寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. たもつ
  2. 989 view

1人暮らしにおすすめ!シングルサイズのローベッドの良さとは?

1人暮らしをするのにあたって悩むのが家具の配置ではないでしょうか?物を置きすぎると部屋が狭く見えますが、置く家具も妥協したくないですよね。そこでおすすめなのがシングルサイズのローベッドです。この記事では、ローベッドを使うメリットと、そのお手入れ方法について紹介していきます。

なぜシングルサイズのローベッドがおすすめなのか? 

なぜシングルサイズのローベッドが1人暮らしに合っているのでしょうか?その理由について3つ紹介していきます。 

空間が広くなって、部屋がスッキリと見える

ワンルームや1Kの1人暮らしの部屋となると、テレビやソファ、机などの置きたい家具とベッドを1つの部屋に配置する必要があります。狭いスペースに家具がたくさん置いてあると、部屋に圧迫感が生まれてしまいます。物がたくさん置いてあるごちゃごちゃした部屋では、なかなかリラックスもできないですよね。

そこでおすすめしたいのがシングルサイズのローベッドです。シングルサイズであれば、他の家具を置いても生活動線を確保しやすいです。ローベッドという高さのないベッドを置くことで、ベッド特有の圧迫感を感じさせず空間が広がり、部屋に開放感が生まれます。  

ベッドから落ちた時の衝撃がほとんどない 

一般的なベッドは転落してしまうとケガをするおそれがありますが、ローベッドならその心配がありません。1人暮らしの場合、ベッドから落ちても助けてくれる人はいないわけですから、自分の寝相に自信がないという方にピッタリです。

入眠から起き上がりまで布団で寝ているような感覚なので今まで布団で寝てきたという方にも違和感なく使っていただけるベッドです。

好みの厚さのマットレスを組み合わせても圧迫感が少ない

高さのあるベッドフレームを選んだ場合、厚みのあるマットレスを合わせると、さらに高さが出てしまいます。一方で、ローベッドであればフレーム自体の高さはほとんどないので、厚みのあるマットレスでも部屋の圧迫感を抑えることができます。厚みのあるマットレスが好きだけど部屋に圧迫感が出るのは嫌という方におすすめです。

ローベッドには2つのタイプがある 

ローベッドといってもすべて同じ型ではありません。大きく分けて2つのタイプがあるので、それぞれの違いを紹介していきます。

囲み型 

囲み型は、床板がフレームで囲まれており、マットレスを落とし込んで使うタイプです。マットレスがずれにくく、きしみや揺れが気にならない構造です。パーツが少なくて済むので、安価なものも探しやすいです。高さがないため、寝室が最も広く開放的に見えるのが囲み型です。

ステージ型 

床板とフレームの高さが水平で、マットレスをのせて使うタイプです。囲み型よりも高い位置にマットレスを置くので、ややホコリを感じにくいというメリットがあります。床下に多少のスペースがあることで湿気対策にもなり、ベッドの掃除がしやすいのが特徴です。

ローベッドを快適に使うためのポイント 

続いては、ローベッドを快適に使うためのポイントを紹介します。3つのポイントを押さえて、ローベッドを安心して使用しましょう。

掃除はこまめに行い、ホコリ対策をしよう

床から30㎝付近はホコリが溜まりやすいといわれています。ローベッドは、床から近い場所で寝るためホコリが気になるという方もいらっしゃるかもしれません。ですので、ベッドフレームやベッド下は週に1回は掃除するのがおすすめです。ベッド下にスペースがない場合は、マットレスをどかして床板を外し、床板とフレームと床を掃除機で掃除しましょう。その間にマットレスを立てかけて風を通しておけば、湿気対策にもなりますね。

寝室の換気は、できたらこまめに行い空気の流れを作ることを意識しましょう。ホコリが溜まるのを予防できます。

床板は通気性の高いすのこタイプがおすすめ 

ローベッドはベッド下に空気の通り道がない、あるいは少ないために湿気がこもりやすいです。そのため、対策をしていないとフレームやマットレスにカビが発生するおそれがあります。おすすめなのが、床板にすのこを使っているローベッドです。すのこにすることで風の通り道ができます。

それでも湿気が気になる方は、除湿シートを併用しても良いですね。

収納スペースをベッド下以外に確保しておく

ローベッドはベッド下を収納スペースにすることができません。ベッド下のスペースがなくても十分な広さの収納を確保できるか、ローベッドを購入する前に考えておきましょう。

部屋にクローゼットがある場合や、チェストを置くスペースがあればローベッドでも大丈夫ですね。

まとめ

シングルサイズのローベッドは、1人暮らしの部屋でも空間を広くみせることができます。他の家具を置いた際にも圧迫感を抑えることができ、物が多くてごちゃごちゃした印象を取り除くことができますよ。ローベッドで気になるホコリっぽさは、換気や掃除によって抑えることができますし、すのこの床板やステージタイプのローベッドを選ぶことで、通気性もアップさせることができます。これから1人暮らしをする方、ベッドの買い替えを考えている1人暮らしの方に、シングルサイズのローベッドがおすすめです。

おすすめの商品

ウォルナット×オーク柄の美しさ 棚・コンセント付きローベッド

棚、コンセント付きのスタイリッシュなデザインが特徴のローベッドです。カラーは、木目をいかした優しい象牙のような色合いのオークホワイトと、木目と落ち着いた色合いが美しいウォルナットブラウンの2色から選ぶことができます。奥行のあるヘッドボードは散らかりがちな小物を置くのに便利です。スマートフォンや小型電子機器の充電も可能です。

大人の空間を演出 モダンライト・コンセント付きローベッド

ヘッドボードのサイドにライトが付いた、モダンなデザインのローベッドです。ヘッドボードはスッキリとしていながらも小物が置けるスペースは確保されています。サイドフレームも約12㎝あるため、スマートフォンなどの小物を置けるサイドテーブルとして使うことができます。通気性に優れた床板仕様で、湿気を心地よく調節してくれます。

あなたを包み込む モダンデザインフロアベッド

ベッドとしての癒しとソファのようなくつろぎを追求した、レザーフレームのローベッドです。高級感のあるデザインなので、モダンでラグジュアリーな部屋のスタイリングにも最適です。ボリューム感のあるヘッドボードはウレタンを含み適度な弾力があるので、ゆったりと身を預けることができます。

どんなお部屋にも合わせやすい デザインボードベッド

ヘッドレスでコンパクトなステージ型のローベッドです。シンプルなデザインのためどんな部屋にも合わせることができます。1人暮らしの部屋にもピッタリのサイズ感です。セミシングルサイズのマットレスを置けば、フレームの余った部分をサイドテーブルとして使うこともできます。ベッド下にはお掃除ロボットも入るので、ホコリを取り除きやすいのがうれしいポイントです。

シンプルデザイン 棚・コンセント付きデザインすのこベッド

すべてが直線で構成されたシャープなフォルムが大人っぽい、シンプルでナチュラルなデザインベッドです。圧迫感のないロースタイルなので、空間に贅沢な開放感を生み出します。床下はすのこ仕様なので、通気性に優れ、一年中快適にお使いいただけます。ヘッドボードには使い勝手の良い棚やコンセント付きなので、ベッド周りをスッキリお使いいただけます。

開放的でオシャレな 棚・コンセント付き北欧デザインローベッド

無駄を省いたシンプルでスマートなデザインが特徴のステージタイプのローベッドです。ナチュラルな北欧風デザインは、和室にも洋室にも合わせることができます。ヘッドボードには10㎝幅のスペースがあるので、時計などの小物を置いたり、寝そべって本を読むときのテーブルにしたりして有効に使うことができます。マットレスのずれ落ち防止のためのストッパー付きです。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

たもつの最近記事

  1. 【へたりにくいベッドマットレスおすすめ】選び方と寿命の目安は?

  2. 睡眠の質も高まる「羊毛布団」!その特徴とお手入れ方法とは

  3. 二段ベッドの寿命は?何歳から何歳まで使える?おすすめ二段ベッドも

  4. 寝室が臭い原因は何?おすすめの対処法と使用してほしい寝具5点

  5. 【ペットがマットレスや布団を汚したときの対策】おすすめ対策を紹介

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP