寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 93 view

ダブルサイズのマットレスは価格と寝心地のバランスで選ぼう!

ダブルサイズのマットレスで2人で仲良く寝たい、そんな方も多いでしょう。ただ、気になるのが価格。シングルサイズのマットレスよりも大きくなるので、価格も高くなりそうですが、どうでしょうか。今回はダブルサイズマットレスの価格を決める要素を見てみます。併せて、おすすめダブルサイズマットレスもご紹介するので、お財布と相談しながら、ちょうどいい価格のものを選んでみてくださいね。

ダブルサイズのマットレスの価格を決めるもの

ダブルサイズのマットレスの価格がどのように決まるのか見てみましょう。

種類

同じダブルサイズマットレスでも、種類によって価格が違ってきます。まずボンネルコイルマットレスは、スプリングがマットレス全体に広がったようになっていて、作りがシンプルなことから、価格が安い傾向にあります。

ポケットコイルマットレスは一つ一つのスプリングが不織布で包まれていて、その他の部材も多く、ボンネルコイルよりは複雑な構造。そのため、少々価格が高めになります。

高反発ウレタンマットレスは調達がしやすく、比較的安価です。

構造

同じ種類のダブルサイズマットレスでも、構造が少しずつ違います。その構造が微妙に寝心地に影響

ボンネルコイルマットレスではスプリングの種類の違い、ポケットコイルマットレスではスプリングの種類と数、配列の違い、高反発ウレタンマットレスでは密度、厚さ、素材の違いがあります。これらの特徴が異なることによって、価格も変わってきます。

スプリングの上の詰め物

ポケットコイルマットレスの場合、上に詰め物が入っていますが、その種類や量によって価格が変わります。

詰め物が少ないと、価格は安くなりますが、その分寝心地に変化も。低品質・低密度な詰め物だと、耐久性が悪くなります。高級ダブルサイズマットレスとなると、素材として羊毛わたが使われていますが、こちらの価格は高めです。

価格が高いダブルサイズマットレスの特徴は?

価格が高いダブルサイズマットレスのほうが品質がいいように思えますが、実際のところはどうでしょうか。検証してみましょう。

価格が高くても自分に合うとは限らない

価格が高いダブルサイズマットレスは確かに品質のいいものが多いですが、寝心地に関しては個人個人の好みがあります。そのため、価格だけでは判断できません。

硬さについても、かためがいい、ふつうが好き、やわらかめが好みというように、皆考えが違いますから、価格が高い=寝心地がいいと決めつけることはできません。

しかし、全体的にみると、価格が高いダブルサイズマットレスのほうが寝心地がいいことは確かです。価格が安いものにありがちな底付き感や沈み込みすぎもなく、程よい反発力と弾力があり、気持ちよく寝られることが多いです。

耐久性がいい

価格が高いダブルサイズマットレスの耐久性はよく、長い間反発力を維持するので、長持ちします。中には10年以上使えるという商品もあり、購入後は当面買い替えの必要がありません。

その結果、持ちの悪い価格が安いダブルサイズマットレスを何度か買い替えるよりもコストが安くなる場合もありますね。

通気性のいいものが多い

価格が高いダブルサイズマットレスには通気性のいいものが多く、蒸れにくくなっています。通気孔が設けられている商品もあり、空気が流れやすくなっていて、カビも発生しにくいです。

そういう意味では、爽やかな気分で寝られますね。お二人で寝ていても、気分爽快でしょう。

ダブルサイズマットレスに併せて購入する商品の価格

ダブルサイズマットレスを買ったら、それに合わせて必要になるものがあります。その価格についても考えてみましょう。

シーツやパッド

ダブルサイズマットレスにはダブルサイズシーツやパッドも必要です。これらの寝具はダブルサイズマットレスを守るとともに、寝心地改善でも重要な役割を果たします。

では、どのくらいの価格を目安にすればいいかというと、マットレスの購入価格の15%くらいはかけたいところ。そんなにと思われる人もいるでしょうが、肌に直接触れる寝具にもなるので、あまり安価なものは避けた方が良いでしょう。

ベッドフレーム

ダブルサイズマットレスを床に直置きする場合は別ですが、そうでなければダブルサイズのベッドフレームに敷くことになります。すでにダブルサイズベッドをお持ちの方はともかく、ない場合は購入する必要が出てきます。

その際は、ダブルサイズマットレスとの相性が大事で、デザイン、価格、寝心地がぴったり合うものを選びたいところ。価格についてはピンからキリまでありますが、あまり安くてきしみやすいものでなければ、気分よく寝られます。

ベッドと別々に購入するかセット購入にするか?

ダブルサイズのマットレスをダブルサイズのベッドと別々に購入するかセット購入するかは迷いどころ。それぞれのよさをチェックしておくと、別々購入なら、こだわりのマットレスが選べます。

ただし、セット割引がないので、価格は高くなりがち。セット購入の場合は、組み合わせがいいので、購入の間違いが少ないですよ。割引価格も適用されます。

おすすめの商品

ここからは、いろいろな価格帯のダブルサイズマットレスをBED STYLEの商品ラインナップからお選びいたします。その中から、ご自分の予算の都合に合うものをお選びください。

ホテルの様な快適さ 通気性抜群 高密度ボンネルコイルマットレス (ダブル)

ホテルマットレスのような快適な寝心地になったダブルサイズボンネルコイルマットレスです。コイルの硬さ、径、巻き数にこだわり、反発力、弾力、強度ともに優れています。身体も面でしっかり支えるので、安定した気分で寝られます。表面生地はニット。伸縮性がよく、通気性もよく、さらっとしてふわっとして、心地いいです。詰め物にはウレタンを使用。ウレタンは高密度でへたりにくく、丈夫で長持ちします。

ふわさらタッチ ピロートップポケットコイルマットレス(ダブル)

両面使用可能なダブルサイズポケットコイルマットレスです。表面はふわりとしたニット生地。裏面はさらりとしたプリント生地。季節やその時の気分で使い分けることができます。ポケットコイルマットレスなので、一つ一つのコイルがしなやかに身体にフィット。理想のS字姿勢も保ちやすいほか、体圧も分散してくれますから、体の部位への負担も軽減されます。サイド部は全面3Dメッシュ。最大限の通気性を確保し、蒸れません。

絶妙な硬さ 国産ポケットコイルマットレス ハード (ダブル)

上記のダブルサイズポケットコイルマットレスよりも少し違ったタイプをご紹介しましょう。まず国内自社一貫生産となっています。コイルから生地、ラベルに至るまで自社での製造をしています。最新式コイルマシーンも導入しているので、コイルの品質も非常によく、理想的な弾力になっていますね。極上の寝心地が得られます。コイルはノンヒートのポケットコイル。身体のラインに合わせて滑らかに沈み込み、点で支え、体圧分散をします。無理のない自然な姿勢も維持しやすいです。

安心の耐久性 ホテル品質 ポケットコイルマットレスハイグレードタイプ (ダブル)

こちらは高品質のダブルサイズポケットコイルハイグレードマットレス。通常タイプよりもポケットコイルの数が約1.2倍多く、理想的な寝姿勢を維持しやすくなっています。また、線型が太いので、耐久性も抜群です。重さによって沈み込みも変化。そのため、体圧分散性に優れ、体が楽です。厚さは28cmで7層構造。詰め物もたっぷり使用し、快適な寝心地をもたらします。ポケットコイルマットレスなので、隣で寝ている人の振動も伝わりにくく、ギシギシ音も気になりません。

両面ふっくら フランスベッド社製 ゼルトスプリングマットレス (ダブル)

最後にフランスベッド社製ダブルサイズゼルトスプリングマットレスをご紹介しましょう。このスプリングには優れた特徴があって、寝返りがしやすく、しなやかな弾力があり、耐久性もアップしています。落ち込みも防げるので、腰が沈み込まず、キレイな寝姿勢をキープできます。体の圧力は面で支えるので、へたりは少ないです。通気性もよく、湿気をためこまず、乾燥しやすいですから、爽やかな気分で寝られますね♪さらに抗菌・防臭加工になっていますから衛生的です。

まとめ

ダブルサイズマットレスの価格は選ぶうえでの一つのポイント。価格によって、快適さも耐久性も変わってくるからです。そこで、その価格についていくつかの検証をしてみました。どの価格のダブルサイズマットレスを選ぶかは大いに迷うところでしょうが、いろいろな面を考慮しながら、快適に寝られるものを選ぶようにしましょう。


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】敷布団おすすめアイテム10選&選び方のコツ

  2. 狭いお部屋の方必見!ベッドを置く時のコツ&おすすめ商品18選

  3. 憧れの天蓋ベッド♡コーディネート実例&相性抜群なベッドをご紹介!

  4. 大人向けロフトベッドの選び方&おすすめ商品7選【寝室実例あり】

  5. 肩こりの原因はストレートネック?予防法と補正枕おすすめ5選!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP