寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 21568 view

【8畳レイアウト】ワンルーム一人暮らしにおすすめのお部屋実例

一人暮らしに多い「8畳ワンルーム」。そんなお部屋を少し窮屈に感じてしまう方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方に朗報です!実は、8畳のワンルームでもレイアウト次第で広く快適に見せることができるのだとか。本記事では、お部屋が広く見えるレイアウトとおしゃれな実例をご紹介いたします。ぜひお部屋づくりの参考にしてみてください♪

【ベッドのサイズ別】8畳の寝室レイアウト

ベッドのサイズによって同じ8畳のお部屋でもレイアウトが変わってきます。まずはじめに、ベッドのサイズ別にレイアウトをご紹介いたします。想定されているベッドサイズだとどんなお部屋になるのか、イメージしてみてくださいね。

8畳×シングル

こちらは一人暮らしでよくあるパターンのシングルベッドを置いた8畳ワンルームです。およそ横幅100cm×長さ200cmのシングルベッドは、1人で寝るのにぴったりなサイズ感となっています。

シングルベッドの場合、ベッドをお部屋の一番奥に配置し、お部屋の手前にリラックススペースを作ることができます。ベッド横にスペースが余った場合はデスクを置いて作業スペースを設けるのも良いですね♪

8畳×セミダブル

セミダブルは、1人で寝るにはとても快眠効果を感じられるサイズ感です。体格の良い方でもゆったりとお休みいただけるのも魅力。

8畳あれば、リビング空間と収納家具、ベッドを置いてもかなりゆとりを感じられると思います。窓側にベッドを置かないことで、お部屋に入った際、奥行きを感じられますよ。ワンルームでもおすすめのレイアウト方法です。

8畳×ダブル

ダブルベッドを8畳に入れるのは勇気が必要と思っていませんか?実は8畳あればかなり広々使えるんです。

クローゼット前には幅60cmほどの空間を設けて、収納導線を確保。ワークスペースにTVボードといった生活アイテムを配置しても、お部屋はゆったりとした印象に仕上がります。

8畳×クイーン

クイーンサイズはカップルでもゆったり寝られるサイズなので、2人で寝る際に取り入れる場合も多くあります。その場合は、寝室空間専用にすると◎。

しかし8畳あればTVボードやちょっとした収納家具を置いても広さを感じられますので、二人の共通アイテムを収納する家具を置くことも可能ですよ。

8畳×キング

寝室メインの部屋にしたい!という時には、キングサイズもおすすめです。広々としたベッドは快眠につながりますので1人でも2人でも、セレクトしたくなるサイズ。

キングサイズをセレクトしても、ドレッサーやナイトテーブルも置くことができ、インテリアを楽しむことが可能です。

8畳の寝室インテリア実例

ベッドのサイズ別コーデがイメージできたところで、お洒落な8畳インテリア実例をご紹介いたします。ぜひお好みの実例を探してみてくださいね。

他の家具でゾーニング

今やお家で働くがデフォルトになってきましたよね。

そんな方におすすめなのが、デスクで寝室空間を分ける方法です。収納も付いているデスクを選べば、デスク周りをスッキリさせることができますね。

こちらは、収納家具でリビング空間と寝室を分けている実例です。

ベッドとデスクが向かう向きをそろえることで、視界にベッドが入りにくくなっていますよね。来客時にプライベート空間をあまり見せたくない。という場合にもおすすめです。

背の低い収納家具でゾーニングをすると、お部屋を広く見せてくれます。

お部屋の中に様々な家具を置く予定がある場合は、お部屋の中央にゾーニング家具を置く際高さを意識してみてくださいね。

窓際に配置

窓際にベッドを置くと、朝爽やかに起きることができ1日の始まりが楽しくなりますよね。

高さを抑えたベッドなら、窓の開け閉めに支障を出しにくいのでお勧めですよ。

大きな窓際にベッドを配置して、縦長のお部屋を印象付けることができます。お部屋を広く見せる効果も期待できますよね。

そのほかの家具とカラーを合わせてセレクトすれば、お部屋の統一感もUPしますよ。

窓際に置くことで、エアコンの風を感じにくくなりますし、お部屋に無駄な空間をなくしている実例です。

壁際にベッドを配置することもできますが、ローテーブルの空間が狭くなってしまいます。テーブルを2つ配置するにはベストなレイアウト方法です。

動線を意識して壁際に配置

特にワンルームなど生活に必要な空間が凝縮されている場合、動線を意識してレイアウトするのが大切です。

動線がスムーズだと、お部屋の整理整頓が楽に行えるので、帰りたくなるお部屋をキープすることができますよ。

お部屋の形を考えて家具を配置するのもポイントです。

縦に長いお部屋の場合、縦のラインを強調すると、広く見せることが可能になります。そうすることで、お部屋全体をスッキリ見せてくれる効果も期待できますよ。

ゾーニングを取り入れなくても、お部屋での過ごし方が分かれているのがこちらの実例。

動線ごとにエリアを分けているので、家具などでゾーニングしなくても、自然と区分けができています。

スッキリとした印象のコーディネートも、動線を意識したレイアウトに。

スムーズに行き来できるので、掃除などが苦になりません。使うカラーを決めることで、お部屋のシンプルさとお洒落さが際立っていますね。

8畳レイアウトに取り入れたいおすすめ商品

ここからは8畳レイアウトに取り入れたいおすすめのアイテムをご紹介いたします。ぜひイメージしながらご覧くださいね。

ベッドにもなる シェルフ棚・引出収納付フローリング調デザイン小上がり

床面の上り下りがしやすい高さ23cmのこだわり設計で、ベッドとしても小上がりとしても便利にお使いいただけるベッドです。カラーは2色からお選びいただけます。ベッド下には4杯の引き出し収納スペースと、フリー収納スペース、さらに足元にはシェルフ棚も付いるのでお部屋を常に綺麗に保つことができますよ。

高品質で凛とした佇まい 棚付すのこベッド ダークブラウン

洗練された上質な空間を演出してくれる脚付きベッド。部材や細部の作りまでしっかりとこだわった日本基準を超えたグローバル品質は、お部屋に上質さもプラスしてくれます。ベッド下にはお掃除ロボットも通れる16.5cmの高さがあり、ほこりが溜まりやすいベッド下のお掃除も楽に行うことができます。すっきりとしたデザインなので、窓際などに配置しても圧迫感なくお使いいただけますよ♪

レザーが魅せるラグジュアリーな空間 モダンデザインベッド

上質なブラックレザーを全面に使用したベッド。ベッドの裏にもしっかりレザー加工が施されているため、どんなレイアウトにも対応が可能となっています。ふっくらとしたヘッドボードが付いているので、TVをベッド正面に配置すればTV鑑賞もラグジュアリー感満載でお楽しみいただけます♪床下はすのこ仕様なので、湿気対策にもぬかりありません。お洒落で使い勝手バツグンのアイテムです♪

スペースを最大限に有効活用しませんか 天然木脚パイプベッド ミドルタイプ

一人暮らしのワンルームなどスペースが限られているお部屋におすすめしたいのがこちらのアイテム。ベッド下に大型の収納ペースが作れるこちらのスチールベッドです。通常のベッドより高さのあり、ベッド下には衣類収納ボックスなどに季節物の衣類などを入れ収納しておくのにちょうどいいスペースとなっています。床板部分がメッシュ式になっているため、通気性もバツグン♪

モダンで上質なデザイン モダンデザイン引出し収納ベッド

こちらはホテル気分をご自宅でお楽しみいただける収納付きベッドです。清潔感のあるホワイトカラーで、お部屋を明るく開放的に見せることができます。ベッド下スペースにはたっぷりものを収納できる引き出し付き!これでお部屋も綺麗に片付きそうですね!

シンプルイズベスト 宮・USBポート・コンセント付きフロアベッド

こちらはシンプルなデザインが特徴のフロアベッド。高さを抑えることでより開放的なお部屋を演出してくれます。ヘッドボードにはスマホの充電等ができるコンセント付き。また床板部分にはすのこ構造を取り入れるているため、通気性にも優れているのもポイントです。すのこは軽い作りになっているため、華奢な方でも簡単に取り外しができます♪

大人のリラックス空間 リクライニング機能付モダンデザインローベッド 

上質なファブリックとレザーの組合せがスタイリッシュなこちらのベッド。高さを抑えた構造と重圧感のあるデザインが解放感のあり優雅なお部屋を演出してくれること間違いなし♪毎日のベッドルームがまるでホテルで寛げるようなお部屋に大変身しますよ!ヘッドボードには7段階のリクライニング機能付きで、ソファとしてもご使用いただけます♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、8畳寝室のベッド配置についてご紹介いたしました。実例とレイアウト図を参考にお部屋のコーデを楽しんでみてくださいね。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【来客用布団セットの選び方】コンパクトで人気のおすすめ14商品

  2. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  3. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP