寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 989 view

北欧で暮らすhokuou_no_ieさんに学ぶ「色」を取り入れた素敵な暮らし

現在、旦那さまとお子さま二人と北欧に暮らすhokuou_no_ieさんは「色」のあるお部屋がお好きだそう。特に、はっきりとした「色」のコントラストを使ったインテリアが印象的なお住まいは、色とりどりの「色」を取り入れながらも不思議なまとまりを感じさせます。

レトロな雑貨や家具、蚤の市でヴィンテージの生地を集めるのが趣味とおっしゃるhokuou_no_ieさんのお写真は、北欧の風を感じさせてくれるだけでなく、見ているだけでうっとりするような「色」の世界に導いてくれます。

北欧の雰囲気を味わいながら

北欧では、夏は自然の中でのんびりと過ごす「サマーハウス」で過ごすのが一般的だそう。
hokuou_no_ieさんのサマーハウスの玄関前には、日本でもおなじみのタチアオイが咲いています。凛と佇むピンクの花にころんとしたつぼみが可愛らしく、ゆったりとした時間の流れを感じます。

ワクワクするような「色」をキッチンに

「自分たちのテイストに合っているか、新品商品でなくアンティークや中古品でいいものを見つけること」そんなものえらびのルールをお持ちのhokuou_no_ieさん。キッチンに並ぶワクワクするようなキッチン雑貨は、同じ趣味だという旦那さまが購入したものも多数あるそう。同じものを見て「好き!」と思えるのは、とてもすてきなことですよね。


鮮やかなブルーの壁紙のキッチンには、手書きのプレートが飾られていてとってもにぎやか。綺麗な色を背景にすることで、白地のプレートがより一層存在感を発揮しています。


棚を取り付ける予定でとりあえず箱を積み重ねている状態でもうすでにこんなにも素敵!
hokuou_no_ieさんのキッチン雑貨は色とりどりで見ていて本当に楽しい♡

「色」×白で空間に抜け感をプラス

一面グリーンの壁紙が素敵なこちらのお部屋は、 hokuou_no_ieさんがお家の中で一番好きな場所だとおっしゃるリビング。グリーンの壁紙の中で、天井や出窓、窓枠、キャンドルやプレートなどの装飾を白にすることで、抜け感が出て空間に広がりを感じます。まるで緑の森の中にいるような明るくて日差しがたっぷり入るリビングルームは、何時間でもいたくなるような「くつろぎの空間」です。


手前がこども部屋・奥がおとな部屋という「ゲストルーム」。上品な質感のカーテンがきらきらと光を纏ったさまがアンティークな雰囲気をより一層盛り上げています。ドア枠の深いグリーンの美しいしつらえもうっとりと見とれてしまいますね。

「手づくり」する時間もたのしむ

古いものが大好きで、フリマで掘り出し物を見つけて綺麗に直したり、ヴィンテージのお洋服をリメイクするのが趣味だというhokuou_no_ieさんは、ちくちく「手づくり」する時間もたのしまれています。パントリーの扉の上に飾ろうと思って、お気に入りのキャニスターのデザインを参考にクロスステッチ。そんな自由な発想をかたちにできるところが、とってもすてきです。

アンティークキャニスターをモチーフにクロスステッチで仕上げたタペストリーも壁に飾って。暮らしをたのしむhokuou_no_ieさんの豊かな発想は、是非学びたいポイントのひとつです。

ベッドルームは「ブルー」を基調に

青の壁が印象的な20㎡のベッドルームにダブルベッドを配置しているのは、サマーハウスのメインのベッドルーム。家具は木材のアンティークで統一されていて、とても落ち着きのある空間です。寝室をきれいにたもつために、起きたらすぐに窓を開けて空気の入れ替えとベッドメイキングをされているそう。そんなベッドルームは、どれも清潔感があって凛とした空気が佇んでいるようです。

サマーハウスには、さらにゲストルームが二つ。こちらはご両親が泊まられるときのゲストルーム。アンティークなベッドに素材感のあるベッドリネンがやさしくて落ち着いた印象。

サマーハウスでお子さんが使っておられるというベッドルームは、絵がたくさん。フリンジがついたメイン照明やベッドサイドのテーブルライトも繊細なアンティークで、思わずうっとりと見とれてしまいます♡

寝室インテリアにこだわるhokuou_no_ieさんに、眠りに付いていくつか質問させていただきました!

メインの寝室づくりのポイントは?

夏場は明るくなるのが早いので、厚い素材の生地で作ったカーテンをして睡眠が十分とれるようにしています。壁が青いのでベッドカバー、ピローケース、プランケットなどはクリーム色に、家具は木材のアンティークで統一しています。

起床時間と就寝時間は?

6時起床、11時前後に就寝。

寝室に観葉植物を置いていますか?

出窓の部分に、素敵な植物を見つけた時は購入して置いてます。ゴムの木のような大きい植物もいずれ寝室に欲しいなと思ってます。

パジャマ派ですか?部屋着派ですか?

部屋着。

眠る前にいつもすることはありますか?

読書。

眠れないときはどうしていますか?

読書。

よい眠りをつくる上で何か大切にしていることはありますか?

12時前にはベッドに入ります。夜更しすると逆に目が冴えて寝付きが悪くなるので。

ご協力ありがとうございました!

北欧で暮らすhokuou_no_ieさんのお家には、たくさんの色が散りばめられているのにもかかわらず、不思議とまとまりがあって居心地のよい落ち着いた空間がそこにはありました。
「自分たちのテイストに合っているか。新品商品ではなく、アンティークや中古品でいいものを見つける」そんなhokuou_no_ieさんのものえらびのルール。そして、時を越えて手に入れたものを綺麗に直したり、リメイクする心。是非学びたいと思います。
まずは自分の好きなテイストがどんなものなのか、はっきりと自分の中に持つこと。ものの新しさや古さで判断するのではなく、そんな自分のルールを基準にものえらびをすることが素敵なインテリアをつくる第一歩なのではないかと気づかされました。

hokuou_no_ieさん 、お忙しい中ご協力いただき、本当にありがとうございました!

おすすめの商品

hokuou_no_ieさんのような北欧ヴィンテージインテリアをつくるなら、こんなベッドや布団はいかがでしょうか?

温かみのある寝室 北欧ヴィンテージ 棚・コンセント付き収納ベッド

味のある木目や機能的なデザインで北欧スタイルを再現した収納付きベッド。棚と引き出し部分はホワイトとブラックから選ぶことができ、スタイリッシュなバイカラーデザインが楽しめます。お気に入りのアートやファブリックとのコーディネートでお気に入りの空間を作ってみては?

シンプルデザイン 棚・コンセント付きデザインすのこベッド

シンプルながらもどっしりとした安心感のある佇まい。デザインがシンプルなので、どんな「色」とも調和しますよ♪床下に空間があるステーションタイプは、圧迫感を抑えられるだけでなく通気性も抜群です。一年中快適に眠れるベッドをお探しでしたら、すのこベッドがおすすめです。

丸洗いできる 北欧モダンスタイル お得なぬくぬく掛敷セット

こっくりとした北欧デザインが癒しのベッドルームを作ります。プレミアムファイバーと上質なフランネルを使用した毛布掛け布団は、これ1枚で冬を乗り切れるほどぽかぽか。さらに吸湿・発熱わた入りの敷きパッドを併用すれば、この冬無敵のベッドが完成します!北欧デザインベッドにぜひ合わせていただきたい商品です。

一緒に読みたいおすすめ記事

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 簡単に真似できる!小物にこだわったお洒落な寝室インテリア実例

  2. クイーンのローベッドで寝室が劇的変化!選ぶコツ&おすすめ5選

  3. 和室を理想の癒し空間に♪おしゃれな和室インテリア10選

  4. ウォールステッカーで華やかなお部屋に変身!実例&おすすめ商品

  5. <一人暮らしのベッド>シングルとセミダブルどっちのサイズを選ぶ?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP