寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. たもつ
  2. 129 view

【洗える掛け布団でいつも清潔】洗い方からおすすめ商品5選まで

掛け布団の汚れが気になりませんか。掛け布団は毎日使うものだけに、自然と汚れてきます。そこで選びたいのが洗える掛け布団。気軽に洗濯できて、清潔な状態でお休みいただけます。今回はそんな掛け布団の特集。おすすめ商品もご紹介しますから、いいものを選んで、ぜひ衛生的な状態でお使いください。

掛け布団が洗えるかどうかを決める要素

お使いの掛け布団が洗えるかどうかはいくつかの要素によって決まります。その要素をチェックしてみましょう。

洗っていい掛け布団かどうか?

まずは掛け布団自体が洗っていいものかどうかを見る必要があります。これは洗濯表示で確認できます。

洗濯表示に洗濯機や手洗いマークが出て入れば、OK。×マークになっていれば洗えません。ドライマークが出ているものは、クリーリング屋さんに聞いてみましょう。

洗濯機のサイズが適しているか?

掛け布団が洗濯機で洗えるタイプでも、洗濯機のサイズによっては入らない場合があります

特に大きめのサイズの掛け布団の場合は、家庭用洗濯機に収まらない可能性があるので、注意しましょう。

干すスペースがあるか

洗濯機で掛け布団を洗う、水洗いで掛け布団を洗うとなっても、干すスペースがなければ困ります。

洗濯したら掛け布団を完全に乾燥させる必要があるので、ご自宅に干すスペースが確保できてから洗濯するようにしましょう。

掛け布団を洗う(洗濯機編)

まずは洗える掛け布団を洗濯機で洗う方法を解説しましょう。

洗濯用ネットを用意

掛け布団をそのまま洗濯機に入れることはできません。まずは洗濯用ネットを用意して、その中に入れて、洗濯します。

洗濯用ネットのサイズとしては、90×110cmくらいがおすすめ。このくらいの洗濯用ネットの中には、シングルサイズの掛布団なら1枚、正方形のこたつ掛け布団も1枚くらい入ります。

洗濯槽に洗剤を溶かす

次に、洗濯機の洗濯槽に水を張り、洗剤を溶かします。ここが重要なポイントで、掛け布団に洗剤を掛けるのではなく、洗濯槽に溶かしておきます。これでムラが生じにくくなりますね。

使う洗剤は粉石けんよりも液体洗剤のほうがいいです。よく溶けるからです。寝具専用の洗剤ならさらに安心して使えます。

「大物洗い」モードを選択

これで準備はできましたから、あとは洗濯槽に洗濯用ネットに入った掛け布団を入れて、「大物洗い」モードを選択し、洗濯します。

2本の物干しざおに干す

脱水が終わると、布団を干す番ですが、掛け布団はまだ水分を含んでいて重いので、2本の物干しざおに跨がせるように干すと、しっかりと受け止めてくれます。

また、2本にすることで、間に空気の循環路ができて、早く乾くようになります。もともとダブルバーになっている布団を干せるもの干しざおもありますから、そのような商品を選んでおくと、掛け布団用にもピッタリです。

掛け布団を洗う(浴槽編)

洗濯機で洗えない掛け布団の場合は浴槽で洗います。その手順を見ておきましょう。

予洗い

掛け布団の表面に汚れや毛、糸などがついている場合は、まず予洗いです。4つに折って浴槽に入れ、シャワーでその汚れなどを落とします。

浴槽に水かぬるま湯を入れる

予洗いした掛け布団は浴槽のふちにかけておいてください。続いて、浴槽に水かぬるま湯を半分くらいまで入れます。そして、洗剤を入れよくかき混ぜます。洗剤の量は洗剤表記を参考にしましょう。

軽く押し洗い

準備ができたら、掛け布団を浴槽に入れ、軽く押し洗いします。あくまでも軽くです。余り力を入れすぎないようにします。これでかなりの汚れが出てきて、驚くかもしれません。続いて、水を入れ替えて、また押し洗いです。2~3回水ですすいで、完了です。

干す場合の注意点

洗濯機で掛け布団を洗う場合は、脱水機能が使えますが、浴槽洗いの場合は、びちゃびちゃのままです。そこで、浴槽のふちにかけて、しばらく置いておきます。30分~1時間その状態にして、水をある程度抜いたら、干す場所へ持っていきましょう。この時も水が垂れるかもしれないので、途中にタオルなどを敷いておくといいです。物干しざおでの干し方は、洗濯機洗いの場合と同じです。

おすすめの商品

掛け布団は清潔に使いたいもの。それができるのが洗える掛け布団ですが、BED STYLEの商品の中にもそのようなものがあります。そのうちのいくつかをピックアップいたしますから、ぜひきれいな状態でお使いください。

ダニゼロを実現 子どもにやさしい丸ごと洗える日本製防ダニ布団 3点セット

こちらは、枕と掛け布団と敷き布団の3点セット。すべて洗えるタイプです。寝ている人が寝汗をかいても丸洗いできるので、いつも清潔。しかも、サイズがシングルとジュニアになっていて、大きくはないので、洗いやすいです。掛け布団と敷布団の中綿は帝人のウォシュロン。耐久性と速乾性に優れた素材で、洗濯を繰り返しても傷みにくいです。これで安心して洗濯ができますね♪高密度のダニブロック生地を採用。ダニ通過率0%ですから、快適な就寝環境をもたらします。掛け布団は滑らかな肌触りで、ふんわり軽いので、心地いいです。

洗濯機で洗えるエクセルゴールドラベルフランス産ダウン90% (セミダブル)

羽毛掛け布団の中には洗えるタイプと洗えないタイプがありますが、こちらは洗えるタイプです。ペットが汚しちゃう、子供がおねしょをする、来客用にきれいなお布団が欲しい、布団クリーニングは大変というお悩みを持つ方にもちょうどいいタイプになっています。ご自宅の洗濯機で丸洗いできます。薄掛け羽毛布団になっているので、セミダブルサイズでも洗濯用ネットにすっぽり収まります。ただ、羽毛布団を洗ったときに心配なのが乾くかどうか。ご心配ありません、テフロン加工で羽毛が傷つきにくく乾きやすいです。

安心安全ほこりの出にくい 国産洗える布団3点セット (セミダブル)

こちらも枕と掛け布団と敷き布団の3点セット。ぜーんぶ洗えます。水温30度までの洗濯機で洗ってください。これでダニのふんや死骸を減らせ、黄ばみ、汚れ、ニオイも取れます。今日からは快適気分でお休みいただけますね♡自宅で洗えますから、クリーニング費用も掛かりません。中綿は中空ポリエステル綿。空気を多く含み、ふかふかで暖かいです。さらにホコリも出にくく、アレルギー体質の人にもおすすめできます。ピーチスキン加工が施されています。ソフトで滑らかな肌触りになっていて、とても心地いいです。

羽毛のような暖かさ 高機能シンサレート入り布団8点セット (ベッドタイプ)

シンサレート高機能中綿素材入り布団8点セットをご紹介しましょう。この素材は羽毛の2倍の保温力。ニオイやホコリもなく、気持ちよく寝られます。ボリューム感も満点で、ふっくら柔らかく体にフィットしますから、冷気をシャットアウトし、暖気を逃しません。ご自宅で手軽に丸洗いできます。抗菌防臭タイプになっていますが、洗ってもこの機能は落ちません。いつまでも清潔さをキープし、快適にご使用いただけます。カラーバリエーションは9色。好みやインテリアにマッチするカラーを選びやすいです。

やわらかなタオル地で365日快適 コットンタオルキルトケットセット

最後にご紹介するのはコットンタオル地のキルトケットセット。キルトケットとパッドやシーツ1品とのセットになっています。タオル素材は気持ちのいいのが魅力。触れるだけで癒されて、幸せ気分に満たされます♡また、きめ細やかなパイルは夏はムレずに爽やか、冬は暖かく、心地いいです。ざぶざぶ洗えます。洗うと、タオル素材がちょうどいい柔らかさや香りになって、さらに快適に使えるようになります。

まとめ

掛け布団は肌に触れる寝具だけに、どうしても汚れやすいです。しかも、洗えないタイプだと、清潔さを維持するのが難しくなります。その点、洗える掛け布団なら衛生的で、いつまでも気分よく使えますね。今回はそんな掛け布団の特集でした。皆さんにも良質な洗える掛け布団が見つかり、毎日気持ちよく寝られるようになることを願っています。


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

たもつの最近記事

  1. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  2. 【押し入れ・クローゼット】実例から学ぶ布団収納の基本&湿気対策

  3. 【実例から学ぶ】押し入れ収納のコツとおすすめ収納アイテム☆

  4. 【へたりにくいベッドマットレスおすすめ】選び方と寿命の目安は?

  5. 睡眠の質も高まる「羊毛布団」!その特徴とお手入れ方法とは

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP