寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 2384 view

古くなったベッド、どう処分する?

お気に入りの愛着あるベッドも、長年使用しているうちに古くなり、処分しなければならないときが来ます。
ベッドなどの大型家具は普通のごみでは回収されません。どんな処分方法があるのか考えてみましょう。

ベッドの処分方法

粗大ごみとして住んでいる地域の自治体に回収してもらう

メリット

自治体に回収してもらうには、有料の粗大ごみ回収券などを購入したり、あらかじめ解体しておくなどの事前準備が必要ですが、準備さえしておけばそのまま持って行ってくれるという安心感があります。処分費用が安くつき、自治体によっては無料のところもあります。
自治体によって料金、回収日、回収方法などが違いますので、その市町村役場のホームページで調べたり、電話で問い合わせて確認しましょう。

デメリット

自治体での回収は、回収日時が決まっているうえに回収設定日が少ない、自宅前までベッドを運び出す必要がある、個別に回収をしていない場合は、収集場所まで運ばなければならないなどがあります。
また、スプリング入りのベッドマットは回収してくれない場合がありますので、その際は、引き取ってくれる業者を市町村役場で問い合わせると紹介してくれます。

不用品引き取り業者に回収してもらう

メリット

不用品引き取り業者は、自宅のベッド設置場所から運び出してくれるので、自分で収集場所まで運ばなくてもよいというメリットがあります。一人暮らしや高齢者の方には便利です。また、自治体のように回収日時が決まっていないので、曜日にかかわらず自分で指定でき、急な依頼でも受けてもらえます。その分自治体より割高になり、業者によって処分料が違いますので、業者ごとに問い合わせたうえ比較検討してから頼みましょう。

デメリット

中には不当に高額な料金を請求する悪質業者もいますので、市町村役場で紹介してもらったところで頼むなどし、騙されないように注意しましょう。特に車で巡回して無料回収を宣伝している業者は、車に積んだ後法外な処分料を請求してくる悪質なところが多いので、気をつける必要があります。

※当店では家具のお引き取りを行っていない状況でございます

また、引っ越しの際にベッドを処分したい場合は、無料処分や、買い取りなどを行っている引っ越し業者がありますので、見積もりの際に確認するとよいでしょう。

まだ使えるベッドの処分は?

中古のベッド、特にベッドマットは、たとえまだ使用できても、誰が使用していたかわからないものには抵抗があるという人が多いと思われますので、あまり人気がありません。

ただ、ベビーベッド、折りたたみベッド、介護用リクライニング付ベッドは買い取ってもらえる可能性があります。特に、ベビーベッドは使用期間が短いため、あまり傷んでいない状態だと考えられます。ニーズがありますのでリサイクルショップで買い取ってもらえる可能性が高いです。地元のリサイクルショップに問い合わせてみましょう。

まとめ

以上のようにベッドは正しい処分先に依頼し、不法投棄などを招かないように地球環境にも配慮した方法で処分したいものです。

一緒に読みたいおすすめ記事


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  2. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP