寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. たもつ
  2. 7418 view

ベッドフレームの軋みの原因は何?ポイント7つと対策をご紹介!

今使っているベッドの軋みが気になっていませんか?あの「ギシギシ」という金属音は、静かだとやけにうるさく感じますよね。意外とよく響く音ですし、自分の部屋だけでなく、両隣や上下にも聞こえてしまっているかもしれません。

一体、何がベッドを軋ませる原因となっているのでしょうか?この記事では、ベッドの軋みの原因と対策についてまとめていきます。

ベッドの軋みの原因となる7つのポイント

  • 金具が擦れて軋む
  • 接続面がすり減って軋む
  • 床板が歪んで軋む
  • マットレスのコイルが劣化している
  • マットレスがベッドからはみ出している
  • ベッドフレームそのものが軋んでいる
  •  フローリングが軋んでいる

金具が擦れて軋む

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 500044188_g_0014_m.jpg です

ベッドが軋む時、考えられる原因の一つとして金具の擦れがあります。金具の擦れは、どちらかというと金属製のパイプベッドフレームに多いです。

普段はあまり気にしないと思いますが、ベッドは毎日長い時間私達の体重を支えていますよね。しかもただ寝ているだけではありません。寝返りを打ったり起き上がったりもしています。さらに、床から乗り降りもしますから結構な負荷がかかっているのです。

対策としては、まずフレームをくっつけている金具の掃除をすることが大切です。金具の汚れを拭き取ってから、再度取り付け、動かないようにしっかり付けるのがポイントです。

接続面がすり減って軋む

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 500025765_g_007_m.jpg です

金属製とは異なり、木製フレームのベッドは床との接続面がすり減ったことで軋む可能性が高いです。重くて大きい家具なので仕方がないことですが、ベッドは長い期間使っているうちに、床面に接する部分が磨耗してしまいます。ねじを強く締めれば解決しますが、減った部分が多いとそうもいかないのが問題です。

ねじの締め直しだけで解消しない時は、すり減った箇所にフェルトを貼ることで磨耗を補うことができます。

床板が歪んで軋む

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 040111972_g_006_m.jpg です

実はベッドの床板も軋みの原因となります。床板が歪むことで、あの「ギシッ」とした音が出ることがあるのです。

その理由としては、床板は荷重がかかりやすいという点が挙げられます。その上、湿気も吸収するため、時々手入れしないとますます歪んでしまいます。ベッドは基本的に長年使うものですし、音を放置していると歪みはさらに大きくなり、軋みも比例して悪化していきます。

床板に原因がある場合は、床板とフレームの間に滑り止めのフェルトを挟むと良いでしょう。

マットレスのコイルが劣化している

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 500043551_g_0015_m.jpg です

長年使用しているマットレスは、コイルが劣化していき、ベッドの軋みの原因となっている可能性があります。一度、寝返りを打って音をチェックしてみることをおすすめします。

コイルの劣化は、毎日同じ部分に荷重がかかり続けることが原因です。寿命を伸ばすためにも、定期的にマットレスの上下裏表をローテーションすると良いでしょう。マットレスのローテーションは、ホテルのベッドでも行われているため、参考にしてみてください。

<おすすめ商品>フランスベッド製 端までしっかり寝られる純国産マットレス

ボンネルコイルとポケットコイルのいいとこどり!高密度スプリングを備えたベッドです。耐圧分散性が非常に高く、真ん中と端どちらで寝ても快適!軋みの原因を徹底的におさえる事ができます。見た目もスタイリッシュなところが嬉しいですね。

マットレスがベッドからはみ出している

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 040202343_g_001_m.jpg です

マットレスが劣化していなくても、軋み音が鳴ることがあります。マットレスがベッドからはみ出している場合です。フレームがあるベッドなら、マットレスは固定されてずれにくくなります。しかし、フレームなしのベッドでは押さえるものがありません。従ってマットレスをただ床板に乗せただけのベッドは、マットレスがずれやすいです。

マットレスには体圧分散の役目がありますが、上手く固定されていないと効果を発揮できません。マットレスがずれやすいベッドでは、寝ている時の負荷に偏りが出るため、嫌な軋み音の原因となっている可能性があります。

<おすすめ商品>マットレス一体型 ガス圧式大容量跳ね上げベッド

こちらはマットレスと床板が一体化した商品になります。これならマットレスが固定されずにずれてしまう心配はありません。跳ね上げ式の収納もついていて、安定感抜群なベッドです!

ベッドフレームそのものが軋んでいる

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 500045407_g_0004_m-1.jpg です

ベッドの軋みは、ベッドのフレームそのものが原因となっているケースもあります。

確かめるには、ベッドの床板やマットレスを一旦外します。その状態でベッドフレームを軽く揺さぶり、この時にベッドのパーツが外れそうならねじを締め直す必要があるでしょう。

ベッドに振動や重さで負荷がかかるとねじが緩むことがあるため、全てのねじをきっちりと締め、再度フレームを揺さぶります。この作業で不快な軋み音がしなくなれば問題解決です。

<おすすめ商品>頑丈で長く使える 棚・コンセントつき頑丈すのこベッド

なんと成人男性が8人乗れる、耐荷重600kgを誇るベッドです!ベッドに寝たいけれど、軋みが気になる、もう少し頑丈なベッドが欲しい、そんな方におすすめの商品です。すのこ素材で通気性が良く、ベッド下に私物を収納できるのも嬉しいですね。

<おすすめ商品>どっしりと且つお部屋は広々 頑丈デザインすのこベッド レギュラー

こちらは12本の脚と、厚さ25mmの極厚な板がついているロータイプベッドです。耐荷重も600kgと十分で安定感があります。また、布団とマットレスどちらも置く事ができるので、ご自身の寝やすい方を選ぶ事ができます。

フローリングが軋んでいる

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 3051568_s-1.jpg です

最後に、ベッドではなくフローリングに原因がある場合です。洋室でカーペットなどを敷いていない、フローリングだけの部屋にベッドを直に置いていると、ギシギシ音が出やすくなります。ベッドに原因が見当たらないなら、フローリングが軋んでいると考えて良いと思います。

確認方法は、ベッドの周りを歩いた時にミシッとした音がするかどうか確認することです。もしも床が軋みの原因なら、ベッドを移動させるか、ベッド下に防音パネルなどを設置すると多少は改善されるでしょう。

まとめ

ベッドの軋み音は、ベッドフレームやマットレスなどベッド自体に原因があるものと、フローリングに原因があるものとに分かれます。

原因によって対処の仕方が異なるため、自分のベッドの軋み音はどれが原因なのかを調べておくと良いです。また、部屋に物が散乱していると、軋み音のチェックはしづらくなります。一度室内を片付けてベッド周りをきれいにしてから、確認を行うことをおすすめします。軋みに早い段階で気付けば、ベッドの劣化や音のトラブルを未然に防ぐことに繋がります。ベッドは毎日使うものですし、長く良い状態を維持したいものですね。


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

たもつの最近記事

  1. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  2. 【押し入れ・クローゼット】実例から学ぶ布団収納の基本&湿気対策

  3. 【実例から学ぶ】押し入れ収納のコツとおすすめ収納アイテム☆

  4. 【へたりにくいベッドマットレスおすすめ】選び方と寿命の目安は?

  5. 睡眠の質も高まる「羊毛布団」!その特徴とお手入れ方法とは

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP