寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 786 view

ダブルマットレスの価格はいかほど?おすすめ価格帯はどのくらい?

少し大きめのサイズであるダブルマットレスの購入を考えている人もいるでしょうが、気になるのは価格です。1人寝用のシングルマットレスとは違い、価格が高いのではと心配している方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、おすすめの価格帯などをご紹介します。ぜひこの情報も参考にして、ご自分の経済状態に合うダブルマットレスを見つけてください。

ダブルマットレスのおすすめ価格帯

ダブルマットレスのおすすめ価格帯がどのくらいなのか、チェックしてみましょう。

ダブルマットレスの価格相場

ダブルマットレスの価格相場を示すデータはありませんが、5,000~20,000円台、20,000~50,000円台、50,000~100,000円台、100,000円台以上などの種類があります。

価格が高いほうが、品質も寝心地も良くなりますが、価格が低いものが悪いものだと決めつける必要はありません。

おすすめ価格

ダブルマットレスのおすすめ価格はこれだと決めることはできません。人ぞれぞれお財布の事情も違うでしょうし、好みのマットレスも同じではありません。

価格が高いもののほうが購入における失敗がないようにも思えますが、必ず自分に合うマットレスが選べるという保証もないです。

低価格なダブルマットレスから試してみる

ダブルマットレスのおすすめ価格を決めるのは難しいのですが、まずは低価格な品から試してみてはいかがでしょうか。低価格な様々な種類を試すことで、一番自分にしっくりするタイプを選ぶことができます。

タイプが決まった時点で、同じタイプの高価格なものを購入すれば、満足ができるものを見つけやすいですよ。

おすすめ価格のダブルマットレスにはどんな特徴がある?

ダブルマットレスのおすすめ価格はこうだと言い切れない部分はありますが、価格に応じた特徴があります。どのような特徴かチェックしてみましょう。

お手頃価格のダブルマットレスの場合

お手頃価格のダブルマットレスの場合、購入はしやすいですが、厚さが薄く、詰め物が少ないことがあります。そのため、底付き感が出ることもあります。

このようなタイプのマットレスを使うときは、敷布団の下に敷くと、底付き感もなくなりますよ。また、厚みがそこそこあるものでも、詰め物が不十分で、ごつごつするものもあります。

中くらいの価格のダブルマットレスの場合

中くらいの価格のダブルマットレスでは、品質と価格のバランスも良くなり、コスパに優れています。厚みも適度にある上、詰め物の量も多く、質のいいものを採用しています。

寝心地もまずまずで、購入して後悔することも少なくなりますね。

高い価格のダブルマットレスの場合

高価格なダブルマットレスともなると、耐久性が良くなります。10年以上使える品もあります。

また、通気性がアップし、高温多湿な日本の環境にも耐えやすいです。さらに寝心地は非常に良く、腰痛持ちの人の対策に適した商品もあります。

おすすめ価格のダブルマットレスの選び方

おすすめ価格のダブルマットレスを選ぶポイントを解説します。

クッション材で選ぶ

ダブルマットレスのクッション材の種類には、コイル系やノンコイル系があります。沈み込むのが嫌というのなら、コイル系の高密度連続スプリングがおすすめ。

適度な沈み込みと硬さがいいという方は、ボンネルコイル。ソフトなフィット感を求める方はポケットコイルを選ぶのが◎ノンコイル系では、体の凹凸の吸収をしてくれるのがウレタン。通気性がいいのがファイバーゲルはやわらかい寝心地になっています。

扱いやすさ

マットレスの価格によって、扱いやすさも変わってきます。価格が安いものには軽いものが多いので、干すのが簡単です。

また、折りたたみタイプもあり、これなら立てて干しやすく、収納もしやすくなっています。一方、価格が高くて、重いものは干しにくいので、通気性のいいタイプを選んでおけば安心です。

厚さ

ダブルマットレスの厚さが薄いほうが使われている素材が少ないので、価格は安い傾向にあります。ただ、価格だけで厚さを選ぶと、寝心地に満足できないことも。

そこで、用途や快適さを基準にして選ぶ必要があります。厚さが5cm以下の薄いものは、トッパーとしての利用が合っています。ベッドや床に敷く場合は、10cmくらいのものが心地いいです。

コイル系には厚さが25cm以上という種類もあり、価格は高いですが、良質な詰め物を何層にもして、寝心地が非常に良くなっています。

まとめ

やや大きいサイズのダブルマットレス。2人で寝るのにはちょうどいい大きさですが、どのくらいの価格のものを選んだらいいかわからないという人もいます。そのような人のためにおすすめの価格帯の説明をしました。とはいえ、選ぶのがご自分です。よく検討なさって、一番自分に合うものを探して、快適にお休みください。


おすすめの商品

最後に、BED STYLEの商品ページからおすすめの価格帯のダブルマットレスをチョイスしてみましょう。おすすめ価格帯といっても幅がありますから、ご自分にぴったりのものを選んでみてくださいね。

いつもずっと快適 新構造エアーマットレス ライト

まずは比較的お手頃な価格のダブルマットレスのご紹介。新構造のエアーマットレスライトという商品で、今お使いの寝具に重ねるだけで使えるようになっています。ベッドでもマットレスでもお布団でも、敷きパッドのように乗せるだけです。機能性は抜群です。クッション性が良く底付き感はなく、通気性は良好で、ドライヤーの風を当てると復元します。ニオイもありませんから、さわやかです。重さは3.1kg。ダブルサイズだと持ち運びがしにくい場合がありますが。この重さなら大丈夫です。

国産 硬質プロファイルウレタンマットレス ハードタイプ (ダブル)

それほど高価なマットレスではありませんが、さまざまな種類から選択ができるタイプです。たとえば、厚さは6cm、8cm、12cmの3種類あります。6cmタイプはベッドマットの上に。8cmタイプは敷布団の下に。12cmタイプはそのままベッドに敷いてという使い方ができます。カラーバリエーションは、ブラウン、ブルー、ピンク、ナチュラルベージュの4色をご用意。お部屋のインテリアにぴったりのものが選べます。マットレスの素材は硬めのウレタン。沈み込みやへたりが少なく、体をしっかり支えます。理想の寝姿勢も保てます。

高級品質 ホテルプレミアムマットレス (かため・ボンネルコイル・ダブル)

中くらいの価格帯のダブルサイズボンネルコイルマットレスです。品質は高級ホテル並み。上質な寝心地をもたらします。ボンネルコイルタイプということもあり、体を面で支えます。しかも、こちらの商品は高密度ボンネルコイルになっているので、さらにしっかりしています。また、沈み込み感も少なく、反発力も強いので、床にお布団を敷いているよう感覚でお休みいただけますよ。通気性もいいです。湿気がこもらず、快適です。詰め物には高通気性ウレタンを使用。これも通気性向上に役立っています。

両面ふっくら フランスベッド社製 ゼルトスプリングマットレス (ダブル)

純国産ダブルマットレスをご紹介しましょう。コイルの種類はゼルトスプリング。落ち込みを防ぎ腰が沈まず、いい寝姿勢も維持しやすいです。コイルは通気性が良く、湿気をため込まないので快適にお休みいただけますよ。表地にはふっとくらとした生地を使用し、保温性もばっちりです。両面使用可能なところが嬉しポイントですね。

絶妙な硬さ 国産ポケットコイルマットレス ハード (ダブル)

コイルから生地、ラベルに至るまで国内自社で一貫製造されている信頼性の高いダブルマットレスです。特殊な装置も使い、高品質に仕上がっています。高強度なコイルを使用したポケットコイルマットレスです。身体のラインに沿って滑らかに沈み込み、体圧分散性に優れています。寝姿勢も無理な形にならず、自然な体勢でお休みいただけます。硬さはエクセレントハード。耐久力が良く、体をしっかりと支えます。キルティングはジャガード生地と16mm厚ウレタン。ふんわりさらっとしていて、気持ちのいい肌触りです。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  2. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP