寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. たもつ
  2. 700 view

【マットレスをきれいに】洗えるマットレスのススメ&おすすめ商品

マットレスの衛生面が気になる、そんな方もいるのではないでしょうか。寝ていると、人間の汗や皮脂、ふけなどがマットレスにつき、汚れやすいものです。そこで利用したいのが洗えるマットレス。

今回は衛生的であるそんな洗えるマットレスの特集です。併せて、おすすめ商品も紹介するので、これ!という1枚を見つけてみてください。

洗えるマットレスの種類

すべてのマットレスが洗えるわけではなく、種類は限られています。どんな種類なのか見てみましょう。

高反発ファイバーマットレス

高反発ファイバーマットレスには、有名な洗える商品があります。「エアウィーヴ」や「ブレスエアー」などです。洗い方としては低温のシャワーか洗剤を溶かしたぬるま湯に浸けて洗います。

高温のお湯ではファイバーが溶けてしまうので、避けてください。ファイバー素材は乾燥も速いです。洗濯後もそれほど待たずにまた使用できます。

高反発ウレタンマットレス

高反発ウレタンマットレスのすべてが洗えるというわけではありません。洗えないものもあります。したがって、購入時に洗えるかどうか確かめておきましょう。

ただ、洗えるものでも、強く引っ張ったりこすったりすると、素材がちぎれたり破れたりしますから、優しく洗いましょう。洗った後は内部までしっかり乾燥させないといけません。生乾きの状態で使うと、雑菌が繁殖し、嫌なにおいが発生したり、素材が傷んだりします。

防水マットレス

医療現場や介護現場でよく使用されるのが防水マットレスです。このような現場では、マットレスが汚れてしまうことがよくあるため、非常に重宝されます。

一般用の防水マットレスの数はあまり多くはないですが、それでもおねしょをするお子さんや鼻血が出やすい人には使いやすいマットレスになっています。この防水マットレスも洗えることが前提になっていて、清潔な状態を維持できるようになっています。

洗えるマットレス選択時の注意点

洗えるマットレスは衛生的できれいに使えるのが最大のメリットですが、選択にあたってはいくつかの注意点があります。この注意点を押さえておかないと、自分や家族のためのふさわしい商品を選べませんから、よくチェックしておいてください。

折りたためるマットレスがいい

洗えるマットレスとはいっても、1枚分を丸々洗うのは楽ではありません。洗う場所までもっていくのも大変です。また、洗うときも大きいので、なかなか全体をきれいにしくいです。

そこでおすすめするのが折りたためるマットレス。特に三つ折りにできるタイプなら、コンパクトになり、とても洗いやすいです。

赤ちゃん用には適度な硬さのものを

赤ちゃんや小さなお子さんがマットレスを汚すといけないから、洗えるマットレスを買っておこうという親御さんもいます。確かにいい考え方ではありますが、その際にはマットレスの硬さに注意してあげましょう。

この年代のお子さんには、硬すぎるマットレスも柔らかすぎるマットレスもよくありません。特に高反発ファイバーマットレスの中にはかなり硬いものがあるので、よく硬さを確かめてから購入するようにしてください。

おねしょ対策用の選び方

子供のおねしょは親御さんにとっても悩みどころ。洗えるマットレスで対策をしようという方も多いはずです。この場合、特に注意したいのが高反発ファイバーマットレスの浸透性。高反発ファイバー素材は、通気性をよくする目的で、メッシュタイプになっていることが多いです。

そのため、おねしょがそのまま素材を通り抜けて、床まで達してしまいます。いくらマットレスが洗えてきれいになるとはいっても、床が汚れては意味がありませんから、このタイプは避けるようにしましょう。

洗えるマットレスの洗い方は?

洗えるマットレスとはいえ、どのように洗えばいいのか知らないと、きれいにはできません。そこで洗い方の手順を簡単に示しておきます。

まずカバーを外す

カバーをつけたままのマットレスは洗えませんから、まずカバーを外します。

カバーは洗濯機を弱にして洗い、洗い終わったら脱水し、陰干しします。乾燥機の使用はNGです

マットレスはお風呂で洗う

マットレス本体はお風呂で洗うのがおすすめです。

お風呂に40℃くらいのお湯を入れて、中性洗剤を混ぜ、本体を浸け、足で踏んでください。

洗剤を落とす

次に、洗剤を水ですすぎ、もう一度お風呂に水を入れ、足で踏みながら洗剤を落とします。洗剤が落ちたら、水気をよく切り、陰干ししましょう。

こちらも乾燥機の使用はNGです。乾燥をしっかりやらないと、中身に水気が残り、カビやダニの原因になるので、徹底的に乾かしてください。

おすすめの商品

最後に、BED STYLEの豊富な商品ラインナップから、特におすすめできる洗えるマットレスをご紹介します。洗えるマットレス選びの参考にぜひご覧ください♪

寝返りも楽々 日本製高反発マットレスシリーズ スタンダードタイプ

高反発特殊立体構造編物を使用した洗えるマットレスです。この素材は水分を吸収しないことから、シャワーで水洗いができます。水洗いだけできれいになるのかと心配する人もいるでしょうが、もともと汚れがつきにくい素材なので大丈夫です。乾燥も速いです。冬でも約1時間で自然乾燥するので、洗った当日にまた使用できます。高反発特殊立体構造編物にはほかにも優れた点があります。軽い、寝返りが楽、ほこりが出にくい、燃えにくい、耐久性がいいなどです。

いつもずっと快適 新構造エアーマットレス

こちらはタテ繊維編み物を使用した新構造エアーマットレスです。この素材は通気性がよく、蒸れにくいので夏でも快適です。また、起毛のシーツなどで覆えば、暖気を逃さず、冬は暖かいです。湯たんぽや電気毛布の使用もOK。それほど厚みがあるわけではありませんが、適度な弾力もあり、底付き感はありません。洗い方はシャワーで水洗い。やはり水分を吸収しないので、短時間で乾きます。洗っても素材が傷むこともありません。

通気性の良い ホテル品質 薄型ファイバーマットレス

ホテル品質の高性能薄型ファイバーマットレスです。丸洗い可能、通気性抜群、体圧分散性がいいなどの特徴があります。ファイバー部分は冷水または常温のシャワーで洗い、カバーと中敷きは洗濯機で洗えます。もともと通気性はよく、カビや湿気に強いのですが、洗えることでさらに衛生的!適度な硬さとクッション性があるので、寝返りも打ちやすく、毎日気分よく寝られますよ♪

床つき感のないすぐれたクッション性 日本製 薄型・高反発マットレス

薄型ながらも優れたクッション性のあるマットレスをご紹介しましょう。中材は立体構造編物。側地はフリースとWラッセル。立体構造編物はクッション性が強く、底付きしません。フリース面は気密性が高く、保温力に優れています。Wラッセル面はメッシュ構造になっていて、通気性がよく、熱や汗を発散します。リバーシブルで使用できますから、季節に応じて使い分けられますね♪カバーは洗濯機で、中材はシャワーでの水洗いが可能です。

寝具にも安心を スペイン製ボックスシーツ型 マットレスプロテクター

今お持ちのマットレスが洗えないタイプなら、マットレスプロテクターを敷くのがおすすめ!こちらのプロテクターはボックスシーツ型なので、マットレス全体を覆うことができます。生地にポリウレタン樹脂を使用しており、寝ている間にかくコップ1杯分の汗からも、お子さんのおねしょからも、マットレスを守ってくれますよ。

まとめ

マットレスをしばらく使っていると、どうしても汚れてきます。そんな時、洗えるマットレスなら安心して長く使うことができますよね。今回はそんな洗えるマットレスの特集でした。洗えるマットレスには優れた商品もいろいろありますから、次回買い替えるときは、購入の候補に入れてみてはいかがでしょうか。


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

たもつの最近記事

  1. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  2. 【押し入れ・クローゼット】実例から学ぶ布団収納の基本&湿気対策

  3. 【実例から学ぶ】押し入れ収納のコツとおすすめ収納アイテム☆

  4. 【へたりにくいベッドマットレスおすすめ】選び方と寿命の目安は?

  5. 睡眠の質も高まる「羊毛布団」!その特徴とお手入れ方法とは

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP