寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 81506 view

【徹底検証】掛け布団は軽いほうが良い?重いほうが良い?

掛け布団を選ぶとき、「軽いほうが気持ち良く眠れそう」というイメージはありませんか?実は逆で、重い布団のほうが質の高い睡眠が得られるんです。意外な感じもしますが、今回はその理由を見ていきましょう。最初に、BED STYLEおすすめの掛け布団をご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!

体にフィットするおすすめの掛け布団

最初に、ボリュームたっぷりの掛け布団、そして、軽くても暖かく、体に優しくフィットするおすすめの商品をご紹介します。

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名サイズ・おすすめポイント
北欧モダンスタイル 毛布掛布団
高吸湿発熱わた入り ボリューム3倍タイプ
✔サイズ:幅全5サイズ×長さ210cm
✔おすすめポイント:
6層ミルフィーユ構造になっていて暖かく肌触りも極上
軽くてあたたか 9色から選べる
シンサレート入り掛け布団
✔サイズ:幅全5サイズ×長さ210cm
✔おすすめポイント:
毛よりも約2倍もあたたかいシンサレ-ト入り
20色から選べる羽根布団
8点セット ベッドタイプ
✔サイズ: 幅全3サイズ×長さ210cm(掛布団)
✔おすすめポイント:
カラーは20色から選べる
アレルゲンの発生を抑える 日本製
洗える抗菌・防ダニ掛け布団
✔サイズ:幅全3サイズ×長さ210cm
✔おすすめポイント:
中材には抗菌防臭や防ダニなどの効果を 高機能素材使用
洗濯機で洗えるエクセルゴールド
ラベルフランス産ダウン90%
✔サイズ:幅150×長さ210cm(シングル)
✔おすすめポイント:
夏は通気性に優れ冬は保温力を高めるので一年中快適

北欧モダンスタイル 毛布掛布団 高吸湿発熱わた入り ボリューム3倍タイプ

今より重くてフィット感のある掛け布団をお探しの方には、こちらの商品がおすすめです。毛布と掛け布団が一体となっており、これ一枚で寒い冬もぽっかぽか!

6層ものあったか素材が熱を逃さず、気持ち良い肌触りを実現しています。

軽くてあたたか 9色から選べる シンサレート入り掛け布団

「軽くて暖かい」素材には、羽毛の他にシンサレート™というポリエステル100%の高機能中綿素材があります。

複雑に絡み合った繊維は断熱性が高く、羽毛の約2倍の保温力があると言われます。秋冬の新しい定番として迎え入れてみてはいかがでしょうか?

💭 「シンサレート入り掛け布団」の口コミ

暖かくて軽くて使い心地は抜群です!猫がいるので洗えるのもいいですね。

20色から選べる羽根布団8点セット ベッドタイプ

ベッドタイプのカラーは、お部屋や好みにあわせて選べる20色をご用意♪さらに羽毛布団8点セットと内容も充実しています。

ふわふわたっぷりのスモールフェザーを採用しており、外気の変化に合わせて熱や湿気の吸収・発散を繰り返します。

💭 「羽根布団8点セット」の口コミ

布団は、薄めですが、とっても暖かで満足しております。

アレルゲンの発生を抑える 日本製 洗える抗菌・防ダニ掛け布団

お子さまのいるご家庭におすすめしたいのが、こちらの掛け布団です。

こちらは、中材に吸水速乾、抗菌防臭、防ダニ、ノンダストなど優れた効果をあわせ持つ高機能素材「東洋紡フィルハーモニィ」というわたを使用しています。

洗濯機で洗えるエクセルゴールドラベルフランス産ダウン90% 

高品質なフランス産ダウンを90%も使用しているした羽根薄掛け布団です。

この羽根掛け布団は洗濯機で丸洗いすることができるため、毎日清潔にお使いいただくことができます。

掛け布団の重さ

一般的な掛け布団(シングルサイズ)の重さの目安はこのようになっています。羽毛と木綿を比べると、3倍もの違いがあることがわかります。

ポリエステル2kg前後
羽毛布団(ダウン50%以上)
1~1.3kg
羽根布団(ダウン50%未満)1.3~1.5kg
木綿布団4kg前後

掛け布団はなぜ重い方が良い?その理由

最近ではわざと重さを出した布団も販売されていますが、なぜ重い掛け布団が良いのか?その理由には次のようなものがありました。

抱かれているような安心感

夏でもタオルケットをお腹に掛けないと落ち着かない…という方も多いのではないでしょうか?人間はほどよい圧迫を受けることで、包まれているような安心感が得られると言われています。

この圧迫刺激によって「抱擁(ほうよう)ホルモン」とも呼ばれるオキシトシンが分泌され、不安やストレスを和らげリラックスできるのです。

体に密着するのであたたかい

その重みで体に沿うようにピタッと密着するので、保温性がアップします。肌に直接触れるため中綿が天然素材のものを選ぶと、さらに快適に使えますよ。

軽い布団でも、羽毛布団のように体に密着するような布団であれば、同じようにあたたかく包まれているような感覚が得られます。

不眠の症状を和らげる

2015年にスウェーデンの睡眠研究所で不眠を抱える人が、2週間重いブランケットを使用する実験が行われました。1週間は今までどおりに眠ってもらい、その後2週間は重いブランケット使用、そし最後の1週間はまた今まで通りに眠ることで、睡眠にどのような違いが出るかを検証しました。

すると、重いブランケットを使用した2週間は、落ち着いて眠れた・睡眠時間が伸びた・夜中の動きか減ったなど睡眠によい影響がみられたそうです。

この実験結果から、重い布団の使用には不眠症状を和らげる効果が期待できると分かります。

軽い掛け布団が向いている人は?

「重い布団ってなんだか肩がこりそうだし、軽いほうが体への負担が少なくて開放的に眠れそう」と思う方もいらっしゃるでしょう。そこで、軽い布団がどんな人に向いているのかも確認しておきましょう。

扱いやすい布団がほしい方

重い布団を持ち上げて運ぶのは、なかなか大変だったりしますよね。軽い布団のメリットとして、収納の際の出し入れのしやすさや布団を干すときの負担の少なさが挙げられます。

そのため、布団を移動する機会が多かったり、ベッドメイキングの際に扱いやすい布団をお探しの方には軽い布団がおすすめです。

布団の重さが気になって眠れない方

重い布団の方が良いと言われてはいますが、その重みに圧迫感を感じて眠れない方には軽い布団がおすすめです。軽くても暖かい羽毛布団なら、息苦しさを感じることなく眠れます。

羽毛布団に詰められている羽毛は、品質が良いものほど羽毛ひとつひとつにボリュームがあると言われています。同じ重さでも品質がよく暖かい羽毛布団は、ボリューミーでありながらふんわり軽いのが特徴です。

掛け布団は肌にふれる部分にも注目しよう!

掛け布団は肌にふれるものだからこそ、中綿だけではなく生地にも注目して選ぶようにしましょう。布団の生地に使われることが多い素材は「綿(ウール)」と「ポリエステル」の2つです。

柔らかい素材がよいのか、洗濯した際に乾きやすい素材がよいのかなど下の表を参考にしながら選んでみてください。汗をよくかく方は、吸湿性が高い綿(コットン)を選ぶのがおすすめです。

素材柔らかさ吸湿機能乾きやすさ
綿(コットン)
ポリエステル

【まとめ】掛け布団は自分に合った重さを選びましょう

いかがでしたか?重たい布団は安心感が得られたり保温性がアップし包まれている感覚があったりと、睡眠によい影響があることがわかりました。現在軽い布団を使っていて十分に眠れていないという方は、重い布団に切り替えてみるのも良いでしょう。ただし、新しく布団を購入する場合は、人によって軽い布団の方がよかったりと好みが分かれるので、自分に合った重さや素材を見極めて選びましょう♪

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 子供用に清潔で上質な布団を選ぼう!おすすめ商品5点も紹介

  2. 黄色を散りばめた元気の出る寝室実例!海外のイエローインテリア

  3. 【オールシーズン使える掛け布団】人気のダウンケットをご紹介!

  4. オレンジでビタミン注入!オレンジづくしの寝室実例をご紹介

  5. 【9畳10畳の寝室】部屋を広々使えるワンルームインテリア実例

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP