寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 74271 view

シングル&セミダブルを並べて広々快適!おすすめ連結商品6選

最近仲良しファミリーやカップルの間で話題なのがベッドの「2台使い」です。シングル2台など同サイズ、あるいは異なるサイズ同士を並べることでアレンジも自由自在♪中でも特におすすめしたいのがシングル&セミダブルの組み合わせ。

こちらではその理由を解説するとともに、最初におすすめのベッドフレームやアイテムもご紹介いたします。ベッド購入の際の参考にしてくださいね。

おすすめのシングル&セミダブル2台セット4選

こちらではあなたの眠りをサポートするためのおすすめ商品を厳選しました。ぜひベッド選びの参考にご覧ください。

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名 サイズ・おすすめポイント
家族で川の字スタイル 連結ローベッド✔サイズ:幅6タイプ×長さ212×高さ43cm
✔おすすめポイント:
高さが低いので、子どもが落ちて怪我をする心配がありません
最大幅280cm 暮らしにあわせて
選べる モダンフロアベッド
✔サイズ:幅全7サイズ×長さ215×高さ45cm
✔おすすめポイント:
好きなサイズのベッドを連結できる
家族が集まる場所 親子で寝られる
収納棚・照明付連結ベッド 
✔サイズ:幅5タイプ×長さ216×高さ52cm
✔おすすめポイント:
ヘッドボードにはライト・コンセント付きの棚があって便利
寝台職人 広々ゆっくりぐっすり
川の字ひのきい草張りベッド 
✔サイズ:幅206/246×長さ201×高さ44cm
✔おすすめポイント:
無塗装の国産ひのきを贅沢に使用し、爽やかなひのきの香りがする

家族で川の字スタイル 連結ローベッド (連結タイプ)

幅200cmから280cmまで、3サイズのベッドをお好みで組み合わせてつくる大人気の連結ベッド。

連結ベッドとなると、どうしても気になるのがベッドとベッドの間のズレ。こちらの連結ベッドはフラットフレームタイプなので、ベッド同士をぴったりと付けることができます。

💭「連結ローベッド」の口コミ

ダブルベッドでぎゅうぎゅうに親子3人で寝ていたものの、第二子が生まれるにあたって、落下防止と広々寝たいと思いセミダブル×セミダブルを新調しました。壁〜壁にほぼぴったりなので、子どもたちの落下も心配なく、大人ものびのび眠れて満足です。

赤ちゃんを安心して寝かせられる高さです。

最大幅280cm 暮らしにあわせて選べる モダンフロアベッド (連結タイプ)

無駄のないすっきりとしたホテルライクなデザインが美しい木目調ベッドです。シングルとセミダブルの広々空間で、あなたを極上の眠りに導きます。

生活スタイルの変化に合わせて、分割して2台のベッドとして利用することも可能。ヘッドボードには、コンセントの付いた棚を設けておりますので、スマホの充電にも便利ですね。

💭「モダンフロアベッド」の口コミ

2歳の子どもと3人で寝ています。高さが低いので落ちても怪我をする可能性が低く(念のためベッドの周りにはクッションマットを敷いていますが)、寝返りもゴロゴロできるので快適です。

家族が集まる場所 親子で寝られる収納棚・照明付連結ベッド (連結タイプ)

フレームの幅を210cmから最大290cmまで6タイプからお選びいただける連結ベッド。衝突や転落でのケガを防ぐため、フレーム(ヘッドボードを除く)は革張りに。

高さを抑えたロータイプなので小さなお子さまやペットのいるご家庭でも安心してお使いいただけます。

寝台職人 広々ゆっくりぐっすり 川の字ひのきい草張りベッド (連結タイプ)

無塗装の国産ひのきを贅沢に使用した連結タイプのベッド。床板はい草の香りがリラックスできる寝室を作り出すい草張りタイプとなっており、敷布団派の方にもおすすめです。

低ホルムアルデヒド仕様なので、お子様との使用も安心ですよ。

連結ベッドにぴったりなアイテム

続きまして、連結ベッドと一緒に使いたいおすすめのアイテムをご紹介します。

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名サイズ・おすすめポイント
2台を包むファミリーサイズ 年中快適100%
コットンタオル 敷きパッド一体型ボックスシーツ
✔サイズ:幅全5サイズ×長さ200+厚みマチ25cm
✔おすすめポイント:
夏はサラッと冬はあたたかくオールシーズン使用できる
ズレにくく寝返りしても安心
すきまパッド付マットレスバンド
✔サイズ:
[すき間パッド]幅20×長さ200×厚さ8cm
[バンド]幅5×長さ1000cm
✔おすすめポイント:
すき間パッドとマットレスバンドで2台をしっかり固定

2台を包むファミリーサイズ 年中快適100%コットンタオル 敷きパッド一体型ボックスシーツ

寝返りをうった時に手足が引っかかったり、ベッドやマットレスの間に物が落ちたり、ホコリが溜まったり。ベッドを連結させた時、マットレス間のスキマはどうしても気になるもの。

こちらの敷きパッド一体型のボックスシーツなら、2台のマットレスをしっかりとカバーし、スキマを埋めてズレを防ぎます。

💭「敷きパッド一体型ボックスシーツ」の口コミ

このカバーのお陰で、親子3人仲良く、快適に、眠れるようになりました!

肌触りがよく大変気にいってます。おすすめです。

ズレにくく寝返りしても安心 すきまパッド付マットレスバンド

連結ベッドをお使いの方によくあるのが、マットレスを2台並べた時のスキマが気になるというお悩み。こちらのスキマパッドはマットレスとマットレスの間に埋めるT字タイプのパッド。

連結ベッドの真ん中に寝る時も、スキマを気にせずお休みいただけます。

シングル&セミダブルを並べると?

最も一般的なサイズである「シングルベッド」と、それより少し大きい「セミダブルベッド」。この二つを並べた時のサイズやメリット、設置する時の注意点から見ていきましょう。

サイズ

シングルベッドのサイズは、横幅約100cm×長さ約195cm。そして、セミダブルベッドのサイズは、横幅約120cm×長さ約195cm。シングルベッドとセミダブルベッドを並べると幅約220cmとなり、キングサイズよりも横幅が40cmも広いです。

2人で余裕を持って眠れるだけでなく、家族が増えてもそのまま使い続けられます。

他の組み合わせのサイズは?

それでは、他のサイズの組み合わせはどれぐらいの大きさになるでしょうか。長さはシングル&セミダブルと変わらず長さ約195cmですが、幅は下記の通りとなります。

・シングル2台:幅約200cm
・セミダブル2台:幅約240cm
・セミダブル&ダブル:幅約260
・ダブル2台幅約280

使う人数に加え、お部屋の広さとも相談しなくてはなりませんね。

メリット

続いて、シングルベッドとセミダブルベッドを2台並べることで考えられるメリットについて解説いたします。

付かず離れずのちょうどよい距離感

シングルベッドとセミダブルベッドを並べることで、お互いのスペースを確保しながら、程よくぬくもりを感じながら眠ることができます。

窮屈さはないのに、お互いの存在を感じられる最適な組み合わせです。

広いベッドでゆったり眠れる

ベッドの最低サイズの目安は、肩幅+40cm(左右各20cm)。成人の肩幅は40~45cmが平均と言われているので、キングサイズやシングル2台でも狭すぎるということはありません。ただし、体格の良い方や寝返りの多い方の場合、ベッド幅は「肩幅+70cm」あった方がより快適に眠れます。

使う人の体格によって、ゆったりと眠るためには、シングル&セミダブルが向いているのです。

好みのマットレスで眠れて振動も伝わりにくい

マットレスが分かれていることで相手に振動が伝わりにくく、寝返りの多い人でも安心です。さらに、好みや体格などによってその人に適した固さや寝心地は違うもの。

その点、各自の好きなマットレスを選ぶことも可能なのでありがたいですね。

将来分割して使用することができる

今は並べて使用していても、お子さまの独立や寝室を別にするなどの理由でベッドを分割したい場合も出てくるかもしれません。

そんな時でも買い替え、買い足しの必要がないので便利ですね。

搬入や移動が簡単でお手入れもラク

大きな1枚もののマットレスだとかさが高く、重いので搬入も移動もたいへん!その点、2枚のマットレスをそれぞれ別に運べるので楽ちんです♪

また、ベッド2台だと1台ずつ動かすことができるのでベッドメイキングやお手入れ、お掃除もしやすいですよ。

設置するときの注意点

シングル&セミダブルを並べるとさまざまなメリットがあることがわかりました。しかし、設置する際には以下の3点に気をつけましょう。

2台分のベッドを置くスペースが必要

お部屋の広さが6畳ほどの場合は、家具のレイアウトに注意が必要です。

引き出しやドアの開閉に問題がないか購入前に確認してください。

ベッドフレームやマットレスの高さは同じか

並べて使用するには当然すべての高さが同じでないといけませんよね。

ベッドフレームは同じシリーズのものをお選びになるのはもちろん、マットレスの高さも同じものをチョイスしてください。

マットレスの継ぎ目対策が必要

マットレスを並べた時の継ぎ目が気になるという人は、専用の「すき間パッド」を使用することで解決できます。

もっと手軽に継ぎ目対策をしたい人には、パッド一体型ボックスシーツがおすすめです。

シングル&セミダブルを並べるのに最適なベッドは?

最適なベッドには次の2種類があります。

サイドフレームがフラットなタイプのベッド

ベッドのサイドフレームがフラットなタイプのベッドは、2台のベッドを並べた時にもマットレスをぴったりとすき間なく設置することができます。

ご購入時には並べて使用できるかを必ずご確認ください。

連結タイプのベッド

ベッド同士が動くことでずれてしまうのを防ぐために、2つのベッドを連結金具で留めることができるベッドです。

初めから並べることを前提に作られているので安心ですね。小さなお子さまと一緒におやすみになられるご家庭に特におすすめします。

シングル&セミダブルを並べるのが向いている人

最後に、シングル&セミダブルを並べて使用するのに向いている人についてまとめました。

気兼ねせずに眠りたい人

シングル&セミダブルを並べることで、お互いの睡眠スペースを確保できるベッドなら、相手に気を遣いすぎることがありません。

2人で眠りたいけれど就寝や起床時間が違う、寝相が悪い、振動や人の気配に敏感ですぐ目が覚めてしまうという人にもおすすめです。

自分好みのマットレスで眠りたい人

好みの寝心地は人それぞれ。2人で眠りたいけれど自分好みのマットレスでないと安眠できないという人は、シングル&セミダブルを並べて使うのがぴったりです。

生活スタイルの変化に対応させたい人

今は親子一緒に眠りたいけれどお子さまのひとり寝デビューなど、将来何らかの事情でベッドを1台ずつ分割して使用する可能性が高い。そんな方は、ベッドの2台使いがおすすめです。

特にセミダブルは1人用として最も大きいサイズなので、体格が良いお子さんでも長く使っていただけます。

まとめ【 シングル&セミダブルの連結ベッドで快適に眠ろう】

シングル&セミダブルを並べる使い方にはメリットも多く、カップルや夫婦、家族でゆったり眠るのにぴったりの組み合わせです。BED STYLEおすすめの商品も参考にしながら、ぜひあなたのお家でも取り入れてみませんか?

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 値段が高い敷布団を買う?安いもの?素材ごとの値段相場に注目

  2. 2人で寝るベッドは1台?2台?2人用のベッドの選び方をご紹介!

  3. <おすすめロフトベッド>ロフトベッドの特徴と失敗しない選び方

  4. ウレタンマットレスのメリット・デメリットを解説&おすすめ紹介

  5. 寝心地が変わる!マットレスの厚さとベッドとの関係性を徹底解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP