寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 755 view

【クイーンベッドのマットレス】選ぶコツ&おすすめマットレスを紹介

マットレスってどうやって選べばいいの?」こんなお悩みはありませんか?通販でベッドを購入する時は、店頭での購入と違い実際の寝心地を試すことができないですよね。そんな方のために、この記事ではマットレスの特徴や選ぶコツ・おすすめのマットレスをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

クイーンベッドのサイズとは

まずはじめに、クイーンベッドのサイズはどのくらいなのか見てみましょう

クイーンベッドのサイズ

一般的なクイーンベッドのサイズは、幅「160cm」長さ「195cm」です。実は、セミシングルベッド「幅80cm」を2台並べた大きさと同じになります。セミシングルはベッドの中でも一番小さいサイズで1人用のサイズですので、クイーンベッドは2人用・もしくは1人でゆったり寝たい方におすすめのサイズです。

ダブル・キング・ワイドキングとの比較

他のサイズと比較してみましょう。

ダブルベッド

クイーンベッドよりもワンサイズ小さいベッドです。「幅140cm」となっており、1人でゆったり寝たい方におすすめサイズです。2人で寝るには少し狭く感じる方もいるかもしれません。

キングサイズワイドキングサイズ

キングサイズはクイーンベッドよりもワンサイズ大きいベッドです。「幅180cm」となっており、セミシングルサイズ「80cm」シングルサイズ「100cm」を2台並べた大きさと同じになります。ご夫婦2人で・子供と一緒に寝る事ができるサイズです。

ワイドキングサイズはベッドの組み合わせによって幅が変わってきます。

・ワイドキング200:シングルサイズ「100cm」+シングルサイズ「100cm」
・ワイドキング220:シングルサイズ「100cm」+セミダブルサイズ「120cm」
・ワイドキング240:セミダブルサイズ「120cm」+セミダブルサイズ「120cm」
・ワイドキング260:セミダブルサイズ「120cm」+ダブルサイズ「140cm」
・ワイドキング280:ダブルサイズ「140cm」+ダブルサイズ「140cm」

クイーンベッドはこんな人におすすめ

クイーンベッドは、1人で広々くつろぎたい方、2人でゆったり寝たいご夫婦におすすめのサイズです。また、子供が小さいうちは親子3人で寝る事もできますよ。レザーベッドなどソファとしても使えるクイーンベッドもありますので、ベッドもソファも両方欲しいという方にもおすすめです。

マットレスの種類

マットレスには様々な種類があります。クイーンベッドに使用されるマットレスの一部をご紹介します。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスとは、マットレスのクッション部分に入っているスプリングコイルが、1つずつ不織布に包まれて独立している構造になっています

マットレスの体圧分散性が低いと、血液が一部分に滞り寝返りの回数が増えるため睡眠の質が悪くなりますが、ポケットコイルマットレスは体圧分散に優れています。体のラインに沿って点で支えるため、体重がかかる部分は深く、軽い部分は浅く沈みます。また、コイルが独立しているため寝返りをした時の振動が少ないこともメリットです

2人で寝る時はお互いの振動を感じにくいポケットコイルマットレスがおすすめです。

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスとは、コイルが連結している構造になっています。体を点ではなく面で支えるため、耐久性が高いというメリットがあります。またコイルの数が少ないため、価格が安いという面で人気です。

一方でコイルが連結しているため寝返りなどの振動を感じやすいです。

2人でクイーンベッドに寝る場合には、それぞれセミシングルサイズのマットレスにするといいでしょう。

マルチラススーパースプリングマットレス

フランスベッドの高級品に使われるマットレスで、硬めの寝心地です。スプリングの数が多く、コイル1つにかかる負担が少ないため耐久性に優れています。ポケットコイルのコイル数がセミシングルで350個だとすると、こちらのマットレスは648個と約2倍になっています。極上の寝心地にこだわりたい方におすすめです。

羊毛入りデュラテクノマットレス

天然繊維の羊毛は、夏は涼しく冬は暖かい寝心地になります。クッション性があり寝心地も抜群で、弾力性・通気性・吸水性にも優れています。更に快適な寝心地をお求めの方におすすめです。

マルチラスダブルデッキスプリングマットレス

ダブルという名前の通り、スプリングを2段重ねることでさらに弾力性が高くなっているマットレスです。クッション性・耐久性に優れた構造になっています。

ゼルトスプリングマットレス

寝返りがしやすく、しなやかな弾力の心地いい硬さで、腰が沈まない体圧分散ができる構造になっています。さびにくい国産のスチールワイヤーを使っているため耐久性に優れており、空気が流れやすい構造になっているため湿気がこもりにくくカビの発生を防ぎます。

クイーンベッドのマットレスを選ぶポイント

クイーンベッドのマットレスを選ぶ際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

クイーンサイズ1枚orセミシングル2枚

レザーベッドなど1台に2人寝る場合や、2台のベッドを連結させて寝る場合など、ベッドの種類によってマットレスが変わってきます。ボンネルコイルマットレスは寝返りの振動を感じやすいので、この場合は2枚のマットレスに分けた方がいいでしょう。

連結ベッドの場合はマットレスも2枚にすると良いですよ。ベッド分割時にマットレスも同時に分割でき、セミシングルベッド2台として使うことができるからです。

マットレスの硬さ

マットレスの硬さは、「ソフト」「普通」「かため」などに分かれます。硬さ別に見てみましょう。


ソフト:プレミアムポケットコイル
普通:スタンダードポケットコイル・プレミアムボンネルコイル
かため:スタンダードボンネルコイル・マルチラススーパースプリング・ゼルトスプリング

ボンネルコイルは布団の寝心地に近いと言われています。また、体重が軽い方や横向きで寝る方は深く沈むソフト、体重が重い方や仰向けで寝る方はかためが合いやすいとも言われています。お好みの硬さを探してみてくださいね。

マットレスの厚さ

マットレスの中の構造は、側地・詰め物・クッション層からできています。中のコイルの高さや詰め物でマットレスの厚さが変わってきます。コイルの高さが高ければクッション性がありやわらかい寝心地、低ければ硬めの寝心地になります。

大容量の収納ができる収納ベッドを置くと、高さからお部屋に圧迫感を感じる方もいることでしょうその場合は厚さ20cm以下の薄型のマットレスを選ぶといいです。

体圧分散

臀部や肩甲骨、肩など、体の出っ張った部分がマットレスにあたり負担がかかります。できるだけ1カ所にかかる圧力を分散した方がぐっすり眠れます。そのため、夜中に何度も寝返りをして眠りが浅い方は体圧分散に優れたポケットコイルマットレスなどを選ぶといいでしょう。

肌に触れる側地の素材

マットレスの主な側地はポリエステルです。吸水性に優れ、シワになりにくいという特徴から使われています。他にも、シルクが配合されたニット生地を使用しているものがあり、伸縮性に優れやわらかい触り心地で体にやさしくフィットします。

コイルの種類・数

一般的なコイルは「ボンネルコイル」「ポケットコイル」「高密度連続スプリング」という種類があります。

「ボンネルコイル」はコイルの量が少ないためコストが低いとうメリットがあります。コイルの数が多いほど体圧分散ができマットレスの耐久性も高くなります。

ポケットコイル」の数はセミシングルで350個以上、シングルで450個以上を目安として選ぶといいでしょう。

ウレタンの通気性・弾力

中材のウレタン部分には、一般的なウレタンの他に通気性のいいウレタン・弾力性に優れたソフトウレタン・高密度ウレタンを使用しているものがあります。寝返りがしやすくよりよい寝心地をお求めの方はコイルだけでなく中材にもこだわって探してみるのもいいですね。

抗菌・防臭・防ダニ加工

日本製のベッドには抗菌・防臭・防ダニ加工がされているものがあります。寝ている間にコップ1~2杯の汗をかくと言われており、高温多湿の日本だからこそマットレスを長く清潔に使い続けるためにこだわりたいポイントですね。

生産国

国産のマットレスにこだわる方もいることでしょう。マットレス自体が国産のものや、カバーのみが国産のものもあります。国産になると少し価格が高くなりますが、安心した素材にこだわりたい方は生産国も要チェックです。輸入マットレスにはない抗菌・防臭のフェルトが使用されていますので、子供が一緒に寝る場合におすすめです。

品質保証期間

品質保証期間は1年~10年など様々です。ポケットコイルマットレスは部分的な耐久性が低いため、数年でへたれてしまうこともあります。価格の安いものは品質保証期間も短いものが多いので、安易に低価格のものを購入しないように注意も必要です。

クイーンベッドとマットレスセットのおすすめ商品

マットレスがセットになったクイーンベッドのおすすめ商品をご紹介します。お好みのクイーンベッドとマットレスを探してみて下さいね。

アイディア詰まった すのこ構造脚付きマットレス ボトムベッド

マットレスベッドとは、マットレスに脚が付いたシンプルなベッドです。比較的低価格のため、ベッドはコストを抑えてこだわりのマットレスを選ぶ方も多いようですよ。こちらのベッドもフランス社製の高級マットレスを選ぶことができます。通気性のいいすのこ構造になっており、大型のクイーンサイズには嬉しい分割式のベッドになっているため女性でもラクに運べる軽さになっています。

美しく贅沢に リクライニング機能付モダンデザインローベッド

ヘッドボードにリクライニング機能が付いているロータイプのベッドです。8段階のリクライニングを調節して優雅なひと時をお過ごしください。日中にもベッドの上で過ごす時間が長いからこそマットレスにもこだわりたいですよね。クイーンサイズのマットレスは7種類からお選びいただけます。高さが低いローベッドは圧迫感が少なく開放的なお部屋作りができます。

選べる2タイプ コンパクトに収納できる連結ファミリーベッド

収納部分の種類は2タイプから選べます。衣類や小物などを収納しやすい引き出し3杯のタイプ・引き出し1杯とカーペットなどの長物を収納できるタイプがありますので、生活スタイルに合わせてお選びください。国産カバーポケットコイルマットレスをセットでお選びいただくと、取り外して洗濯ができるため清潔に保つことができますよ。

優雅な空間へ モダンデザイン・高級レザー・デザイナーズベッド

こちらのレザーベッドは寝心地と過ごしやすさにこだわった構造になっています。床板はウッドスプリングを使用しているため、マットレスの体圧分散性を高め通気性も抜群です。レザーベッドは1人で優雅に寝たい方や夫婦2人で一緒に寝たい方におすすめで、2人で寝るのであればお互いの寝返りで振動を感じないようにポケットコイルマットレスなどがおすすめです。また、ソファのように腰掛けて使うことが多い方は耐久性のあるマットレスを選ぶことをおすすめします。

長く使えて家族に優しい 大型モダンフロアベッド

2つのベッドを連結することでファミリーベッドになります。高さの低いフロアベッドですのでベッドから落ちても怪我の心配がなく、小さなお子様がいる家庭におすすめです。高さによる圧迫感を感じにくいのでお部屋が広く感じますよ。フロアベッドは、床・床板・マットレスに隙間がないため湿気がこもりやすくなります。そのため、通気性のいい「ボンネルコイル」「ゼルトスプリング」がおすすめです。

まとめ

マットレスの種類は様々で、寝心地だけでなく耐久性や通気性なども考慮して購入したいですね。クイーンサイズのベッドは、2つのマットレスに分けることでお互いの振動を感じにくくなります。お好みのベッドやマットレスの硬さを組み合わせて快適な睡眠を取りましょう。この記事がマットレス選びの参考になれば幸いです。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP