寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. たもつ
  2. 1975 view

通気性の良いマットレスでさわやかに寝よう!おすすめのマットレスも

蒸れて寝苦しいベッドマットレスは嫌。そんな方も多いのではないでしょうか。そこで選びたいのが通気性の良いマットレス。空気の通り道があり、じわっとせず快適です。今回はそんなベッドマットレスの特集。併せて、おすすめマットレスもご紹介しますから、いいものを選んで、さわやかな就寝環境を整えましょう。

通気性の良いベッドマットレスの種類

どんなベッドマットレスが通気性が良いのか、チェックしてみましょう。

ファイバーマットレス

ファイバーマットレスは中材に空洞部分が多く、通気性では最も優れています。

蒸れるということがなく、とても快適です。蒸し暑い夏に使用するマットレスにぴったりです。

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルは全体にスプリングが絡み合ったマットレスで、スプリング部分には空洞があります。そのため、空気の通り道ができるので、とても通気性が良いです。

ただ、表面の詰め物によっては蒸れ感が出ることもあるので、気を付けて選ぶ必要があります。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルは一つ一つのスプリングが独立したタイプのマットレスで、ボンネルコイルほどではありませんが、まずまずの通気性です。また、メーカーによっては、通気孔を設けたタイプを販売していることもあって、それによって通気性を確保しています。

高密度連続スプリングマットレス

高密度連続スプリングマットレスは、入眠時にかく汗、起床時の湿気を残さず、蒸れずにとてもさわやかです。これで入眠もしやすくなるほか、睡眠中も快適な状態を維持できます。

通気性の良いベッドマットレスのメリット

通気性の良いベッドマットレスのメリットを考えてみましょう。

カビやダニが発生しにくい

ベッドマットレスにカビやダニが発生すると、気持ちの悪いものです。落ち着いて寝られなくなります。

カビやダニは湿気の多いところに発生しやすいので、通気性が良いベッドマットレスには繁殖がしにくくなっています。

カビやダニが発生してからできる対処法もなくはないのですが、場合によったら買い替えなくてはならないケースもありますから、通気性の良いベッドマットレスで対策をしておきたいところです。

肌触りがいい

汗や湿気がまとわりついて蒸れたマットレスは不快です。これでは気分よく寝られません。その点、通気性が良いベッドマットレスなら、空気がうまく流れて、蒸れませんから、肌触りがとても心地いいです。

さわやかな寝心地が得られます。エアコンが苦手な人でも、通気性の良いベッドマットレスを使用していれば、ぐっすり寝られるでしょう。

清潔に使える

ベッドマットレスはできるだけ長く清潔に使いたいものですが、通気性の良いマットレスならそのような状態を維持しやすいです。

カビやダニが発生しないこともある上に、汗や皮脂なども早く乾きます。中でも洗える通気性の良いベッドマットレスなら、さらに清潔です。

通気性の良いベッドマットレス使用時の注意点

さわやかな寝心地が得られる通気性の良いベッドマットレスですが、使用に当たっていくつかの注意点があります。どんな注意点かチェックしてみましょう。

ファイバーマットレスの場合

ファイバーマットレスは空洞部分が多いので、通気性が良いのですが、その構造から寝汗やおねしょもそのまま通過してしまいます。

寝汗くらいならまだ何とかなりますが、おねしょの場合は畳や床にしみこんでしまいます。したがって、小さなお子さんをファイバーマットレスで寝かせる場合は、下に除湿シートを敷くなどの対策が必要です。

それから、通気性が良すぎて、冬寒いことがありますから、敷きパッドなどで寒さ対策をしてください。

ボンネルコイルマットレスの場合

ボンネルコイルマットレスの場合、通気性はいいですが、寝心地は硬めです。通気性だけに注目して選んでしまうと、寝心地が満足できないことがあります。

また、詰め物が綿だと、ダニが棲みつく可能性もあります。

ポケットコイルマットレスの場合

ポケットコイルマットレスは体にフィットしやすく、通気性もまずまずですが、価格が高めです。中には10万円以上という品もありますから、よく考えて購入しましょう。

また、ボンネルコイル同様、ダニが棲みつく場合があります。

高密度連続スプリングマットレスの場合

高密度連続スプリングマットレスは、スプリングマットレスの中では一番通気性が良いのですが、重いものが多いです。

そのため、持ち運びがしにくくなっています。

まとめ

汗や湿気による蒸れはベッドマットレスを不快にし、不衛生な状態にします。そこで使用したいのが通気性の良い商品。ぜひ買ってみようと思っている人もいらっしゃるでしょうから、詳しく解説をしました。皆さんに高品質な通気性の良いベッドマットレスが見つかりますように願っています。


おすすめの商品

最後に、おすすめの通気性の良いベッドマットレスをBED STYLEのラインナップから選んでみます。このうちのどれかを使えば、きっと皆さんのベッド上も快適な環境になりますね♪

上げ下ろしもラクラク 2段ベッド用薄型マットレス (5cm厚タイプ)

最初に取り上げるのは、通気性の良い2段ベッド用薄型マットレスです。素材はエアーラッセル®という立体構造編物。通気性が抜群で、寝汗をかきやすいお子さんでも快適に寝られます。この素材には優れたクッション性もあり、底付き感がなく、しっかりとした寝心地になっています。寝返りも打ちやすいです。薄型であっても安心してお休みいただけますね。重さも4kgと軽いです。2段ベッドの上の段への上げ下ろしもしやすくなっています。カバーも本体も水洗い可能。清潔にお使いいただけます。

いつもずっと快適 新構造エアーマットレス (シングル)

タテ繊維編み物を採用したベッドマットレスです。夏でも冬でも快適にお使いいただけます。夏は通気性が良く、蒸れずに涼しいです。体から発する熱や汗を上手に発散してくれます。冬は起毛のシーツなどで覆えば、保温性が非常に良くなります。電気毛布も湯たんぽも使用できますから、寒い日でも大丈夫♪クッション性が高いので、底付き感はありません。気持ちよくお休みいただけます。つぶれやへたりにも強い丈夫なマットレスですが、もし部分的にへたるようなことがあれば、ドライヤーを当ててください。元に戻ります。

ショート丈対応 コンパクトマットレス高通気性薄型ボンネルコイル (シングル)

ショート丈とレギュラー丈のどちらかを選べるマットレスです。小さなベッドにはショート丈、通常のベッドにはレギュラー丈を選んでください。マットレスのタイプは高通気性薄型ボンネルコイル。ボンネルコイルはコイルの中が空洞になっているほか、通気性・速乾性の高い3次元メッシュも使用しているので、暑い夏でも寝苦しくならずさわやかです。硬さや反発力もあります。体をしっかり支えてくれますね。

やわらかいメッシュで寝心地抜群 薄型ポケットコイルマットレス (シングル)

今度は通気性の良いポケットコイルマットレスのご紹介。メッシュ構造で、空気が通りやすく、からっとしています。また、メッシュ構造は縫い目が体に当たりにくい作りでもあるので、眠りの邪魔にもなりません。寝心地はふかふかで、体に優しくフィット。心地いい睡眠が取れます♡厚さは6cmで、三つ折りも可能。丸めることもできて、持ち運びも収納も干すのも簡単です。コイルマットレスでは、珍しいタイプですね。

汗を逃す フランスベッド マルチラススーパースプリングマットレス (セミダブル)

最後に高温多湿な日本にぴったり合うベッドマットレスをご紹介しましょう。タイプは高密度連続スプリングマルチラススーパー。コイルのみの構造で、湿気がたまらず、乾燥しやすく、通気性抜群です。これで、夏のジメジメも乗り切れますね♪高密度連続スプリングには、腰が沈み込まず寝返りが打ちやすいという特徴もあります。正しい寝姿勢も維持しやすいです。また、構造も強く、へたりにくくなっています。耐久テストで何万回強打しても、凹まないという結果でした。体に触れる部分にはさらっとして保温性のいい生地を採用しています。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

たもつの最近記事

  1. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  2. 【押し入れ・クローゼット】実例から学ぶ布団収納の基本&湿気対策

  3. 【実例から学ぶ】押し入れ収納のコツとおすすめ収納アイテム☆

  4. 【へたりにくいベッドマットレスおすすめ】選び方と寿命の目安は?

  5. 睡眠の質も高まる「羊毛布団」!その特徴とお手入れ方法とは

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP