寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. たもつ
  2. 16764 view

【ハウスダスト1gに細菌800万個!?】アレルギーに負けない寝室づくり

お子さんから大人まで悩まされている方が多いと言われているのが部屋に舞っている「ハウスダスト」です。家庭で発生するハウスダスト1gにはダニが約2,000匹、黒カビ約3万個、細菌が約800万個含まれているという調査結果もあります。

寝ている間しか使わない寝室も例外ではなく、ハウスダストは知らず知らずのうちに溜まっています。睡眠の質を落とさないためにも、ハウスダストの性質を理解し正しく対処することが必要です。

今日はアレルギーに負けない寝室のハウスダスト対策をご紹介していきます。

ハウスダストとは

ハウスダストとは、ほこりの中でも特に目に見えないような小さなものを指します。例えば以下のようなものが挙げられます。

  • 繊維汚れやペットの抜け毛
  • ダニの死骸やフン,カビ,細菌
  • 花粉や砂埃

ハウスダストは小さく軽いので人の動きや風で簡単に舞い上がります。吸い込みやすいため、喘息・鼻炎・皮膚炎などのアレルギー疾患を引き起こしやすいのです。

免疫力が低いお子さんや高齢者の方がいらっしゃるご家庭は、特に念入りなハウスダスト対策をした方が良いでしょう。

寝室はハウスダストが溜まりやすい!

布団やベッドがある寝室は家の中でもハウスダストが溜まりやすい場所です。

寝具に潜むダニやカビ、布の繊維や皮脂・フケが主な原因と言われています。

汚れていないように見えるからといって寝具や床の掃除をしないと、体調を崩しやすい寝室になってしまうので注意が必要です。

寝室でのハウスダスト対策

ではどのように寝室でハウスダスト対策をすれば良いのでしょうか。寝具・カーテン・家具と床ごとに対策と掃除のコツをお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

寝具

睡眠中の汗や皮脂を吸収しているもの(シーツ・ベッドパッド・敷きパッドなど)は最低でも週に1回は洗うようにしましょう。アレルギーがある方は2・3日に1回の洗濯がおすすめです。

ベッドマットレスは洗うことができませんので、布団用のヘッドで掃除機をかけたり防ダニシートを敷いたりしてハウスダストの発生を抑えます。

掃除をする際には窓を開けて換気することも忘れないようにしましょう。埃や湿気を室外に排出することができます。

カーテン

カーテンはハウスダストを吸って溜めやすいので、10日に1回は掃除機をかけるように心がけましょう。

特にレースのカーテンはハウスダストを溜めやすい素材なので、入念に掃除機をかける必要があります。

月に1~2回洗濯することも忘れないでください。

家具や床

ベッドはもちろん、家具の下や裏には埃が溜まりがちです。毎日掃除機をかけるのが難しい場合はクイックルワイパーのウェットシートがおすすめ!

ハウスダストは舞い上がりやすいので、床を掃除する時には掃除機やクイックルワイパーをゆっくりかけるようにしましょう。

掃除前に加湿器をかけておくと、水分を含んで舞っていたハウスダストが落ちるので時短で掃除を済ませることができます。

【まとめ】ハウスダストが発生しにくい環境づくりを

ハウスダストを完全に除去することが難しいですが、こまめに掃除をしたり防ダニ・防カビのシーツやパッドを使うことである程度予防することができます。

快適な眠りと健康のためにも、ハウスダストが発生しにくい環境づくりをしていきましょう。

おすすめの商品

それでは、数ある商品の中から衛生面に特化した寝具やベッドをご紹介していきます。どれの人気がある商品ばかりですので、是非チェックしていってくださいね。

消臭・抗菌仕様 洗える防ダニシート

こちらは、敷くだけで簡単にダニの侵入を防ぐことができる防ダニシートです。ダニの侵入阻止率はなんと91.4%と高く、寝具を清潔な状態に保ってくれます。抗菌・消臭効果もありますので、寝汗をかきやすいお子様にもピッタリですよ。ベッドパッドの下、布団の下、押し入れの中等どこでも活躍してくれ、さらに洗うこともできる万能アイテムとなっております。

365日ふわふわさらさら 日本製・洗える・抗菌防臭防ダニベッドパッド

こちらは、コットン100%を使用した防ダニベッドパッドです。さらさら、ふわふわな手触りでお肌に優しく、チクチクしないので安心してご利用いただけます。防ダニ加工の他、抗菌防臭効果もありますのでいつでも衛生的にご利用いただけます。サイズはセミシングルからワイドキングまで幅広くご用意しており、ベッドを2台並べて使用されている場合は隙間を埋めてくれる役割も担ってくれます。

毎日干したての気持ちよさ 1枚で寝られるオールインワン敷布団

布団やパッド等、全ての寝具を揃えるのは大変ですよね。こちらは、敷布団・クッションマット・除湿シートが融合したオールインワン敷布団です。1年中これ1枚で済みますので、お手入れも楽ですし収納する際も幅をとりません。吸湿性に優れており、中は3層構造になっています。上からも下からも湿気を吸収してくれるので、寝汗や結露があっても安心です。

ダニゼロを実現 子どもにやさしい丸ごと洗える日本製防ダニ布団 敷き布団

小さなお子様には、こちらの商品がおすすめ。高密度のダニブロック生地を用いた敷布団で、物理的にダニの侵入を防ぐことができます。厚みは9cmとボリュームがあり、ふかふかな寝心地をお楽しみいただけます。子供は大人よりも寝汗をかきやすいですが、こちらは自宅で丸洗いできるのでいつでも清潔に保ちやすい商品です。

いつもずっと快適 新構造エアーマットレス ライト

こちらは、お手持ちの寝具に重ねて使用するエアーマットレスです。寝心地がアップするだけでなく、通気性が良いので夏は涼しく衛生的に、冬は湯たんぽや電気毛布と合わせて暖かくご利用いただけます。さらに、ホコリが出にくい構造になっているのでアレルギー対策もバッチリです。カバーは勿論のこと、本体に汚れがついてもシャワーで洗い流せるので、お手入れも簡単です。

ダニを通さずふわふわ続く気持ち良さ 洗える 防ダニ枕

枕は直接顔や頭がつくので、特に衛生面が気になりますよね。こちらは、ダニを一切通さない”ALFAIN”という生地を使用した枕です。物理的にダニの侵入を防ぎ、化学薬品を一切使っていないのでお肌にも優しい仕様になっています。ネットに入れればそのまま丸洗いもできるので、定期的にお手入れすれば衛生面はバッチリですよ。

スタンド式でラクラク室内干し 通気孔付きスタンド式すのこベッド

寝具を衛生的に保つには、ベッドも大切です。こちらは、通気孔がついたスタンド式のすのこベッドです。通気孔があることで、通常のすのこよりも通気性がさらにアップし、さらにスタンド式なので布団干しとしてもご利用いただけます。特に梅雨のジメジメとした季節には、室内干しのアイテムとして活躍してくれますよ。使わない際は畳んで収納することもできる、大変便利な商品になっております。

湿気を逃して布団を快適に 天然桐材四つ折りすのこベッド

こちらは、天然の桐を使用した四つ折りのすのこベッドです。すのこの隙間から風を通すことで、寝具を湿気や結露から守ってくれます。さらに、桐には抗菌・防虫効果もあるので、シート等で補助をしなくとも寝具を衛生的に保ってくれます。薄型ながらも、耐荷重は180kgと頑丈なつくりになっております。

品質と機能性を兼ね備えた モダンデザインすのこベッド ナチュラル

ベッドはお部屋の印象を大きく左右するので、見た目にもこだわりたいですよね。こちらは、シンプルでモダンなデザインがお洒落なすのこベッドです。無駄のないスマートなデザインで、脚は下に向かって細くなる円錐状に。スタイリッシュな雰囲気を演出してくれます。さらに、ホテル基準の厳しいチェックをクリアしているベッドですので、高品質な使い心地をお楽しみいただけます。

小さいサイズでお部屋を広く 天然木ショート丈すのこベッド

狭いお部屋にお住みの方や小柄な女性には、こちらがおすすめです。天然木を使用したすのこベッドで、通常よりも短いショート丈になっております。コンパクトなのでお部屋にピッタリとはまり、スペースの節約にもなりますよ。脚は3段階で高さ調整ができ、ベッド下は収納スペースとしても利用可能。勿論通気性も抜群なので、ジメジメとした季節も快適に眠ることができますよ。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

たもつの最近記事

  1. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  2. 【押し入れ・クローゼット】実例から学ぶ布団収納の基本&湿気対策

  3. 【実例から学ぶ】押し入れ収納のコツとおすすめ収納アイテム☆

  4. 【へたりにくいベッドマットレスおすすめ】選び方と寿命の目安は?

  5. 睡眠の質も高まる「羊毛布団」!その特徴とお手入れ方法とは

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP