寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 3076 view

夫婦の寝室をゆるく仕切る!パーテーションでぐっすり快眠♪

夫婦が同じ寝室で寝ていると、「いびきがうるさい」「生活リズムがちがう」など、お互い快適に寝られないとの声も聞きます。そこでおすすめしたいのが、寝室にパーテーションを設置すること!今回は夫婦の寝室をゆるく仕切れるパーテーションについて解説します。

寝室が同じ夫婦にありがちな悩み

「夫婦は寝室を共にするもの」との考えから、夫婦一緒に寝ている方もいるでしょう。しかし実は、夫婦一緒に寝るとさまざまな悩みが生まれがちです。具体的にどんなケースがあるのでしょう?

相手のいびきがうるさい

まずよく聞くのが、相手のいびきや歯ぎしりなどが気になるケースです。

特に結婚するまで一人暮らしだったり、1人部屋で寝ていたりした場合、誰かと一緒に寝ることに慣れていません。その上相手にいびきや歯ぎしりがあったら、ストレスを感じてしまいますね。

生活リズムがちがう

どちらかに夜勤がある、1人は朝型でもう1人は夜型など、2人の生活リズムがちがうとストレスに感じやすくなります。

特に一緒のマットレスで寝ている場合、「相手がベッドに入り込むときの振動で起こされてしまった」なんてことも。逆に相手を起こさないように、毎晩気を使うことに疲れてしまうケースもあります。

プライベートな時間がほしい

寝る前に本を読みたい、アロマでリラックスしたいなど、寝る前の習慣は人それぞれ

「1人でゆっくりプライベートタイムを楽しみたいのに、相手がすぐ近くにいるからリラックスできない」との悩みを持つ方もいます。

エアコンの温度設定で揉めがち

日本の夏は蒸し暑く、夜でもエアコンが欠かせません。しかしエアコンの設定温度も、夫婦が揉める原因になりがちです。

一般的に、男性がエアコンの温度を低く設定するため、女性が寒くてツラく感じるパターンが多いようです。

夫婦の寝室の悩みにパーテーションがおすすめ!

寝室にパーテーションを設置すると、寝室内でゆるくスペースを分けられます。同じ寝室にいながら、夫婦別室のよさが取り入れられるんですよ!どんなときにパーテーションがおすすめなのか、挙げてみました。

夫婦のコミュニケーションは大切にしたい

最近は共働き家庭が多く、夫婦でゆっくりコミュニケーションを取れるのは寝る前だけ、なんて方もいるでしょう。

お互いの気配が気になってぐっすり寝られない、けれどコミュニケーションの時間は大切にしたい。そんな方にパーテーションがおすすめです。

夫婦別室に抵抗がある

「夫婦とは同じ部屋で寝るもの」との意識から、寝室を分けることに抵抗を持つ方もいるでしょう。そんな場合も、パーテーションなら空間をゆるく仕切れるので、夫婦同室のまま悩みを解消しやすくなります。

いびきなど完全にシャットアウトはできませんが、真横でいびきをかかれるより何倍もマシですよね!

子育て中

まだ小さい子どもがいる夫婦にありがちなのが、「夜中の授乳や夜泣きで相手を起こしてしまうのではないか」という懸念。

夫婦交代で対応している、どうしてもパパが対応できないなど、相手を起こしたくないケースもあるでしょう。そんなときも、パーテーションで寝室を仕切っていると、相手の気配を感じにくくなります。

いざというときに安心

特にシニア世代には、「もしもの際に相手が近くにいないと不安…」と考える方が多くいます。

急に具合が悪くなった、ベッドから落ちて動けなくなったなど、万が一の際に同じ寝室だと、相手に気付いてもらいやすく安心です。

パーテーションの代わりにこんな方法も!

最近はおしゃれなパーテーションもたくさん販売されているので、インテリアの一部として使えます♪またパーテーション以外にも、間仕切りとして使えるものがあります。パーテーション代わりに使えるおすすめアイテムをご紹介します。

カーテンやロールスクリーン

天井に専用のレールを取り付ければ、カーテンやロールスクリーンをパーテーションの代わりにできます。

レースのカーテンなら程よく相手が透けて安心、厚手のカーテンやロールスクリーンなら相手の影やナイトテーブルの光も気になりにくいなど、自分たちに合わせて選べますよ。さらに必要に応じてカーテンやロールスクリーンを開けられるメリットもあります。

収納家具

マガジンラックやチェストなど、収納家具を2台のベッドの間に置いてパーテーションにする方法もあります。もちろん収納家具として使えるので、寝室もすっきり見せられます。

背の高い家具なら互いにしっかり仕切れ、背の低い家具やオープン収納なら相手の気配を程よく感じられます。

まとめ

夫婦が同じ寝室だと、悩みも多いもの。夫婦別室に抵抗がある、余っている部屋がないなど、寝室を分けられなければ、パーテーションを試してみてください!同じ寝室で寝るにしても、それまでより快適にぐっすり寝られるでしょう♪カーテンや家具など、パーテーションの代わりに使えるアイテムもありますので、自分たちに合った方法を取り入れてみてください。


おすすめの商品

BED STYLEや姉妹サイトのCOVEARTHから、夫婦同じ寝室でも快適に寝られるアイテムをご紹介します!同じ寝室で悩んでいる方は、これらのアイテムも参考にしてみてください。

選べる20カラー×54サイズ 防炎・1級遮光カーテン(幅100cm×2枚)

まずは、姉妹サイトのCOVEARTHから、厚手のカーテンをご紹介します。こちらは1級遮光タイプなので、1人がナイトランプを点けていても光がもれにくい仕様です。20カラー展開なので、インテリアに合わせてお選びいただけますよ♪汚れたら洗濯機で丸洗いできます。防炎性もあり、もしもの際も燃え広がりにくく安心です。

片付く飾れる フラップ扉・可動式棚板付きディスプレイラック (2個セット)

寝室のパーテーションとしておすすめの、収納ラックです。こちらは2タイプセットで、タテにも横にも重ねられます。1台ずつ互いの面に向ければ、それぞれ収納としても使えますね。カラーは寝室にも取り入れやすいナチュラル・ホワイト・ダークブラウンの3色をご用意。フラップ扉に雑誌を置いたり、オープン棚に小物を飾ったり、自由にコーディネートできますよ。

省スペースで大容量収納 ミラー付ルーバー折れ戸式ワードローブ

ルーバー式の折れ戸がある大型の衣類収納です。パーテーション代わりに寝室をしっかり仕切れます。横幅120cm、150cmの2サイズをご用意。高さは200cmあるので、コートやワンピースなどもすっきり掛けられますよ。右側は上下2段に分かれており、空間を有効活用できます。洋服のほか、掃除機や季節家電などの収納にもおすすめ。表情の異なる3色からお選びいただけます。

どんな本でも安心安全収納 突っ張り式 究極のこだわり本棚

こちらは天井まである大容量の本棚です。天井高180cm~265cmに対応しています。つっぱり用の部材で天井に固定するので、地震対策も万全!大型サイズながら、奥行き17cmとスリムなので、寝室にもすっきり設置できますよ。上段には落下防止のブックガードが付いています。大型本用・追加用のオプション品も充実しています。

家族全員が寝れる理想の寝床 日本製ポケットコイルマットレスベッド (連結タイプ)

連結タイプのベッドなら、一緒に寝ることも別々で寝ることも可能です。こちらの商品は2台のベッドを組み合わせて使うグランドタイプと1台のベッドが2台に分割されているスプリットタイプの2タイプ展開です。どちらのタイプも連結パーツでしっかり固定できるので、ベッド同士のズレが気になりにくい仕様です。素地は綿100%で肌触り抜群。家族が増えた時も使えるので、ライフスタイルに寄り添い長く使える商品ですよ。

自然な寝姿勢 ホテル品質 ポケットコイルマットレスベーシックタイプ

どうしても夫婦で同じベッドに…。そんな方におすすめなのが、ポケットコイルマットレスです。コイルが1つずつ袋に包まれて独立しており、体のラインに合わせて点で支えます。寝返りを打ったときの振動が相手に伝わりにくいので、気を使わずに済みますよ。こちらはJIS基準の8万回の耐久性テストをクリアした、安心の品質です。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【来客用布団セットの選び方】コンパクトで人気のおすすめ14商品

  2. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  3. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP