寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. たもつ
  2. 9370 view

「おねしょ」の対策とお手入れ方法は?おすすめの便利アイテムも紹介

子どもがおむつを卒業したあとに出てくる悩みといえば、「おねしょ」ではないでしょうか? 毎日パジャマや布団を濡らすこともめずらしくなく、気持ちもどよーんとしてしまいますよね。

そこで今回は、「おねしょ」の対策やお手入れ方法、子どもがいるご家庭におすすめの商品をご紹介します。こちらの記事を参考に、「おねしょ」対策と寝具のお手入れをして、大らかな気持ちでお子さんの成長を見守れるようになりましょう。

「おねしょ」とは?

「おねしょ」とは寝ている間に、おしっこが漏れてしまうこと。人間誰しも一度は経験があるのではないでしょうか?

生まれてから2歳ごろまでの子どもは、まだまだ膀胱にためられるおしっこの容量自体が少なく、排尿に関わるメカニズムも未熟なため、毎晩「おねしょ」をすることも珍しくありません。

その頻度は年齢とともに減っていき、ときどきしてしまう程度の「おねしょ」なら5~6歳で約20%、小学校低学年で約10%と減少します。

「夜尿症」とは?

「おねしょ」で検索すると、よく一緒に出てくる言葉が「夜尿症」ですが、「おねしょ」との違いは年齢です。5歳以降で月1回以上の「おねしょ」が3か月以上続く場合は「おねしょ」ではなく「夜尿症」と診断されます。 小学校に入っても夜尿症が治らない場合は、小児科もしくは泌尿器科を受診し相談するのがおすすめです。

夜尿症は、親の育て方や子供の性格の問題ではありません。尿意で目を覚ますことができないという覚醒障害を基礎とし、睡眠中の膀胱の動きが未熟であることや、夜間尿量が多いことが重なると発生します。

「おねしょ」の【対策】

子どもの「おねしょ」対策で大切なことに、下記があります。
・寝る前のトイレを習慣にする
・夕食から就寝までの時間を3~4時間あける
・塩分や糖分を控える
冬は寒さ対策をする
このように、日々の生活からできる対策や、季節ごとに注意したいことがあります。

まずは大らかな気持ちで怒らないこと

子どもがおねしょをしてしまっても、決して怒ってはいけません。わざとしているわけではなく、子どもならば仕方がないもの。大らかな気持ちで見守ること。これがおねしょ対策の第1歩です。

「おねしょをしたら怒られる…。」そのプレッシャーが逆に原因になってしまうこともあるので、「おねしょを一緒になおしていこうね」と優しく伝えてあげるようにしましょう。

寝る前の水分補給を見直す

夏にスイカなど利尿作用のあるものを夕食後に食べると決まって「おねしょ」をしたりします。寝る前にあまりごくごくと水分を摂るのは「おねしょ」の原因になるので、避けましょう。

かといって、夏場などは熱中症予防にこまめな水分補給は大切。あまり神経質になってはいけませんが、夕方以降はコップ一杯程度に控えるといいかもしれません。

防水おねしょシーツを敷く

市販されているおねしょシーツを敷いて寝るというのもひとつの対策です。ただし、ぴったりセットされていないと寝ている間によれてしまうことも…。

子どもは寝ているときにコロコロ動いたり転がったりするので、「防水シートの上でおねしょしてくれたらラッキー!」くらいに考えておくと良いでしょう。

おねしょズボンをはいて寝る

これは「おねしょ」対策として有効な方法ですね。ズボンタイプのものやスカートタイプがあり、市販でも1,000~2,000円前後で販売しているようです。

防水になっているので、寝ているときにこのズボンを履くことでシーツやお布団まで濡らすことはなくなりそうですね。アカウントさんの中には手作りでおねしょズボンを作られている方もいて、とても素敵です♡

おむつが外れてしばらくすると、寝るときにおむつをするのも嫌がってしまいますよね。そんなお子さんのために作られたおねしょズボン。柄もとってもかわいくって、中は片面のパイル地の防水布を使っているそう。素晴らしい出来栄えですね♡

おねしょの【お手入れ方法】

おねしょをしてしまったら、あとは洗濯するしかありません。濡れているシーツや布団パッドを外して、洗えるものは洗濯機ですべて洗ってしまいましょう。お子さんの濡れてしまったパジャマやパンツは、一度水で予洗いして水分を絞ってから洗濯機に。おねしょ自体は水だけで簡単に落とせるのでご安心を。

お布団の場合

悩ましいのが、布団もマットレスは洗えないということ。シングル布団なら大型のコインランドリーで丸ごと洗濯&乾燥できますが、毎日のこととなると…。もし子どもがおねしょしてしまったら、その部分を拭き取り、太陽の光で天日干ししましょう。

アンモニアのにおいが気になるときは、クエン酸が効果的。水200mlにクエン酸小さじ1をスプレーボトルに入れてよく混ぜ、おねしょ部分にスプレーすると、クエン酸がアンモニアを分解して消臭してくれます。

マットレスの場合

マットレスも同じように洗えないので、おねしょ部分を渇いたタオルで叩いておねしょの水分を吸い取り→濡れたタオルでさらに叩く→乾いたタオルで水分を取るしかありません。

ットレスは重たいので、太陽の下で干すのもなかなか難しいですが、風通しのよい窓際で立てかけておくだけでもマットレス内の湿気が取れます。

【まとめ】おねしょ対策&便利グッズを活用しましょう

お子さんが小さいうちは「おねしょ」は仕方のないこと。オムツが外れてしまっても嫌がらないようであれば、寝るときはオムツをはかせてあげたらいいと思います。成長とともにだんだんといい思い出に変わることでしょう。「おねしょ」をしてしまっても大らかな気持ちを忘れずに、洗濯機をまわしてお布団とマットレスを乾かすことに励みましょう!


おねしょ対策に便利!おすすめの商品

今回は、子どもやペットがいるご家庭におすすめの商品を厳選しました!姉妹サイトのCOVEARTHにもおすすめのアイテムがあるので、ぜひチェックしてください♪

寝具にも安心を スペイン製ボックスシーツ型 マットレスプロテクター

マットレスを汚れやダニから守り、購入したての状態を保つために開発されたマットレスプロテクター。マットレスと接する部分に水分を通さない加工がされているので、おねしょをしてもマットレスに染み込むのを防ぎます。表はさらさらのパイル地で優しい肌触り。ボックスシーツ型になっているので、ズレも気になりません。

シンプルデザイン 棚・コンセント付きデザインすのこベッド

お子さんがおねしょをしてしまいがちなご家庭におすすめしたいのが、すのこベッド。すのこベッドは床板部分がすのこ構造になっているため、湿気が溜まりづらく、おねしょをしても乾きやすいです。スタイリッシュなシンプルデザインで、上質でお洒落な寝室に仕上がります。ヘッドボードには便利な2口コンセント付きです。

家族みんなで安心して使える 肌触りの良い防水シーツ ボックスシーツタイプ

小さなお子さんから大人までお使いいただける防水シーツです。表地にはふわっと心地よい綿100%を使用しており、お肌に優しく家族みんなで安心してお使いいただけます。裏地には、布団やマットレスを守ってくれる防水効果のあるラミネート加工が施されています。おねしょをしてしまってもご自宅の洗濯機で丸洗いが可能!清潔が続いて嬉しいですね。

安心安全ほこりの出にくい 国産洗える布団4点セット

ベッドフレームと一緒に使うこともできるこちらの商品は、ダブルサイズの敷布団、掛け布団と、枕2つが揃う4点セットです。ホコリが出にくい中空ポリエステル綿を使用しているため、ふかふかでアレルギーの心配もありません。ゆったりロングサイズで、どなたでも快適にお休みいただけます。カラーは5色からお選びください。

【東京西川】 汗もおねしょもしっかり受け止める ベビー用防水シーツ

汗やおねしょを敷布団へ通さないための防水シーツです。湿気もカバーしてくれるので、毎日敷布団を清潔に保ってくれますよ。裏にゴムがついているのでズレにくく、着脱が簡単です。洗濯機で丸洗いができるので、おねしょなどで困っているご家庭で大活躍すること間違いなしです!

サビに強いから長く安心して使える ステンレス布団干し (布団4枚用)

姉妹サイトのCOVEARTHから、布団干しの便利グッズをご紹介!こちらは布団が4枚もまとめて干せる布団干しです。除菌効果のある清潔ポールを使用しているので、子どもや赤ちゃんのお布団も安心して干せます。軽量でありながら、耐荷重はパイプ1本あたり10kg、極太25mmパイプで安定感抜群です。外干しだけでなく部屋干しもラクにできるので急なおねしょにも対応できます。


【参考URL】
おねしょ卒業!プロジェクトホーム|フェリング・ファーマ株式会社
https://onesho.com/patient/check/

「夜尿症とは?」おねしょ卒業!プロジェクトホーム|フェリング・ファーマ株式会社
https://onesho.com/patient/process/

『おねしょ』(夜尿症)が治らない|日本泌尿器科学会
https://www.urol.or.jp/public/symptom/09.html



自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

たもつの最近記事

  1. 【おすすめのすのこマット13選】選ぶポイントと注意点を徹底解説!

  2. 【寝具別】布団を外に干せない方へ!部屋干しの対処法を伝授します!

  3. 【ママパパ必見】おねしょ対策&寝具のお手入れ方法をご紹介!

  4. 寝室の「香り」に注目!寝室こそお気に入りを楽しもう

  5. 知ってた?ベッドルームのカビは「生える前に予防」が鉄則!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP