寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. たもつ
  2. 41514 view

冬はベッドが寒い!電気毛布以外の安全かつ確実な対策&人気商品

寒~い冬。寝る時にベッドの中が寒くてなかなか寝付けない方も多いでしょう。布団を暖める方法としてよく使われているのが電気毛布ですが、このほかに方法はないのでしょうか?

本記事では、寒い冬におすすめの商品と、安全かつ確実に布団を暖められる方法についてまとめてみました。冷え性の方は必見です!

寒い時期におすすめ!人気商品5選

まずはBED STYLEで人気の、暖かく眠りにつける寝具をご紹介します。

※サイズや重量はおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名サイズ・おすすめポイント
20色から選べる マイクロファイバー
パッド一体型ボックスシーツ
✔サイズ:幅全7タイプ×長さ200+25cm(厚みマチ)
✔おすすめポイント:
マットレスにかぶせるだけでふっくらとした寝心地
羽毛のような暖かさ 高機能シンサレート入り
布団8点セット (ベッドタイプ)
✔サイズ:シングル~キング
✔おすすめポイント:
羽毛の2倍の保温力をもつシンサレート高機能中わた素材
20色から選べる マイクロファイバー
カバーリング掛け布団カバー
✔サイズ:幅全5タイプ×長さ210cm
✔おすすめポイント:
なめらかな肌触りのマイクロファイバー素材を使用
軽くて柔らかい滑らかな肌触り
高密度フランネル毛布
✔サイズ:幅140/160/180×長さ200cm
✔おすすめポイント:
軽くて柔らかい保温効果抜群の高密度フランネル毛布
魅せるブラック プレミアムマイクロファイバー
毛布・敷きパッド 敷きパッド
✔サイズ:幅160/180×長さ210cm
✔おすすめポイント:
体全体をしっかり受け止め包み込んでくれるボリューム感

20色から選べる マイクロファイバーパッド一体型ボックスシーツ 通常タイプ

底冷えを防止するパッド一体型のボックスシーツです。

きめ細かな超極細繊維がみっちり詰まったマイクロファイバーを使用していますので、繊維の隙間にたっぷりと暖かな空気を含み、ぽかぽかとした暖かさに包まれてお休みいただけます。カラーは全20色展開です。

💭「マイクロファイバーパッド一体型ボックスシーツ」の口コミ

ふかふかしていてとても寝心地が良いです。
ベッドに入った瞬間が幸せです!

一体型なのでズレずに便利です。
肌触りも柔らかく暖かいので、夏はこの上にクールパッドを敷いて使いました。

羽毛のような暖かさ 高機能シンサレート入り布団8点セット (ベッドタイプ)

羽毛の約2倍の保温力があるシンサレート入り布団8点セットです。複雑に絡み合った繊維の間に大量の空気を閉じ込めるので、暖かいうえに軽いという特徴があります。

掛布団と肌掛布団はワンタッチ式ホックで留め外しができるので、1年を通してお使いいただけます。

💭 「高機能シンサレート入り布団8点セット」の口コミ

いつもふかふかで、気持ちいい。
カバーは、さらさらで夏も心地よいです。

暖かく、軽くて満足してます。

20色から選べる マイクロファイバーカバーリング掛け布団カバー

布団と掛布団がズレて寒さを感じていた、という方におすすめ!ずっと触れていたくなる滑らかな肌触りのマイクロファイバー掛け布団カバーのご紹介です。

こちらのカバーを使用すれば、毛布を使用しなくても、布団を毛布でふんわり覆うようなイメージで朝まで暖かくお休みいただけます。

💭 「マイクロファイバーカバーリング掛け布団カバー」の口コミ

他店で購入した似たような商品から買い替えでしたが、全然違います。生地が厚めでふっくらして、肌触りも抜群です。前のはベッドからよく滑り落ちましたが、こちらのに変えてからは朝まで滑ることありません。

とても暖かいです。
ありがとうございました。

軽くて柔らかい滑らかな肌触り 高密度フランネル毛布

ふんわりと軽くて滑らかな肌触りの毛布のご紹介です。フランネルという程よい毛足の長さと密度のある素材で、掛布団の上に掛けるだけで寒い冬をぽかぽかとお過ごしいただけます。

サイズはシングル・セミダブル・ダブルの3種類、カラーはブラウン・ネイビー・イエローの3色展開です。

魅せるブラック プレミアムマイクロファイバー毛布・敷きパッド 敷きパッド

プレミアムマイクロファイバーを贅沢に使用した敷パッドのご紹介です。布団に入った瞬間にひんやり感を感じさせず、暖かさに包まれてお休みいただけます。

自宅で手洗いができるので、お手入れも簡単!四隅にゴムバンドが付いた使用ですので、ずれることなくマットレスにフィットします。

ベッドを暖める4つの方法

寒い冬、シーツが冷えていて、布団に入った瞬間に思わず「寒い!」と声をあげてしまう方も多いのではないでしょうか?電気毛布以外でベッドを暖めるには、次の4つの方法があります。

湯たんぽ

昔からある湯たんぽは、布団の中を暖めてくれる強い味方です。電気や火を使わないため、火事の心配をせずに安心して眠ることができるのが魅力ですね。

また、ストーブやエアコンのように空気を乾燥させることもないため、お肌の乾燥や風邪予防としてもおすすめです。

湯たんぽを新たに購入しなくても、耐熱ペットボトルを使えば即席の湯たんぽが完成します。身近にあるもので簡単に湯たんぽが作れるため、いつでも手軽に実践できますよ。

ただし、就寝時は湯たんぽを使わなでください。長時間肌に当てていると低温やけどを起こすおそれがあります。布団に入る前に湯たんぽを入れて暖め、寝るときに取り出しましょう。

布団乾燥機

布団を暖めるのに乾燥機?と驚くかもしれませんが、布団乾燥機は乾燥させるだけではないのです。

寝る20~30分前に布団乾燥機を使い、布団やベッドの湿気を取り除くだけで寝る頃にはホカホカの布団で心地よく眠れます。「カビ・ダニ予防」だけでなく「暖かさ」が得られる、まさに一石二鳥の優秀アイテムです!

布団乾燥機も、最近では暖め機能がついているものが販売されています。布団乾燥機を使うだけで布団全体が暖まるので寒くて寝つきが悪い方におすすめです。

布団の順番を変える

布団の寒さ対策は、現在使っている布団の敷き方を変えるだけでも効果があります。新しいアイテムを用意する必要がない、一番手っ取り早い方法です。

毛布の上に掛布団。この方法で布団を敷いている方も多いでしょう。しかし、保温性を考えるのであれば、実はこの順番は間違いなのです。「掛布団の上に毛布」と順番を変えてみましょう。これだけで、驚くほど暖かさが変わるはずです。

また、布団に入った瞬間の冷たさが気になる場合は、敷布団の上に毛布を敷くのもおすすめですよ。敷き方の順番を考え、どの方法が1番快適に眠ることができるのか確認してみると良いですね。

ドライヤー

布団乾燥機も湯たんぽもないけれど、なんとかして布団を暖かくしたい!そんな方におすすめなのがドライヤーです。布団乾燥機と同じ原理でドライヤーの熱を使って、布団を暖めます。

マットレスと掛布団の間にドライヤーを3分ほどあてるだけで、暖かく快適です。

【まとめ】工夫して寒い冬を乗り切ろう!

簡単に布団を暖める方法をご紹介いたしました。電気毛布や湯たんぽなどを使う際は、くれぐれも低温やけどにはご注意くださいね。

筆者としては、少しお高くつきますが「布団乾燥機」が最もおすすめです。布団のカビ・ダニ問題はぜひ対策したい事案ですから。

これらの対策を暖かい寝具と併用すれば、冬の寒さに負けない最強の寝床を作ることができます!BED STYLEではマイクロファイバーの毛布や羽毛布団など、素材にこだわった商品を多数そろえております。ぜひ寒い時期の味方に暖かい寝具を迎え入れてくださいね!

BED STYLEでは暖かく眠りにつける寝具を多数ご用意
ぜひチェックしてください!

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

たもつの最近記事

  1. 【押し入れ収納に役立つグッズ】布団収納の基本&湿気対策

  2. 「おねしょ」の対策とお手入れ方法は?便利なアイテムも紹介

  3. 知ってた?ベッドルームのカビは「生える前に予防」が鉄則!

  4. 【マットレスの掃除機がけ】ポイント&清潔に保つアイテムを紹介

  5. 【心地よいシーツの選び方】シーツって色々な種類があるんです!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP