寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 13052 view

腰痛持ちの方必見!高反発マットレスの選び方&オススメ11選

「自分に合ったマットレスが分からない…」こんな風にお悩みの方は、多いのではないでしょうか?特に肩こりや腰に不安のある方など、体の不調を感じている方にとって、寝具はこだわりを持ちたいですよね。

今回は、そんなマットレスの中でも「高反発マットレス」についてのお話です!硬めの寝心地で、寝返りのしやすさが人気の高反発マットレス。今回は選び方やオススメ商品まで、一挙ご紹介しますよ!腰痛持ちの方はぜひチェックしてください。

目次

腰痛持ちの方にオススメ!高反発マットレス

まずは、腰痛でお悩みの方にオススメの高反発マットレスをご紹介します。折りたたみタイプやベッドパッドタイプなど、幅広く集めました。

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名サイズ・おすすめポイント
寝返りがうちやすい
折りたたみマットレス
✔サイズ:幅97×長さ195×高さ10cm(シングル)
✔おすすめポイント:
適度な硬さがあるので腰痛にお悩みの方にもおすすめ
高級品質ホテルプレミアムマットレス
(かため・ボンネルコイル)
✔サイズ:幅97×長さ195×高さ22cm(シングル)
✔おすすめポイント:
通気性抜群で暑い時期も快適な寝心地のマットレス
どこでもずっと快適 新構造エアー
マットレス ポータブル (95×200cm)
✔サイズ:幅95×長さ200×高さ2cm(シングル)
✔おすすめポイント:
汚れてもシャワーで水洗い可能
部屋干しも簡単にできる
高反発ウレタン折りたたみベッド
✔サイズ:幅102×長さ209×高さ39.5cm
✔おすすめポイント:
部屋干しも収納も簡単にできる折りたたみベッド
安定感のある天然木脚 脚付き
ウレタンロールマットレスベッド 
✔サイズ:幅80×長さ195×高さ27cm(セミシングル)
✔おすすめポイント:
LVL材を使用したすのこ構造で通気性&耐久性が◎
底つき感のない十分な厚み
傾斜デザイン高反発マットレス
✔サイズ:幅97×長さ195×高さ3-15cm
✔おすすめポイント:
マットレスに3.5度の傾斜をつけることで快適な眠りを実現
完成品女性に優しいおしゃれで可愛い
コンパクト折りたたみショート丈ベッド
✔サイズ:幅92×長さ180×高さ34.5cm(セミシングル)
✔おすすめポイント:
背もたれ部分のリクライニング機能は42段階に調節可能

寝返りがうちやすい 折りたたみマットレス

こちらは便利な三つ折りタイプの高反発マットレスです。厚さ10cmの高反発マットレスで、体をしっかりと支えます。底つき感がなく、床に直接敷いても快適な寝心地です。

復元力が高く、体が沈み込むことなく、自然な寝返りをサポートしてくれますよ。

💭「折りたたみマットレス」の口コミ

以前の敷布団用のマットレスは、使い終わったら圧縮袋にしまっていましたが、このマットレスは、折りたたみができ、とても重宝しています。

高級品質 ホテルプレミアムマットレス (かため・ボンネルコイル)

まるで自宅が高級ホテルになったような、上質な寝心地を体感できる高反発マットレス。ウレタンとコイルを一から設計し、バランスよく重ね合わせることで、まさに「快適マットレス」仕様が実現しました。

高密度ボンネルコイルと高弾力ウレタンの採用により、寝返りしやすく快適な寝心地を長時間キープすることができます。

💭「ホテルプレミアムマットレ」の口コミ

父から固めのリクエストあり 購入させていただきました。
安眠できているようで 喜んでもらえました。

どこでもずっと快適 新構造エアーマットレス ポータブル (95×200cm)

365日どこにでも連れていける、ポータブルタイプの高反発エアーマットレス。従来のラーメン構造ではなく「タテ繊維編み物」の採用により、クッション性が高く底つきしない仕様が実現しました。

マットレス単体で使用するよりも、エアーマットレスをプラスしてお使い頂けば、快適度が断然アップします!

部屋干しも簡単にできる 高反発ウレタン折りたたみベッド

こちらは高反発マットレスを備えた折りたたみベッドです。高反発ウレタンを使用しており、体をしっかりと支えてくれます。使わない時は、サッと折りたたんでコンパクトに収納できます。

部屋を広く使いたい方や、来客用のベッドを探している方にオススメのアイテムです。

💭「高反発ウレタン折りたたみベッド」の口コミ

妻の要望により買ってあげました、妻が使用してます、満足している。

安定感のある天然木脚 脚付きウレタンロールマットレスベッド

脚付きの高反発ウレタンマットレスベッドです。体圧分散に優れているため寝返りが楽にでき、程よい硬さで身体を包み込みます。耐久性にも優れていいますので、長く愛用いただけます。

天然木パイン材の脚とマットレスのシンプルなデザインで、マットレスカラーは3色からお選びいただけます。

💭「ウレタンロールマットレスベッド」の口コミ

さっそく使ってとても満足しています。
ベッドの高さがちょうど良くて、寝心地もとても良いです。
組立も簡単で、すべてにおいてブラボーです。

セミシングルにしたので圧迫感なく、快適に使っています。

底つき感のない十分な厚み 傾斜デザイン高反発マットレス

傾斜療法を活かした高反発マットレスです。頭の方が高くなっているこのマットレスで寝ると、通常のマットレスに比べて腰などへの負担が少なくなります。寝返りなどもしやすく快適にお眠りいただけます。

中材には高密度で高反発のウレタンフォームを使用しており、体をしっかりと支えてくれます。

完成品女性に優しいおしゃれで可愛いコンパクト折りたたみショート丈ベッド

ショート丈サイズの折りたたみマットレスベッドです。チップウレタンと高反発ウレタンの2層構造になったマットレスは、底づき感もなく快適な寝心地です。背もたれ部分に42段階のリクライニング機能がついており、就寝時以外のリラックスタイムにも役立ちますよ。

キャスター付きなので移動も楽々です。

💭「折りたたみショート丈ベッド」の口コミ

組み立てなく使用できていて、軋みもなく快適に使用できてます。

希望の場所にピッタリ入り満足しています。

お手持ちのベッドにプラス!オススメのベッドパッド

劣化したマットレスの「へたり」も、腰痛の原因の一つです。そんな時に便利なのがベッドパッド。お手持ちのマットレスにプラスするだけで、寝心地を改善できます。最後に、オススメのベッドパッドをご紹介します。

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名サイズ・おすすめポイント
いままでの眠りの質を劇的に変える
テンセル高反発ベッドパッド
✔サイズ:幅全11サイズ×長さ195/200cm
✔おすすめポイント:
手持ちのマットレスの上に敷くだけで寝心地をアップ
この一枚をプラスするだけ
寝心地が進化するV-LAPニットベッドパッド
✔サイズ:幅7サイズ×長さ200cm
✔おすすめポイント:
テイジン独自の高機能繊維を使用し、身体をしっかり支えてくれる
包み込むような柔らかさ
リッチホワイト寝具 ベッドパッド
✔サイズ:幅100/120/140×長さ200cm
✔おすすめポイント:
中材の極細繊維で通気性が良く、防ダニ・抗菌防臭加工で清潔
夏は涼しく冬は暖かく 洗える
100%ウールの日本製ベッドパッド
✔サイズ:幅全6サイズ×長さ200cm
✔おすすめポイント:
断熱性や放熱性に優れたウールで一年中快適

いままでの眠りの質を劇的に変える テンセル高反発ベッドパッド

「高反発マットレスを試したいけれど、マットレスの買い替えは面倒」という方にオススメなのが、こちらのベッドパッドです。

中材に高反発ウレタンを使用し、体圧分散性をグッと高めてくれます。お手持ちのマットレスの上に敷くだけの手軽さが嬉しいですね。

💭「テンセル高反発ベッドパッド」の口コミ

安眠出来て大満足です!こちらのパットを使ってから凄くよく眠れるようになりました!

大変物も良く、快適です。

この一枚をプラスするだけ 寝心地が進化するV-LAPニットベッドパッド

沈み込みやすい腰をサポートしてくれる、腰痛持ちの方にやさしいベッドパッドです。こちらのアイテムは、中材に高機能不織布V-Lapを採用。パッドの内側から持ち上げる働きで、腰を押し上げます。自然な寝返りもしやすく、体への負担を軽減してくれます。

気になる湿気を吸水・発散する効果もあり、快適にお休みいただけますよ。

💭「V-LAPニットベッドパッド」の口コミ

マットレスの上からではちょっと薄くていたくて、やめてたんです。で、薄い布団を敷いてみたら今度は柔らか過ぎてしまい、その上からパッドを重ねてみたら凄く良くなり、最高の寝心地になりました。

包み込むような柔らかさ リッチホワイト寝具 ベッドパッド

こちらも、体圧分散性に優れたベッドパッドです。やわらかく包み込まれるような寝心地が特徴。沈んでからゆっくりと復元し、体をやさしくサポートします。ピーチスキン加工を施した表面の生地は、なめらかな手触りです。

また、ダニやホコリを寄せ付けないのもポイントです。

💭「リッチホワイト寝具 ベッドパッド」の口コミ

抗がん剤治療で体調の悪い時に、ベッドがコンクリートのように感じられ、辛かったのですが、柔らかく優しく包み込まれるような寝心地で、安心して寝られるようになりました。

本当に包み込まれるような柔らかさにビックリしました。なのに体が痛くならない!!
身体すべてを支えられながら包まれて至福のベッドになりました。

夏は涼しく冬は暖かく 洗える100%ウールの日本製ベッドパッド

ウール100%でできたベッドパッド。ウールは、断熱性・放熱性・吸放湿性・消臭性に優れた素材です。湿気を吸って発熱するウールは、冬に使うと体をじんわり暖めてくれます。ただ暑すぎることはないので、夏にも◎。

洗濯できないイメージのウールですが、こちらは洗濯機での丸洗いも可能ですよ。

腰痛とマットレスは関係ある?

マットレスが体に合っていないと、腰痛の原因になることがあります。その大きな理由は「寝返りの打ちにくさ」です。

人間は1回の睡眠で平均20回程度の寝返りを打つと言われています。そのため、寝返りのしやすさがマットレス選びにおけるカギの一つなのです。

柔らかすぎるマットレスは、寝返り時に腰をひねるためオススメできません。また、硬すぎる場合は体圧が一部に集中するため、腰への負担が増してしまいます。

そのため腰痛持ちの方は、マットレスの硬さに注意しながら、寝返りしやすいマットレスを選ぶのが良いでしょう。

そもそも「高反発マットレス」って?

では、腰痛持ちの方におすすめの「高反発マットレス」とはなんでしょうか?基本的なマットレスの種類や、高反発マットレスの特徴を見てみましょう。

基本的なマットレスの種類

マットレスは、まずコイル使用の有無によって「コイル型」と「ノンコイル型」に分けられます

さらに、コイル型のものは「ポケットコイル」「ボンネルコイル」「高密度スプリング」に細分化されます。

一方、ノンコイル型は「低反発ウレタン」「高反発ウレタン」などに分かれます。

高反発マットレスの特徴

次に、高反発マットレスの特徴を見てみましょう。「高反発マットレス」とは名前の通り、「反発=跳ね返す力の強いマットレスのことです。かけた重みに反発して、しっかり支えられるという使用感が特徴です。寝心地は硬めですが、寝ていて沈み込み過ぎないという点も、魅力の一つです。 コイルマットレスとノンコイルマットレス、それぞれの高反発タイプについてご紹介します。

コイルマットレス

高反発マットレスはノンコイルタイプが主流ですが、コイルマットレスの中にも反発性の高いものがあります。特に「ボンネルコイル」タイプは、バネ感が強く反発性を感じやすいマットレスです。

ノンコイルマットレス

ノンコイルタイプで最も多いのが、ウレタンマットレスです。比較的安価で軽量なのが特徴。ウレタンの密度や硬さは、メーカーや商品によって様々です。購入前にぜひチェックしてくださいね。

腰痛対策に◎!高反発マットレスのメリットは?

高反発マットレスの基本情報をおさえたところで、次はそのメリットをご紹介します。腰痛に悩む方は必見です。

理想の寝姿勢をキープ

高反発マットレスのメリットは様々ですが、最も大きなものは「寝姿勢を保てる」ことといえます。上述した通り、高反発マットレスは重みに反発するため、お尻部分が沈み込み過ぎないという特徴があります。そのため、立っている時と同じような、理想的な寝姿勢をキープできます。

筋肉のコリや血行不良防止

高反発マットレスであれば寝返りしやすいため、質の良い睡眠を取ることができます。また適度な寝返りをうつことで、筋肉のコリや血行の滞り防止にもつながり、朝起きた時の不快感を緩和することができます。

体圧分散できる

高反発マットレスは、体圧が腰などの一点に集中するのを防ぐ、いわゆる「体圧分散」効果が期待できます。そのため腰や肩への負担を軽減することができ、腰痛・肩こり対策に繋がります。

高反発マットレスのデメリットは?

体圧分散性に優れた高反発マットレスですが、デメリットも存在します。買ってから後悔しないためにも、デメリットもチェックしておきましょう。

価格が高め、寒く感じる場合も

高反発マットレスは、低反発のものに比べて比較的価格が高めの傾向があります。また、特に通気性のよい網状樹脂タイプは、保温性が低くなるため冬場の寒さが気になる方もいるようです。

中には不安定に感じる人も

高反発マットレスで横を向いて寝た場合、マットレスに接している部分(肩や腰など)だけで体を支えているように感じる人もいます。そのよう不安定さや寝づらさを感じる場合があります。

「高反発マットレス」向きの人って?

では、高反発マットレスに向いているのはどんな人でしょうか?高反発マットレスを試してほしい人の特徴をまとめました。

肩こり・腰痛にお悩みの方

「腰痛」という観点からお伝えすると、高反発マットレスは硬めの寝心地で寝返りをうちやすいため、「腰痛対策」できるマットレスであると言えます。なんといっても腰部分の沈みにくさと、寝返りの打ちやすさが腰痛悪化防止のポイントなのです。

体の一部分に長時間の負荷がかかりにくい構造なので、肩こりの方にもオススメです。

体重50kg以上の方

高反発マットレスは、体重50kg以上の一般的な体型の人向きとも言えます。なぜかというと、あまり体重が軽いとフィット感を感じにくいからです。マットレス選びには、体重も関係します。

スポーツ選手

上述したように高反発マットレスは、軽体重の女性やお子さんなどよりも、50kg以上を目安とした、一般的な体型の方にオススメのマットレスと言えます。また、体の重みをよく支えるので、骨や筋肉がしっかりしているスポーツ選手にも向いています。ぜひ、参考にしてくださいね。

【まとめ】腰痛持ちの方はぜひ「高反発マットレス」をチェック

いかがでしたか?「高反発マットレス」は、腰痛対策に効果「アリ」ということがお分かり頂けたのではないでしょうか。マットレス選びには、好みだけでなく体格や体重も関係していたんですね。ぜひ皆さんもこの記事を参考に、ご自身にピッタリのマットレスを見つけてくださいね!

BED STYLEでは高反発マットレスを多数ご用意
ぜひチェックしてください!

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. BED STYLEでの購入・支払いの方法まとめ!おすすめ5選も

  2. 意外と知らない!マットレスの測り方やベッドフレームサイズの調べ方

  3. <一人暮らしのベッド>シングルとセミダブルどっちのサイズを選ぶ?

  4. マットレス付きローベッド5選&向いている人やメリットも解説

  5. 安くておすすめのダブルベッド13選!選び方のポイントも解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP