寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. たもつ
  2. 199 view

ベッドパッドでマットレスを守ろう♪シングルサイズのおすすめ商品

マットレスは使っていくうちに、汚れたりへたったりします。少しでもそれを防ぎ、長持ちさせたいと思っている方も多いことでしょう。そこでおすすめするのがベッドパッドの使用。ベッドパッドはマットレスを守ってくれます。

今回は、そんなベッドパッドの中のシングルタイプを取り上げます。おすすめ商品もご紹介しますから、ぜひご家庭でお使いになってくださいね。

シングルベッドパッドの役割

シングルベッドパッドの役割について解説します。

マットレスを汚れから守る

人間は寝ている間に寝汗をかきますが、シーツしか敷かないと、寝汗がマットレスまで達し汚れてしまいます。

そこで利用したいのがシングルベッドパッド。シングルマットレスとシーツの間に敷くことで、マットレスの汚れ防止に役立ちます。

硬さ調節をする

シングルマットレスを購入しても、硬さがどうもしっくりこないという場合があります。硬すぎる、柔らかすぎるなどの場合で、これでは快適な寝心地が得られません。

そんな時に便利な役割を演じてくれるのがシングルベッドパッド。敷くことで硬さを変えることができ、寝心地がグーンと良くなります。

また、マットレスのコイルの当たる感触が気になる場合も、シングルベッドパッドで軽減できますよ♪

マットレスのへたり防止になる

シングルマットレスは1人で寝るのにちょうどいい大きさで、2人用程は重みによる負荷はかかりません。それでも、使っていくうちにへたるのは避けられないですね。

そんなシングルマットレスのへたりを少しでも防止したい場合に、シングルベッドパッドが役立ちます。マットレスへの負荷を軽減させてくれ、持ちを良くしてくれます。

洗濯できるタイプもあり

シングルマットレスを寝汗による汚れから守ってくれるシングルベッドパッドですが、これではパッド自体が汚れてしまいます。

そんなときに助かるのが洗濯できるタイプ。常に衛生的に使えて、就寝環境もきれいに整います。

シングルベッドパッドの選び方のポイント

いろいろな役割を果たしてくれるシングルベッドパッドですが、どのように選んだらいいでしょうか。いくつかのポイントを示しましょう。

ピッタリのサイズがないとき

シングルマットレスにはシングルベッドパッドを使えばちょうどいいのですが、たまたまピッタリのサイズが見つからない場合もあります。

シングルベッドパッドは一番需要の大きいサイズなので、売り切れになっている場合もあるでしょう。そんな時は、少し小さめのサイズを選んでおくのが◎。うまく敷けます。

大きすぎるものだと、ずれてしまい、あまり気持ちのいいものではありませんから、少し小さめのサイズがいいですよ。

中綿素材について

シングルベッドパッドの代表的な中綿素材は、綿、ウール、ポリエステル、麻などです。綿は吸水性が非常に高く、水洗いできます。ウールは保湿性と保温性がよく、弾力もあります。

ポリエステルは吸水性は低いのですが、早く乾くのがいいところ。また、軽くて扱いやすいです。麻は通気性が抜群で、爽やかな寝心地をもたらします。家庭での丸洗いも可能です。

厚みについて

シングルベッドパッドでシングルマットレスの寝心地を改善したい場合は、厚みに注目しましょう。

寝心地改善の役割を果たしてくれるのは厚手のタイプ。シングルサイズの場合、中綿の量が1.0kg以上の厚手タイプがおすすめです。

おねしょや粗相が気になるときは

シングルマットレスに子供やペットを寝かせている場合、おねしょや粗相があると、汚れてしまいます。それを防ぐためには、シングルベッドパッドの中のポリエステル素材を選ぶのがいいです。

ポリエステルは吸水性は悪いですが、防水性・撥水性があり、マットレスを守ってくれます。また、洗濯後によく乾くので、早く次の使用ができますね。

シングルベッドパッドの正しい使い方

シングルマットレスを守ってくれるシングルベッドパッド。ただ、正しい使い方をしないと、本来の役割を発揮しにくくなりますから、ポイントをチェックしておきましょう。

敷く順番

シングルマットレスにシングルベッドパッドだけ敷いて寝るという方はあまりいません。普通は、そのほかにシーツを敷き、敷きパッドも使う場合があります。この場合は、正しい敷く順番を覚えておきましょう。

敷く順番は、下から順にマットレス、ベッドパッド、シーツ、敷きパッドです。直接肌に触れるシーツや敷きパッドは、ベッドパッド以上に汚れますから、定期的に洗濯をし、清潔にしておいてください。

水洗いしていい?

シングルベッドパッドはそれほど大きいタイプではないので、水洗いもしやすそうですが、していいのでしょうか。

これは洗濯表示で確認します。洗濯表示に「手洗い可」「洗濯機可」と出ているものは水洗いできます。薄手のタイプはこのような表示になっていることが多いです。

一方、ウール素材は水洗いできないので、クリーニングに出してください。

洗濯の仕方

シングルベッドパッドなら、洗濯機にも収まりやすいでしょうが、その際は洗濯ネットに入れましょう。ネットに入れておくだけで、型崩れや生地の傷みを防げます。

洗剤についてはやはり洗濯表示で確認してください。記載がない場合は、一般的な洗濯洗剤の使用でOKです。漂白剤は汗や皮脂の分解を促してくれますが、生地によっては傷む場合もあります。また、柔軟剤は吸水性に悪い影響が出ることがあります。

まとめ

マットレスを守ってくれて、寝心地も改善してくれるベッドパッド。シングルマットレスにもピッタリの大きさのものがあります。そのような商品をぜひともお使いになっていただきたいので、今回特集を組んでみました。この情報も参考にして、ご自宅のマットレスにピッタリのタイプを選んでください。

おすすめの商品

最後に、BED STYLEの商品ページに載っているおすすめシングルベッドパッドをご紹介します。お気に入りのものが見つかったら、ぜひゲットして、マットレスを優しく守ってあげてください。

いままでの眠りの質を劇的に変える テンセル高反発ベッドパッド

眠りの質を劇的に変えるベッドパッドのご紹介です。中芯に高反発ウレタンを採用し、弾力性もよく、体を下からしっかり支えてくれます。男性や大柄の方は特にその寝心地に満足できるでしょう。上層の生地はテンセルTM繊維。表面が滑らかで柔らかく、優しい肌触りになっています。思わずほおずりしたくなるような感触です。寝返りしても音がしません。体にソフトにフィットします。敷きパッドとしての利用も可能ですよ。

夏は涼しく冬は暖かく 洗える100%ウールの日本製ベッドパッド

こちらは、夏涼しく冬暖かいウール製のベッドパッド。ウールには断熱、放熱、吸放湿、消臭などの効果があります。そのため、夏は汗や水分を吸い取り、さらっとした感触に。冬は暖かい空気を維持し、ポカポカしています。また、寝汗を吸収したときに26℃の熱を出すので、程よい温度で寝ることができますね♡アンモニアやホルムアルデヒドなども吸収・無害化します。ウール素材のベッドパッドは普通洗えないのですが、特別な加工で洗えるようになっています。

包み込むような柔らかさ リッチホワイト寝具 ベッドパッド

包み込むように沈み、ゆっくりと復元するベッドパッドです。寝心地はもちもちふっくら。その秘密は中綿素材のダクロン®メモレルにあります。低反発ウレタンよりも快適な素材で、体圧分散性にも優れています。もう一つの素材であるダクロン®アクアは優れた吸水性と速乾性、洗濯耐久性を持っていますよ。そのため、丸洗いできて乾きやすく、洗濯後もふっくらをキープできます。表地にはピーチスキン加工も施され、とても滑らかな肌触りです。

この一枚をプラスするだけ 寝心地が進化するV-LAPニットベッドパッド

ベッドパッドを寝心地を良くする目的で使いたいという人におすすめなのがこちらの商品。V-Lap®繊維を採用し、ぐっと持ち上げるような感じで腰をしっかりサポートします。寝姿勢も良くなりますから、健康的です。また、弾力もあり、動きやすく、寝返りも打ちやすいです。ベッドパッドはシーツの下に敷くものなので、シンプルな色のものが多いですが、こちらの商品にはベージュ、ピンク、ブルー、グレーなど豊富なバリエーションがあります。

365日ふわふわさらさら 日本製・洗える・抗菌防臭防ダニベッドパッド

帝人マイティトップⅡを使用し、防ダニ・抗菌・防臭効果があるベッドパッドです。このため、清潔かつ快適に使いいただけます。表面の生地はコットン100%。吸水性と保温性に優れた素材で、夏はスッキリ爽やか、冬は暖かいです。手触りもふっくらしていて、肌にも優しいです。お子さん用にもピッタリのベッドパッドですよ。ベッドでも敷布団でも使えます。バンドがついているので、これでずれずに気持ちよく寝られますね。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

たもつの最近記事

  1. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  2. 【押し入れ・クローゼット】実例から学ぶ布団収納の基本&湿気対策

  3. 【実例から学ぶ】押し入れ収納のコツとおすすめ収納アイテム☆

  4. 【へたりにくいベッドマットレスおすすめ】選び方と寿命の目安は?

  5. 睡眠の質も高まる「羊毛布団」!その特徴とお手入れ方法とは

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP