寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 11841 view

マットレスの厚さに注意すべきベッドはこの4種類!

マットレスを購入するとき、何を重要視しますか?
シングルやダブルなどのサイズ、ウレタンやスプリングコイルなどの素材による寝心地の違いは、もちろん気にするポイントですよね。

では、マットレスの厚さに注意しなければならないベッドがあることはご存じでしたでしょうか?一般的なマットレスの厚さは8~15cmほど、厚めのマットレスだと20~30cmほどです。実は筆者、ベッドやマットレスに関して全くの無知だったときに大失敗しているのです…。皆さんには失敗してほしくないと思い、この記事を作成するに至りました。

マットレスの厚さに注意すべきベッド

こちらでは、マットレスの厚さに注意すべきベッドをご紹介します。ベッド選びやマットレス選びをされる際にはぜひ参考にしてくださいね!

二段ベッド

二段ベッドでは特に「耐荷重」が重要なポイントとなります。同じ素材だとマットレスの厚みが厚いほど重くなりますよね。ベッドの耐荷重は「マットレスなどの寝具+寝る人の体重」を考慮しなければいけません。耐荷重以上の荷重をかけると床板や柱が割れてしまい、落下の危険性が高くなります。

さらに、特に上段は厚いマットレスを置いてしまうと、落下防止のためのサイドガードが機能しないことになります。それでは安心して寝返りを打つこともできませんよね。

ロフトベッド

二段ベッドと同じ理由になりますが、ロフトベッドも耐荷重と落下防止の点でマットレスの厚さには気を付けなければいけません。パイプ製のものは木製より耐久性に劣る場合があるので、慎重に選びたいところです。

BEDSTYLEの二段ベッドやロフトベッドには、専用のマットレスがセットになっているものも多数ございます。

チェストベッド

たくさん収納できてクローゼット代わりになるチェストベッドは、狭いお部屋の強い味方。こちらも厚みのあるマットレスを置かないように注意しましょう。ただでさえ高さのあるベッドなので、その上に厚いマットレスを置いてしまうと立ち座りがしにくくなります。身長にもよりますが、立ち座りがしやすい高さは40cm程度とされています。

ヘッドボードに傾斜のあるベッド

さて、いよいよ筆者の失敗談をお話ししましょう。

筆者が現在使っているベッドは、こちらのレザーのロータイプです。ベッドフレームをネットで、マットレスは実店舗で、という風に別々に購入しました。マットレスは寝心地を重視して35cmほどのかなりの厚さのマットレスを選んだのですが、それがまさか失敗だったとは…。

皆さん、何が失敗ポイントかわかりますか?もしかして同じ失敗をされた方もいらっしゃるのでしょうか?

厚いマットレスを置くとヘッドボードとの高さの差が小さくなりますよね。それに加えてヘッドボードに傾斜があるので、ヘッドボードの傾斜に合わせて枕がどんどんズレていってしまうのです!
これは盲点でした…。マットレスやベッドフレームを買い替えるのは手間もお金もかかるので、枕がズレないようヘッドボードと枕の間に別の枕をかませるという対策をとっています。枕の寿命が来たら、今より低い枕を検討する予定です。

マットレス選びで失敗しないために

現在マットレス選びで悩まれている方も多いのでは?こちらでは、そういった方向けにマットレス選びで失敗しない方法と、おすすめ商品をご紹介します!

薄型マットレスを選ぶ

薄型マットレスを使用すると、ベッドに高さが出ることなくおすすめです。特に二段ベッドやロフトベッドの場合、厚手マットレスを使用すると落下してしまう危険性も。元々高さのあるタイプのベッドなどにも、断然薄手マットレスがおすすめです。

畳める ポケットコイル入り敷布団マットレス ショートタイプ

今回ご紹介するこちらのアイテムは、三つ折りで収納できる薄型マットレス。寝心地と収納を左右する「厚み」を最高のバランスで調節した快眠マットレスが誕生しました。 ショートタイプだから、コンパクト作りのベッドやお子様のお部屋にぴったりのマットレスです。二段ベッドやロフトベッド、または収納スペース付きのチェストベッドなどを使用される方におすすめの商品です♡

使いやすい 薄型ポケットコイルスプリングマットレス

こちらは、ふわっとした寝心地を体感することができる、コンパクトなポケットコイルマットレスシングルサイズです。薄型で使い勝手ばつぐんな上に、元々高さのあるベッドに使用してもちょうど良いベッドの高さをキープすることができるのが人気の秘訣となっています。薄型で軽量なため、お掃除をする際など、一人でもラクラク移動することができ大変おすすめです。

セット商品を購入する

マットレス選びに悩まれている方には、ベッドとマットレスがセットで販売されている商品がおすすめです。元からそれぞれのベッドに最適なマットレスが付いているため、マットレス選びの手間が減ります。

棚・コンセント付シンプルロフトベッド スーパーハイタイプ

狭いお部屋に住んでいる方におすすめなのが、ロフトベッド。こちらはスーパーハイタイプのロフトベッドで、ベッド下のスペースを有効活用して様々な快適スタイルを作り出すことができます。また、付属のマットレスは薄型タイプだからこそ、高さのあるロフトベッドでも落下してしまう心配もなく安心してご使用いただけます。

安心の頑丈設計 クイーンサイズベッドにもなるスリム2段ベッド

二段ベッドは、お子様のいるご家庭にとってマストアイテムとなること間違いなし!こちらは、二段ベッドにも、繋げてクイーンサイズベッドにも、シングルベッドとしてもお使いいただけるベッドです。安心・安全の頑丈設計だから、お子様も親御さんも安心してベッドタイムを楽しむことができます。付属のマットレスは、薄型で軽量のボンネルコイルマットレス。お子様の身体をしっかり支えてくれる優秀なかためマットレスです♡

空間の有効活用 日本製ヘッドレス大容量コンパクトチェストベッド

お部屋に十分な収納スペースがなくて悩んでいる方におすすめしたいのが、こちらのコンパクトなチェストベッド。ヘッドレスで省スペースで置けるこちらのベッドは、限られた空間を上手に使える大容量の収納を兼ね備えています。カラーは3色ご用意しているため、自分好みのインテリアにもぴったりマッチします!一緒に付いてくるマットレスは、薄型+身体にフィットするニット素材で、快適な寝心地をお楽しみいただけます♡

まとめ

ベッドとマットレスの厚さの相性について、ご理解いただけましたでしょうか?せっかく寝心地の良いマットレスを選んだのに、ベッドとの組み合わせで使いづらい場合もある、ということをご理解いただければ嬉しいです!マットレスのお悩みなどがあれば、BEDSTYLEにお気軽にお問い合わせください。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 年中使いたい♡魅惑のキルトケット3選とおすすめ理由をご紹介!

  2. ツインベッドとは?ダブルサイズベッドとの違いやメリットを解説!

  3. セミダブルのすのこベッド特集!広々&快適なおすすめ10選

  4. 2022年こそ白ベッドでおしゃれに!おすすめホワイトベッド10選

  5. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP