寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 35456 view

子供用マットレスの選び方は?成長を促すための3つのポイント

子供はどこでも寝ることができるからマットレスは何でもいい、と思っている方もいるかもしれませんが、その考えは実はとても危険なのです。子供用のマットレスは、子供が健やかに成長するために欠かすことのできない重要なアイテムです。

今回は、子供の成長を促すマットレスを購入するための3つのポイントについて、ご紹介していきます。子供用のマットレス購入を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

合わないマットレスが子供に与える影響は?

子供は毎日成長しており、睡眠は子供の成長を促すために欠かすことのできない項目でもあります。そのため、寝るときに使うマットレスは子供の睡眠の質を左右する、非常に重要なアイテム。「子供だから何でもいいや」と合わないマットレスを使っていると、次のような悪影響が心配されます。

成長ホルモンの分泌が悪くなる

日々成長している子供にとって、睡眠は成長ホルモンを分泌させる重要なものです。この成長ホルモンがしっかりと分泌されることで、子供の身体や骨が作られ成長が促されていきます。しかし、マットレスが合っていないと成長ホルモンの分泌が低下し、子供でも翌朝疲れが取れないといった症状が出てきます。ほかにも、低身長や集中力の低下といった悪影響も心配されます。

骨が歪みやすくなる

子供は筋肉や関節が柔らかいため、不思議な体勢でも寝ることができます。子供が眠れているからと、身体に合っていないマットレスを使い続けると骨が歪みやすくなってしまうため、注意が必要です。

子供用マットレスの選び方で知っておきたい3つのポイントは?

子供用マットレスを購入するときは、子供の意見で決めてしまうと最適なマットレスを選ぶことが難しくなってしまいます。子供の年齢が小さいときは、親が選ぶようにしていきましょう。

子供用マットレスは硬めがおすすめ

あまりにも柔らかすぎるマットレスは身体が沈み込みすぎるため、寝返りがしにくく骨の歪みにもつながります。子供は寝返りの回数が多いため、寝返りを妨げない適度な硬さがあるものがおすすめです

通気性に優れている

子供は大人よりも代謝が良く、寝ているときは特に汗をよくかきます。マットレスは布団のように簡単に天日干しすることが難しいため、できるだけ通気性が良いものを選ぶようにしましょう。

マットレスの厚みにも注目

子供は大人よりも体重が軽いため、マットレスの厚みもそれほど必要ありません。むしろ厚すぎるマットレスは、睡眠の質の低下につながる可能性があります。子供にとって最適なマットレスの厚さは、次のように体重で判断すると良いでしょう。

  • 10㎏前後…小学校入学前は3cm程度の厚さ
  • 30㎏前後…小学校低学年は5cm程度の厚さ
  • 40㎏前後…小学校高学年は6~7cm程度の厚さ
  • 60㎏前後…中学~高校生になると大人と同じくらいの、9~11cm以上の厚さ

これらはあくまで目安なので、子供の体重や体格によって判断していくようにしましょう。

子供が安心して眠ることができる、便利なアイテムもチェック

子供が快適に眠ることができるよう、マットレスと一緒に次のようなアイテムも用意しておくと安心です。

小学校低学年まではおねしょ対策

小学校低学年までは、ちょっとしたことがきっかけでおねしょをしてしまうことがあります。マットレスに直接染み込んでしまうとその後のお手入れが大変なため、あらかじめ防水シーツやパッドを用意しておくと安心です。

ベッドを利用する場合はベッドガード

マットレスをベッドで使う場合は、寝返りで子供がベッドから転落しないようベッドガードも用意しておくと良いでしょう。ベッドによっては、あらかじめ転落防止のガードが付いているものもあるので、そういった商品を選ぶと安心ですね。

抗菌・防カビ仕様

子供のお肌は大人よりもデリケート。最近ではマットレス自体に抗菌・防カビ仕様のものがあるので、購入時に合わせてチェックしておくと良いですよ。年齢が小さいほどアレルギーを発症しやすい傾向があるため、子供の健康のためにも、マットレスは常に清潔な状態を保てるようにすることも大切です。

おすすめの子供用マットレスをチェック!

ここからはおすすめの、子供用マットレスをご紹介していきます。子供用のマットレス購入を検討している方、必見ですよ。

ショート丈対応 コンパクトマットレス高通気性薄型ボンネルコイル

通常よりも15cm短いショート丈のマットレスなので、子供用のベッドにもピッタリです。厚さ7cmのポケットコイルが身体のラインに沿ってくれ、体圧分散にも優れているため子供の寝返りを妨げません。ノンホルムアルデヒド仕様なので安心して使えます。折りたたみもできるので天気の良い日はマットレスを天日干しすることもでき、いつでも快適にお使いいただけます。

床つき感のないすぐれたクッション性 日本製 薄型・高反発マットレス

厚さ3cmと薄型ながら、立体構造編物で底つき感がなく寝返りしやすいマットレスです。長期間使うことで起こるマットレスのへたりも、ドライヤーの熱を利用することで復元するため長く使え、お財布にも優しいのが魅力です。マットレスのカバーはご自宅の洗濯機で洗濯でき、中材も水洗い可能なので万が一汚れたときもお手入れが簡単なのも嬉しいですね。

上げ下ろしもラクラク 2段ベッド用薄型マットレス

厚さ5cmの薄型マットレスで重さも4㎏と軽量なので、子供の二段ベッドにピッタリです。マットレスは立体編物構造で底つき感の心配もなく、子供の寝返りもしっかりとサポートしてくれます。通気性バツグンなので暑い季節も快適で、寒い季節は保温性にも優れているため1年を通して快適にお使いいただけます。ホコリが出にくい設計になっているため、衛生面も安心です。

子ども向け ポケットコイルマットレス レギュラー

子供が健やかに眠ることができるように考えて作られたマットレスで、体圧分散・弾力・通気性に優れているため、子供の身体のラインに自然に沿ってくれます。マットレスの厚さも9cmと子供向けになっており、そのまま三つ折りできるのでお手入れも簡単です。表面生地は高い速乾性のある3次元メッシュを使っているため、汗っかきの子供でも快適にお使いいただけます。

畳める ポケットコイル入り敷布団マットレス ショートタイプ

厚さ7cmの薄型マットレスで、適度な弾力性があるため子供の理想的な寝姿勢を保つことができます。寝返りもしやすいようになっているので、子供の健やかな成長にピッタリです。マットレスのサイズを大きめにすれば、一緒に眠ることもできるので小さな子供がいるご家庭にもおすすめです。ヘタリにくい高密度ウレタンで作られているため長く使え、お財布にも優しいマットレスといえますね。

まとめ

子供用のマットレスは、子供の成長を促すための非常に重要な役割があります。身体に合わないマットレスは、成長ホルモンの分泌を妨げてしまうため今回ご紹介した選び方を参考に、ぐっすりと眠ることができるようなマットレスを選んでいきましょう。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP