寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 593 view

ベッドに合うスプリングマットレスを探す!選び方&おすすめ商品5選

せっかくいいベッドを購入したら、それに合うマットレスも欲しい。そう思っている方も多いでしょう。ベッドだけではなく、マットレスも快適なものでないと、気持ちよく寝られませんから当然の願いです。

そこで今回は、ベッド用のスプリングマットレスのご紹介をします。ぜひ参考になさってください。

ベッド用スプリングマットレスの種類

まずベッド用スプリングマットレスの種類をチェックしてみましょう。大きく分けて3種類あります。

ポケットコイルマットレス

ベッド用スプリングマットレスのうち、ポケットコイルマットレスは、一つ一つのスプリングが小さな不織布の袋で包まれています。

そのため、点で体をサポートし、体の出っ張った部分や重い部分に加わる圧力を適度に分散してくれます。

また、スプリングが別々になっているので、振動が伝わりにくくなっています。2人で一緒に寝ても、これなら相手の迷惑になりにくいです。

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスは、ポケットコイルマットレスと様相が違って、スプリング同士が連なっています。体を面で支えてくれるので、しっかりとした寝心地が得られます。

内部構造もスプリングが並んでいるだけなので、通気性が非常にいいです。湿度が高い季節や場所でも、気持ちよくお休みいただけます。

高密度スプリングマットレス

高密度スプリングマットレスは、ボンネルコイルマットレスのスプリングの密度を高くしたものです。マットレス全体で身体をしっかり支えてくれます。体重による沈み込みも少ないです。

そのため、硬めの布団が好きな方や柔らかいマットレスが苦手な方も使いやすくなっています。寝返りが多い方、腰痛持ちの方にもおすすめです。

ベッド用スプリングマットレスの選び方

ベッド用スプリングマットレスの種類を見てみましたが、どのようなポイントに注意して選べばいいでしょうか。いくつかのポイントをアドバイスしましょう。

サイズ

ベッド用スプリングマットレスのサイズは自分にぴったりものでないといけません。大きすぎるとベッドからはみ出してしまい、小さすぎると窮屈です。

では、どのくらいの目安がいいかというと、長さは身長に20~25cmを加えたもの、幅は肩幅の3倍ぐらいがおすすめです。

寝心地

ベッド用スプリングマットレスの種類によって、寝心地も変わります。実際の寝心地は使ってみてからでないとわかりませんが、一般的にはポケットコイルマットレスは体にフィットしやすい柔らかい寝心地、ボンネルコイルマットレスは硬い寝心地と言われています。

コイル数

コイル数(スプリング数)が多いと、点で体を支える部分が増えるので、より体圧分散性に優れていると言えます。

シングルサイズのボンネルコイルマットレスでは、200本程度のコイルスプリングを使用。ポケットコイルマットレスの場合は普通400~600本のコイルスプリングが使われています。

寝心地にしっかりこだわりたい方は、こちらよりコイル数が多いマットレスを選ぶようにしましょう。

硬さ

ベッド用スプリングマットレスの硬さも寝心地を左右します。どのような硬さがいいかは個人の好みにもよりますが、体重、年齢、体質、1人で寝るか2人で寝るかなどによって選んでいくことになります。

ベッド用スプリングマットレスの特徴

続いて、ベッド用スプリングマットレスにはどのような特徴があるのか見てみましょう。

寿命と耐久性

ベッド用スプリングマットレスの種類にもよりますが、ウレタンマットレスよりは耐久性があり、寿命も長いです。

上質なものでは、10年以上使えます。その理由ですが、スプリング部分がへたりにくく、劣化しにくいからです。

通気性

ベッド用スプリングマットレスの通気性は非常にいいです。特にボンネルコイルマットレスは、中にスプリングが連なっているだけですから、空気の通り道ができて、蒸れにくいです。

異音の発生度合い

異音でいうと、ポケットコイルマットレスの方がボンネルコイルマットレスよりも少ないです。

マットレスのきしみ音が気になるという方は、ポケットコイルマットレスの方がおすすめできます。

横揺れ具合

横揺れ具合もポケットコイルマットレスの方が少ないです。2人で寝る場合には、ポケットコイルマットレスの方が快適です。

ただ、適度な硬さがあった方がいいという方は、ボンネルコイルマットレスを選びましょう。

おすすめの商品

ここからは、ベッド用スプリングマットレスのおすすめ商品を紹介します。BED STYLEの数多くの在庫から厳選の品を選んでみました。

体にフィット ポケットコイル スプリング マットレス

体に柔らかくフィットするポケットコイルマットレスです。寝ていても体を圧迫せず、理想の寝姿勢をキープできます。コイルは一つ一つ別々になっているので、隣に振動が伝わりにくくなっています。そのため、2人で寝てもお互いの状態が気になりません。座るとや柔らかいかなと感じるかもしれませんが、寝てみると体をしっかりと支えてくれます。コイル数は450~660個で、程よい硬さが体に心地よいです。

使いやすい 薄型ポケットコイルスプリングマットレス

こちらは薄型のポケットコイルマットレス。厚さは10cmで、ロフトベッド、二段ベッド、ハイベッドなどでも安全にお使いいただけます。お部屋にも圧迫感を与えず、開放感さえあります。薄型マットレスだと底付き感があるのではと心配される方もいますが、本商品は耐久性の高いスプリングコイルを使用し、ふわっとしたソフトな寝心地になっていますよ♡コイルは並行配列でへたりにくく、体圧分散性にも非常に優れています。

両面仕様 ロール梱包ボンネルコイルスプリングマットレス

沈み込みやすいマットレスは苦手という方におすすめのボンネルコイルマットレスです。適度な硬さと弾力性があり、体をしっかりサポート。感覚としては、畳に布団を敷いているような感じです。布団生活が長かった人でも安心してお休みいただけます。体をマットレス全体で支える構造のため、一つ一つのスプリングへの負荷が少なく、耐久性が非常によくなっています。フェルトとウレタンを重ねたクッション層のお陰で、やわらかい使い心地です♪

両面ふっくら フランスベッド社製 ゼルトスプリングマットレス

良質な寝心地を求めている方におすすめの高密度スプリングマットレスです。縦ヘリカル構造とミラーコイル構造により、寝返りも打ちやすく、体圧も分散してくれます。ゼルトスプリングという強い素材を使用。品質と安定性がアップし、さびにくく長持ちするマットレスに仕上がっています♪マットレスのへたりを気にしている方も安心して使用できますよ。両面仕様になっていて、クッション性や保温性もよく、とても優秀なマットレスです。

適度な弾力性 ホテル品質 ボンネルコイルマットレスベーシックタイプ

ホテルでも使われるほどの高品質なボンネルコイルマットレスです。厚さは20cmで、内部は9層構造。やや硬めのマットレスがしっかりと体を支え、安定感のある寝心地をもたらします。コイルは8万回もの耐久テストを通過しているので、長い間愛用していただけます。ボンネルコイルということもあり、中には湿気がこもりにくいです。湿気対策にはぴったりなマットレスです。表面はニット生地で、身体によくフィットし、ふわふわとした肌触りになっています。

まとめ

ベッドにどんなマットレスを敷いたらいいか、迷うこともあります。いろいろなマットレスが販売されていて、選択も大変でしょうが、選び方のポイントを押さえておけば、いいものが探せます。今回はそんなマットレスのうち、スプリングタイプの特集をしました。併せて、おすすめ商品もご紹介したので、ぜひ購入の選択肢に入れてみてください。


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  2. 【8畳レイアウト】ワンルーム一人暮らしにおすすめのお部屋実例

  3. すのこベッドで快適なグランピングを☆レトロな空間でくつろげる「昭和ふるさと村」様に低床ベッ…

  4. 【実例から学ぶ】押し入れ収納のコツとおすすめ収納アイテム☆

  5. 女子にもおすすめ!素材別おすすめDIYベッド&作る時のポイント

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP