寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 280 view

【寝室インテリア実例】ベッドの位置で変わる8畳のレイアウト

引っ越しや家具の買い替えがあると、レイアウトを変更したりしますよね。しかし、お部屋のサイズや間取りは変わらないので、なかなか大変な思いをすることありませんか?今回はそんなお悩みを解決できるような、レイアウトをご提案いたします。多く選ばれている8畳のお部屋を例にご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【ベッドのサイズ別】8畳の寝室レイアウト

ベッドのサイズによって同じ8畳のお部屋でもレイアウトが変わってきます。ここからはベッドのサイズ別にレイアウトをご紹介いたします。想定されているベッドサイズだとどんなお部屋になるのか、イメージしてみてくださいね。

8畳×セミダブル

セミダブルは、1人で寝るにはとても快眠効果を感じられるサイズ感です。体格の良い方でもゆったりとお休みいただけるのも魅力。

8畳あれば、リビング空間と収納家具、ベッドを置いてもかなりゆとりを感じられると思います。窓側にベッドを置かないことで、お部屋に入った際奥行き感を感じられますよ。1Rでもおすすめのレイアウト方法です。

8畳×ダブル

ダブルベッドを8畳に入れるのは勇気が必要と思っていませんか?実は8畳あればかなり広々使えるんです。

クローゼット前には幅60cmほどの空間を設けて、収納導線を確保。ワークスペースにTVボードといった生活アイテムを配置しても、お部屋はゆったりとした空間を感じられますよ。

8畳×クイーン

クイーンサイズはカップルでも寝られるサイズなので、2人で寝る際に取り入れる場合も多くあります。その場合は、寝室空間専用にすると◎。

しかし8畳あればTVボードやちょっとした収納家具を置いても広さを感じらますので、二人の共通アイテムを収納する家具を置くことも可能ですよ。

8畳×キング

寝室メインの部屋にしたい!という時には、キングサイズもおすすめです。広々としたベッドは快眠につながりますので1人でも2人でも、セレクトしたくなるサイズ。

キングサイズをセレクトしても、ドレッサーやナイトテーブルも置くことができ、インテリアを楽しむことが可能です。

8畳の寝室インテリア実例

ベッドのサイズ別コーデがイメージできたところで、お洒落な8畳インテリア実例をご紹介いたします。ぜひお好みの実例を探してみてくださいね。

他の家具でゾーニング

今やお家で働くがデフォルトになってきましたよね。

そんな方におすすめなのが、デスクで寝室空間を分ける方法です。収納も付いているデスクを選べば、デスク周りをスッキリさせることができますね。

こちらは、収納家具でリビング空間と寝室を分けている実例です。

ベッドとデスクが向かう向きをそろえることで、視界にベッドが入りにくくなっていますよね。来客時にプライベート空間をあまり見せたくない。という場合にもおすすめです。

背の低い収納家具でゾーニングをすると、お部屋を広く見せてくれます。

お部屋の中に様々な家具を置く予定がある場合は、お部屋の中央にゾーニング家具を置く際高さを意識してみてくださいね。

窓際に配置

窓際にベッドを置くと、朝爽やかに起きることができ1日の始まりが楽しくなりますよね。

高さを抑えたベッドなら、窓の開け閉めに支障を出しにくいのでお勧めですよ。

大きな窓際にベッドを配置して、縦長のお部屋を印象付けることができます。お部屋を広く見せる効果も期待できますよね。

そのほかの家具とカラーを合わせてセレクトすれば、お部屋の統一感もUPしますよ。

窓際に置くことで、エアコンの風を感じにくくなりますし、お部屋に無駄な空間をなくしている実例です。

壁際にベッドを配置することもできますが、ローテーブルの空間が狭くなってしまいます。テーブルを2つ配置するにはベストなレイアウト方法です。

動線を意識して壁際に配置

特に1Rなど生活に必要な空間が凝縮されている場合、動線を意識してレイアウトするのが大切です。

動線がスムーズだと、お部屋の整理整頓が楽に行えるので、帰りたくなるお部屋をキープすることができますよ。

お部屋に凸凹がある場合、その凸凹を上手に使うのもポイントです。

そうすることで、お部屋全体をスッキリ見せてくれる効果も期待できますよ。縦に長いお部屋の場合、縦のラインを強調すると、広く見せることが可能になります。

ゾーニングを取り入れなくても、お部屋での過ごし方が分かれているのがこちらの実例。

動線ごとにエリアを分けているので、家具などでゾーニングしなくても、自然と区分分けができていますよ。

スッキリとした印象のコーディネートも、動線を意識したレイアウトに。

スムーズに行き来できるので、掃除などが苦になりません。使うカラーを決めることで、お部屋のシンプルさとお洒落さが際立っていますね。

おすすめ商品

ここからは8畳レイアウトに取り入れたいおすすめのアイテムをご紹介いたします。是非イメージしながらご覧くださいね。

ベッドにもなる シェルフ棚・引出収納付フローリング調デザイン小上がり (セミダブル)

床面の上り下りがしやすい高さ23cmのこだわり設計で、ベッドとしても小上がりとしても便利にお使いいただけるセミダブルサイズのベッドです。カラーは2色からお選びいただけます。ベッド下には4杯の引き出し収納スペースと、フリー収納スペース、さらに足元にはシェルフ棚も付いるのでお部屋を常に綺麗に保つことができますよ。

高品質で凛とした佇まい 棚付すのこベッド ダークブラウン (ダブル)

洗練された上質な空間を演出してくれる脚付きベッド。部材や細部の作りまでしっかりとこだわった日本基準を超えたグローバル品質は、お部屋に上質さもプラスしてくれます。ベッド下にはお掃除ロボットも通れる16.5cmの高さがあり、ほこりが溜まりやすいベッド下のお掃除も楽に行うことができます。すっきりとしたデザインなので、窓際などに配置しても圧迫感なくお使いいただけますよ。

レザーが魅せるラグジュアリーな空間 モダンデザインベッド (クイーン)

上質なブラックレザーを全面に使用したベッド。ベッドの裏もレザーが使われているため、間取りによって配置を変えても問題ありません。ふっくらとしたヘッドボードがありますので、TVをベッド正面に配置すれば、TV鑑賞もラグジュアリー感満載でお楽しみいただけますよ。床下はすのこ仕様なので、湿気対策にもぬかりありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、8畳寝室のベッド配置についてご紹介いたしました。実例とレイアウト図を参考にお部屋のコーデを楽しんでみてくださいね。


BED STYLEの公式Instagramでは、皆さんのおしゃれな寝室をご紹介しています♪その他にも、おすすめの商品や建築士によるインテリアコーディネート解説をアップしています!インテリア好きの方は要チェックですよ。ぜひいいね&フォローをお願いいたします♡

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. モダンインテリアにはどんなベッドが合う?おすすめのベッドをご紹介

  2. モノトーンのお部屋をおしゃれに見せる寝具とは?おすすめ寝具5点

  3. 【一人暮らしのお部屋で使っていただきたい寝具】おすすめ商品5点も

  4. 可愛いお部屋にはどんな寝具が似合う?選び方&おすすめ寝具5点

  5. シングルサイズの羽毛布団で今日も暖かい♡選び方&おすすめ商品5点

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

PAGE TOP