寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. たもつ
  2. 106809 view

【ママパパ必見】おねしょ対策&寝具のお手入れ方法をご紹介!

子供がいる家庭にとって、子供の「おねしょ」は悩ましい問題ですよね。なんといってもおねしょの後始末は大変。匂いを残さず綺麗にするためにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は、おねしょをしてしまったときの対処法を4ステップでお話したいと思います。こちらの記事を参考にして、布団を綺麗にする方法をマスターしましょう。

おねしょをしたあとのお手入れ方法

おねしょをしてしまったときは、子どもだけでなく親も大ショック!(泣)ため息をつきたくなる気持ちをグッとこらえて、素早く対処してしまいましょう!

敷布団・掛布団の場合

洗濯表示を確認し、家庭で洗濯できる布団なら丸洗いしましょう!40度前後のお湯で押し洗いしてから洗濯機に入れます。そしてよく乾かしてください。

マットレスの場合

家庭で洗濯できない敷布団やマットレスは、下記のステップで対処してください。

  1. 水分をとる
  2. 臭いをとる
  3. シミを取り除く
  4. よく乾かす

それでは詳しく見ていきましょう!

ステップ①水分をとる

まずはとれるだけおしっこをとってしまいましょう。量が多い時は、乾いたタオルか紙おむつで挟んで踏むと水分がよくとれます。

覚えておいていただきたいのは、熱湯は逆効果ということ。汚れが落ちやすいイメージがありますが、水分をとる前に70度以上の熱湯をかけてしまうと、おしっこに含まれるたんぱく質と反応して逆に固まってしまいます。

ステップ②臭いをとる

100円ショップなどに売っているスプレーボトルに、水とお酢を1:1の割合で入れて吹きかけます。そうするとおしっこのアンモニアを分解し臭いを除去してくれます。

スプレーを吹きかけたら再度乾いたタオルか紙おむつで拭き取りましょう。また、消臭スプレーでもできますのでスプレーボトルがないときなどにお試しください。

ステップ③シミを取り除く

水分をとって、匂いをとることができていればシミはほとんど残っていないのではないかと思います。

しかし、シミが残ってしまった場合は、ぬるま湯をかけて拭き取り、シミ部分に酢水をかけてまた拭き取りましょう。これを2~3回繰り返したあとに重曹をかけて水分をとります。

これでもシミがとれない場合は、ご家庭でシミをとるのは難しいかもしれません。

ステップ④よく乾かして完了!

晴れの日には天日干ししましょう。おねしょをしてしまった面を日に当てるように干します。そして日が沈む前に取り込みましょう。

日が沈んだあとも外に出しておくと湿気が溜まってしまいます。乾かなかった場合はドライヤーをあてると良いですよ。

雨の日には天日干しができないので、ドライヤーをあてるか、布団乾燥機を使いましょう。また乾きは遅いですが、除湿機、扇風機、エアコン、浴室乾燥機も使えます。

マットレスは天日干しすることが難しいので、風通しの良い部屋で立てかけて乾かします。

みんなはどうしてる?おねしょで布団を汚さないための対策実例

ここまでは、お子様がおねしょをしてしまった「あと」のお手入れ方法についてご紹介していきました!時間がないママやパパにとって、布団やマットレスのお手入れは大変ですよね。

そこで下記では、おねしょで布団を汚さないための対策についてご紹介していきます!実例をもとにご紹介していきますので、是非参考にしてくださいね♪

防水シーツを敷く

最も多いのは、マットレスの上に防水シーツを敷くという方法です!

シーツは自宅の洗濯機で丸洗いできるものを選べば、お手入れも簡単です。連結ベッドを使用している場合は、このようにシーツは大きなものを1枚用意して、隙間ができないようにするのがポイントですよ!

このように、パッド一体型のシーツであれば、取り外しも付け替えも簡単なのでおすすめです。

マットレスが汚れてしまうとお手入れが大変になりますが、これならパッドの下にさらに防水シーツを敷いているので、おねしょ対策はバッチリです!

おねしょズボンを履いてもらう

寝具を保護する前に、防水効果のある「おねしょズボン」をお子様に履いてもらうという方法もあります!

おねしょズボンは購入することもできますが、防水シーツがあれば手作りすることもできます。おねしょズボン+防水シーツがあれば、マットレスや布団をしっかり保護できそうですね♪

こんな可愛らしいおねしょズボンがあれば、お子様も喜びそうですね♪

ウェストのゴムをきつめにすると、漏れが軽減されるのでおすすめです。肌着がズボンの中に入ると伝い漏れしてしますので、注意しましょう!

おすすめの商品

マットレスをお使いの場合、おねしょがマットレスに染み込んでしまうとお手入れが大変です。小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、丸洗いできるベッドパッドが2枚ほどあると、とっさの事態に対応できますよ!

布団派の方は、防ダニ加工の洗える敷布団がおすすめ!

いままでの眠りの質を劇的に変える テンセル高反発ベッドパッド

高反発ウレタンを使用したこちらのベッドパッドは、身体を下からしっかり支え、沈み込みすぎないのが特徴。抜群の吸水性で汗やおねしょを逃さず、マットレスが汚れるのを防ぎます。自宅で丸洗いできるタイプなので、おねしょをしてしまっても安心です。ムレにくいので、汗っかきのお子さんとの添い寝にもおすすめです。

365日ふわふわさらさら 日本製・洗える・抗菌防臭防ダニベッドパッド

吸水性に優れたコットン100%のこちらのベッドパッドは、家族で安心してお使いいただける商品です。敷布団にもマットレスにもお使いいただけるので、2つ並べた時の隙間対策にもぴったり!洗濯機で洗えるから、おねしょをしてしまってもすぐに洗うことができます。防ダニ・抗菌消臭加工が施されているのも嬉しいですね。

毎日干したての気持ちよさ 1枚で寝られるオールインワン敷布団

寝汗だけでなく床の結露も吸収してくれるこちらの敷布団。除湿シート、クッションマット、敷布団の機能を1つにまとめたオールインワン商品です。シングル・セミダブル・ダブルの3サイズ展開なので、お子さん用にシングル、添い寝用にダブルと用途に合わせて選べます。4つ折りまで可能なので、収納場所にも困りません。

寝具にも安心を スペイン製ボックスシーツ型 マットレスプロテクター シングルサイズ

マットレスを汚れから守る役割があるマットレスプロテクター。裏面が水分を通さないよう加工されているので、おねしょをしてもマットレスが汚れません。表面はパイル地でさらさらなので、子どもの肌が触れても安心です。他にも、ペットがいるご家庭や、介護ベッドと併せて使うのにもおすすめですよ!

ダニゼロを実現 子どもにやさしい丸ごと洗える日本製防ダニ布団 3点セット

子どもが使う寝具だからこそ、アレルギーを気にせず使えるものが良いですよね。こちらの布団セットは、ダニブロック生地を使用し、ダニゼロ!敷布団、掛け布団、枕すべて丸洗いできるので、汚れてしまっても自分で洗濯することができます。安心の日本製でふかふかの寝心地なので、朝までぐっすりお休みいただけますよ。

まとめ

こちらの記事では、おねしょをしてしまった時のお手入れ方法をご紹介しました。

おねしょの時期は子供も親も大変ですが、おねしょをしてしまっても子供を叱らずにささっと対処することが大切です。

おねしょ対策については以下の記事をご覧ください。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

たもつの最近記事

  1. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  2. 【押し入れ・クローゼット】実例から学ぶ布団収納の基本&湿気対策

  3. 【実例から学ぶ】押し入れ収納のコツとおすすめ収納アイテム☆

  4. 【へたりにくいベッドマットレスおすすめ】選び方と寿命の目安は?

  5. 睡眠の質も高まる「羊毛布団」!その特徴とお手入れ方法とは

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP