろん収納家具も置けて、クローゼット並みの収納が叶います

デメリット

夏は暑い

熱は高いところにいくため、ベッドが高い位置にあるロフトベッドは、夏場暑くて寝苦しいかもしれません。エアコンや扇風機を使用するなど工夫したら問題なく使えますよ。

身長の高い方はつらくなりがち

ベッドが高い位置になるため、天井までの高さを計算しないと身長が高い人は少し大変になってしまいます。ロフトベットにはロータイプや高さ調整できるタイプもあるので、そちらもおすすめです。

なぜカーテン付きがおすすめなのか?

ロフトベッドはベッドを高くすることで、その下のスペースを収納や家具を置くのに使用できます。

しかし、ワンルームに住んでいる方などの中には収納スペースを隠したいと思っている方もたくさんいることでしょう。

そこで、収納スペースにカーテンが最初から付いているタイプがおすすめです。隠す以外にも、子供の勉強部屋にもなり、秘密基地のような空間になるため子供からも人気があります。

おすすめ商品

3タイプの高さと収納力 宮付きパイプロフトベッド ミドルタイプ

こちらはシンプルなカーテン付きロフトベッドです。すっきりとしたパイプ製なので、圧迫感を抑えながらスペースを節約することができます。用途や部屋の広さに合わせてハイ、ミドル、ローから高さをお選びいただけます。

ヘッドボードには便利なコンセント付き宮棚が。悩みがちなロフトベッド上への配線も解決できます。極太パイプとX型の補強ワイヤーで、ロフトベッド特有の揺れや軋みを最小限に抑えます。

安心できるカーテン付きロフトベッドで賢くキレイに省スペースしませんか?

2段階の高さ調節機能付き ハンガーラック付きロフトパイプベッド

こちらのカーテンパイプが付いたロフトベッドには、お好きなカーテンを吊るすことができます。お部屋のカーテンと揃えるも良し、布団カバーと揃えるも良し。自分らしいコーディネートを思う存分お楽しみください。

本製品は一台でミドル、ハイの2段階の高さ調節が可能。「ロータイプだと収納スペースが足りなかった…」「ハイタイプを置いてみたけど高すぎた…」という問題を一気に解決してくれます。

まとめ

本記事では、カーテン付きロフトベッドがおすすめな理由、おすすめロフトベッドを紹介しました。ロフトベッドを購入する際は、ぜひカーテン付きも視野に入れて選んでみてくださいね。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【シングルベッド2つ】具体的なサイズ&置ける部屋の大きさは?

  2. シングルとセミダブルを比較!あなたに合うベッドサイズはどっち?

  3. 【ベッドの秋・冬じたく】寒〜い季節が来る前に!ぬくぬく寝具の選び方

  4. ツインベッドとは?ダブルサイズベッドとの違いやメリットを解説!

  5. 年中使いたい♡魅惑のキルトケット3選とおすすめ理由をご紹介!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP