ベッドの処分方法

このページではベッドの処分方法について説明をさせていただきます。大きいベッドなら、大きい程その処分について頭を抱えてしまいますよね。どのような処分方法があるのでしょうか。

まずばらしてみる

ベッドを解体してみる

ベッドのフレーム部などは組み立てのものも多いでしょうから、まずばらしてみるといいでしょう。ベッドマットについては、これは切断する事も出来ないので、どうしようもありません。まず、処分をお考えでしたら各都道府県によって大型ゴミの捨て方にルールが変わってきますので、お住まいの地区の区役所に問い合わせてみるのがいいでしょう。有料の大型ゴミとして集荷日の朝までに所定の金額の大型ゴミ処分用のシールを貼っておけば、回収してくれるでしょう。

ダメならリサイクルショップ

もしも、処分するベッドが組み立てタイプでなかったりベッドマットがダブルサイズ等で、外への搬出自体も難しい場合は、ベッドが比較的新しいものでへたりやきずが少ないものならば、一度リサイクルショップに引き取ってもらえないかお電話で確認する事もお勧めします。場合によっては、買い取りということになって、いくらかのお金になるかもしれませんし、引き取りも無料で行ってくれる場合もあります。大きいのモノについては出来るだけ大型のリサイクルショップに聞いてみるといいかもしれません。小さなリサイクルショップだと、ベッド等の大型家具は扱っていない場合もあります。

それでもダメなら不要品回収業者

リサイクルショップがダメな場合は、回収業者に引き取ってもらうというのも一つの手です。これは有料になってしまいますが、時間の指定が出来る等、お忙しい方等には有料であっても引き取って処分してもらえるだけで嬉しい、という場合もあります。

友人に聞いてみる

また、引っ越しでベッドが不要になった場合等には、一度友人知人に、「要らないか?」ということを聞いてみるのも手だと思います。引っ越しの時期等は重なる事が多く、もし、シングルのベッドなどでしたら、必要としている友人知人が居るかもしれません。そうなれば、ベッドも引き取りに来てもらう事も出来、無料でお相手もベッドを手に入れられて、いい事づくしです。

引っ越し業者で、不要な家具を処分してくれる場合もあります。これに関しましては有料ですが、引っ越しでベッドが不要になった場合は、引っ越し作業で疲れている中、ベッドの処分まで別に考えなければならないという事になってしまうよりは、業者に委託してしまった方が楽でしょう。引き取り処分に関しましては、各引っ越し業者によって変わってきますので、依頼する引っ越し業者に確認するといいでしょう。

  • 商品数:0点
  • 小計:0円
カゴの中を見る
お電話でのご注文・お問い合わせ 初めてご利用の方へ
ユーチューブで動画配信中
搬入経路のご確認
ベッドの搬入にお困りのお客様へ
もっと長いベットをご希望のお客様へ
よくあるご質問
お問い合わせ
セキュリティ

ベット選びのためのヒント

  • ベッド専門通販ショップ BED STYLE
  • ソファ専門通販ショップ SOFA STYLE
  • ラグ専門通販ショップ RUG STYLE