寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. たもつ
  2. 4016 view

【汗かきの人必見】こんなおすすめ寝具を使えば快適に寝られる

汗かきの人は、梅雨から夏の季節はもちろん、冬も大変でしょう。寝具も汗にまみれて、気持ちよく寝られないことと思います。そして汗をかくことによって目覚めも悪くなります。そこで、今回は汗かきの人に見てほしいおすすめ寝具の特集をします。併せて、使ってほしい寝具のご紹介もしますから、いいものが見つかったら、ぜひ使ってみてくださいね。

汗かきの人が寝汗をかく理由

汗かきの人は寝汗もかきやすいですが、どうしてなのか理由を見てみましょう。

湿度

温度が高くなると汗をかきますが、それ以上に大きな理由になるのが湿度です。湿度が高いお部屋で寝ていると、汗かきの人は非常に多くの汗をかきます。

おまけにその汗が蒸発しにくくなるので、寝具も湿りがちになり、不快になるものです。

熱がこもる

通気性の悪い寝具を使っていると、内部に熱や湿気がこもります。布団の中に熱や湿気がこもると、もともと汗かきの人はさらに多くの汗をかくようになります。

したがって、汗かきの人に通気性の悪い寝具はおすすめできません。

ストレス

現代人とストレスは切っても切れない関係にありますが、過度なストレスは自律神経の状態を乱します。そうなると、体温調節機能がうまく働かなくなって、寝汗を多くかく場合がありますね。

汗かきの人にとってストレスは大敵ですから、上手に発散することをおすすめします。

過度なアルコール摂取

アルコールを飲むと、人間の体温は上昇します。そして、その状態のまま寝ると、肝臓がアルコールを分解して排出しようとして、汗を多くかきます。汗かきの人はアルコールの摂取をほどほどにしましょう。

汗かきの人におすすめの寝具の選び方

汗かきの人はどのような寝具を使えばいいでしょうか。おすすめの寝具の選び方を解説します。

通気性のいい寝具を選ぶ

汗をかいたら、風を通して、早く蒸発させたいところです。また、風通しがいいところでは、汗もかきにくくなります。

そこでおすすめするのが通気性のいい寝具。ベッドでもマットレスでも布団でもシーツでも、通気性が良ければ、心地よい空気が流れ、湿気が飛びます。汗かきの人にはぴったりの寝具といえます。

合成繊維は避ける

汗かきの人におすすめできない寝具が合成繊維製のものです。アクリルやポリエステル素材の寝具は吸湿性が悪く、熱と湿気がこもりやすくなっています。そのため、蒸れやすくなり、快適に寝られません。

季節に合った寝具を選ぶ

日本は四季の違いがはっきりしています。それぞれの季節ごとにピッタリ合う寝具も異なっています。そのため、季節に応じた寝具を選ぶことで、汗かきの人の汗対策もできますね。

特に夏は吸湿性の高い寝具を選ぶことが大事なおすすめポイントになります。一方、冬は寝汗をあまりかかないのではと思われがちですが、厚い布団に包まれていると、意外に汗をかくものです。

したがって、保温性は大事ですが、あまり熱や湿気がこもりすぎないものがおすすめです。

消臭効果のある寝具を選ぶ

汗かきの人にとって不快なのは汗そのものだけでなく、汗によって発生するニオイも含まれます。汗がまとわりつくことで、特有のニオイが発生し、気分良く寝られなくなることがあります。

そこでおすすめするのが消臭効果のある寝具。ある程度汗によるニオイを防いでくれて、気分も落ち着きます。

汗かきの人におすすめの寝具の種類

汗かきの人におすすめの寝具の選び方を見てみましたが、どんな商品を使えばいいのか、具体的に教えてほしいという人も多いでしょう。いくつか取り上げてみますね。

枕編

汗かきの人は、首や頭にも多く寝汗をかきます。そこでおすすめする寝具が通気性のいい枕。種類としては、そば殻枕、パイプ枕、アクアビーズ枕、ブレスエア枕などがあります。

シーツ編

汗かきの人が背中に寝汗をかく場合の対策になる寝具が、吸湿放湿性に優れたシーツ。おすすめ素材としては、麻、綿、タオル地のシンカーパイルなどがあります。

汗を良くかくというと、薄手のシーツのほうが涼しいのではと思われるかもしれませんが、すぐに汗で湿ってしまうので、必ずしもおすすめというわけではありません。

敷きパッド編

敷きパッドは汗を吸収する役割がある寝具です。汗かきの人にとっても大切な役割を果たしてくれる寝具ですが、季節ごとにおすすめタイプが変わります。

夏は汗を吸収し、さらっとした肌触りの綿や麻、パイル素材がいいです。触って冷たい化学繊維の接触冷感タイプもあります。冬には汗を吸収して発熱するタイプがあります。

ベッド編

汗かきの人に一番おすすめできるベッドがすのこベッドです。ベッドの床板に隙間があり、空気の通り道ができて、蒸れずに爽やかです。汗で湿ったお布団も乾きやすくなり、快適に寝られますよ♪

布団とマットレス編

汗かきの人が一番気になる寝具といえば、布団やマットレスがあります。汗で湿った布団やマットレスでは気持ちよく寝られませんから当然です。

では、どのようなものがおすすめかというと、布団では木綿素材や羊毛素材。木綿は放湿性はいまいちですが、吸湿性に優れています。羊毛素材は、吸湿放湿の両方の特徴があります。

マットレスでは、ボンネルコイルや高反発ファイバータイプが通気性がいいです。

まとめ

汗かきの人は、寝具選びも気を遣わなければいけません。それができて気分よく寝られるようになりますよ。今回は汗かきの人たちに向けておすすめの寝具特集を組みました。ぜひ参考になさって、いい寝具を見つけて、快適な就寝環境をお作りくださいね。


おすすめの商品

ここからは、汗かきの人におすすめの寝具をBED STYLEの商品ラインナップからピックアップしてみます。これは私にもぴったりという商品があれば、ぜひゲットしてください。

汗を逃す フランスベッド マルチラススーパースプリングマットレス

高温多湿な日本の気候は汗かきの人にとってはつらいもの。寝汗を多くかけば、快適には寝られません。そんなお悩みを解決してくれるのがこちらのおすすめマットレス。高密度連続スプリングタイプになっていて、空気の流れが非常に良く、湿気がこもりません。マットレス自体が乾燥しやすくなっていて、さらっとした環境でお休みいただけます。高密度連続スプリングにはほかにも優れた特徴があり、腰が沈まず、寝返りも打ちやすく、きれいな寝姿勢を維持しやすくなっています。耐久性も良く、へたりにくいです。

一年中快適 20色から選べる コットンタオル ボックスシーツ

1年中快適に使えるタオル素材のボックスシーツです。暑いシーズンには汗や湿気を吸い取ってくれて、べたつかず爽やかですから、汗かきの人にもピッタリです。冬はひんやりとせず、暖かさを味わえます。全周ゴム仕様です。マットレスに包むようにかぶせるだけで使えます。ワイドキングサイズやファミリーサイズのものは、間に隙間ができません。見た目もよく、すっきりして快適に寝られます。20色7サイズをご用意。どのようなマットレスにもピッタリ合うものが選べますよ♪

2台を包むファミリーサイズ 年中快適100%コットンタオル キルトケット

こちらはコットンタオル素材を使用したキルトケット。キルトケットはキルティング加工が施された薄い肌布団です。夏のお昼寝用にも使えます。コットンタオルは吸水性と保温性に優れた素材。汗や水分を素早く吸収しますから、汗かきの人も快適爽やか。また、保温性があるので、寝冷えをしません。肌触りはふっくら優しくチクチクしないので、心地いいです。ざぶざぶ洗うことができますが、洗うことでさらに強くなっていきます。サイズはクイーンやワイドキングなど大きめです。

一年中快適 20色から選べる コットンタオル ピローケース(2枚組み)

汗かきの人が首や頭にかく汗は枕にしみこみます。そうなれば枕の状態が不衛生に。そこでおすすめする寝具としてこちらのピローケースをご紹介しましょう。コットンタオル素材で、汗をたっぷり吸い取ってくれて、寝ている間も自分の首周りの寝汗に気が付かないほど。朝までぐっすり寝られますよ♪肌にも優しくフィットし、サラサラふわふわでとても気持ちいいです。冬も首が冷えず、暖かになっています。

世界に通用する高い品質 檜仕様ロール式すのこベッド

汗かきの人におすすめの寝具といえば、すのこベッド。こちらの商品も通気性が良く、布団の下に敷くだけで、蒸れを防ぎますから、汗による湿気も心配なし。面倒くさくて布団を敷きっぱなしにしている人にとっても、効果的な湿気対策ができて、ありがたい商品です。素材の檜には調湿効果があります。湿気を適度に調節してくれて、いつでも快適にお使いいただけます。静止耐荷重は180kg。床に直置きタイプでこの耐荷重なら、何の心配もありません。丸めることができます。使わないときはコンパクトに収納してくださいね。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

たもつの最近記事

  1. 【へたりにくいベッドマットレスおすすめ】選び方と寿命の目安は?

  2. 睡眠の質も高まる「羊毛布団」!その特徴とお手入れ方法とは

  3. 二段ベッドの寿命は?何歳から何歳まで使える?おすすめ二段ベッドも

  4. 寝室が臭い原因は何?おすすめの対処法と使用してほしい寝具5点

  5. 【ペットがマットレスや布団を汚したときの対策】おすすめ対策を紹介

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP