寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. たもつ
  2. 87 view

こたつにピッタリの敷布団と掛布団を使って暖かさを維持しよう♪

冬足元を温めてくれるこたつ。こたつの気持ちよさを味わうと、抜け出せなくなるなんて人もいるのではないでしょうか。ただ、こたつにはピッタリ合う敷布団と掛布団が必要です。そこで今回はそんな商品の特集を組んでみます。併せて、おすすめの商品もご紹介しますから、こたつに合わせて上手にお使いになってください。

こたつの敷布団と掛布団の特徴

まずは、こたつの敷布団と掛布団の基本的な特徴を見ておきましょう。

暖気を逃さない

こたつの敷布団は下から暖気を逃すのを防ぎます。掛布団は上を守ります。こたつの掛布団はどのご家庭でも使用するでしょうが、敷布団は使っていないという場合もありますね。

ただ、それでは下から暖気が逃げやすくなりますから、できるだけ使うようにしましょう。

おしゃれ

最近のこたつの敷布団と掛布団はとてもおしゃれです。敷布団はこたつで覆われるのであまり見えませんが、掛布団は見える位置にあるので、このおしゃれさが目に届きます。

それだけに、お部屋の雰囲気も明るくなりやすいです。こたつでの生活も楽しくなりますね♪

セット商品も多い

こたつの敷布団と掛布団を別々に購入というケースもあるでしょうが、セット販売商品も多くなっています。

この方が色柄も素材も統一され、使いやすく、気分もいいはずです。セット販売による割引もあるでしょうから、お得感もありますね。

敷布団があれば、体も痛くない

こたつの敷布団には暖気を逃さないという役割のほか、入っている人の体を守る効果も期待できます。

何も敷かないか薄いラグのようなものを敷いただけのこたつだと、座っていても寝転んでいても体が痛くなることも。その点、敷布団を敷いておけば、体の痛みをある程度防げます。

こたつの敷布団と掛布団の選び方

こたつの敷布団と掛布団はどのような点を意識して選べばいいでしょうか?いくつかのポイントをアドバイスしてみますね♪

サイズ

こたつの敷布団と掛布団選びでは、まずサイズチェックをしましょう。その際には、こたつ自体のサイズとこたつに入る人数、入る人一人分のスペースなどを計算します。

こたつのサイズとの兼ね合いでは、敷布団なら100~120cmプラス、掛布団では100~130cmプラスくらいがピッタリ合います。

厚み

一番寒い時期にこたつを使うというのなら、敷布団も掛布団も厚めのものを選ぶのが◎冷気をシャットアウトして、足元をとても暖かくしてくれます。また、厚めの敷布団なら、体も楽です。

少し暖かい時期にこたつを使う場合は、薄手のものでもOK。むしろ厚手の敷布団や掛布団では、この時期暖かくなりすぎてしまいますのでご注意ください。

素材

こたつの敷布団と掛布団に使われている素材もチェックポイント。素材によって、暖かさも快適さも通気性も違います。その素材には、綿、ポリエステル、羽毛(掛布団の場合)などがあります。

綿は吸湿性・保温性・弾力性ともに優れています。そのため、使い心地がいいです。ポリエステルは吸水性や吸湿性はいまいちですが、軽くて扱いやすいことやほこりが出にくいのがいいところ。また、丸洗いできるので衛生的です。羽毛は保温性が抜群。とても暖かいです。そして、軽くても重さもあまり感じません。

デザイン

こたつの敷布団や掛布団にはいろいろなデザインのタイプがあります。無地、チェック柄、ドット柄、ボーダー柄、花柄などです。

このほかにも各メーカーで素敵なデザインを用意しています。どれも選びたくなりますが、インテリアとのバランスなどを考えながらいいものを見つけましょう。

こたつの敷布団と掛布団の洗い方

せっかく購入したこたつの敷布団と掛布団は長い間清潔に使いたいもの。それには洗濯の仕方が大切になってきますから、いい方法をご紹介しましょう。

クリーニングの宅配サービスを使う

汚れてきたこたつの敷布団や掛布団を自宅で洗うのは少し大変です。かといって、汚れを放置しておくと、気分も良くありません。

そこでおすすめの方法として、クリーニングの宅配サービスの利用があります。このサービスを利用すれば、重い敷布団や掛布団を運ぶ必要がなく、集荷・配送してくれます。

コインランドリーで洗う

クリーニングの宅配サービスは便利ではありますが、料金がかかります。それがもったいないという人もいるでしょうから、それならコインランドリーを利用するという手もあります。

これでかなり料金が抑えられますね。コインランドリーまで敷布団と掛布団を運ぶ手間はかかりますが、簡単な洗濯方法ではあります。

自宅で洗う

こたつの敷布団や掛布団を自宅で洗える場合もあります。可能かどうかは洗濯表示に記載されていますから、チェックしてください。中性と出ていれば、おしゃれ着用の洗剤で洗えます。表示がない場合は、一般衣料用の洗剤を使います。

洗濯機で洗える場合は、洗濯ネットに入れましょう。手洗いの場合は、お風呂場で洗います。

おすすめの商品

ここからは、Covearth掲載の商品の中から特におすすめできるこたつの敷布団と掛布団をご紹介いたします。ただ、掲載商品は非常に多いので、ここに紹介したもの以外でも素晴らしいものはたくさんありますが、一つの参考情報としてご覧ください。

お洒落な冬時間 古木風ヴィンテージデザイン こたつ掛布団&敷布団2点セット

こちらは、こたつ敷布団と掛布団の2点セット。素材はこだわりのフランネルで、とろけるような肌触りが魅力となっています。思わず頬ずりしたくなるようななめらかでふわふわな感触で、こたつ空間が快適な場になります。もちろん、保温性もいいです。素材の密度も濃いので、たっぷりと空気が含まれ、暖気を逃しません。靴下を脱いでこたつに入っても、暖かく気持ちがいいです。側生地には防ダニ加工が施されています。暖かいこたつではダニも発生しやすいですが、その繁殖を防ぎます。

4色 モダンストライプサテンカバー付きこたつ布団 掛布団&敷布団2点セット

洗練されたモダンなストライプ柄が美しいこたつ敷布団と掛布団の2点セットです。ストライプ状にサテンが織り込まれていて、しなやかで上品な光沢感を生み、高級感と華やかさにあふれています。こんなこたつ布団に包まれていると、贅沢なひと時が味わえますね♪側地はコットン50%にポリエステル50%の混紡糸。太すぎず細すぎない糸で、さらっとしていてとても軽やかで、使い心地が非常によくなっています。裏側はサテン織りの無地生地になっています。リバーシブル仕様になっていますから、それぞれの趣を楽しめますよ。

10色から選べる 円形こたつ掛け・敷き布団2点セット すっきりタイプ

今度は、円形こたつ用の敷布団と掛布団を取り上げてみましょう。まずカラーバリエーションが豊富です。ローズピンク、ミッドナイトブルー、ワインレッドをはじめ様々なカラーが用意されていて、リビングにピッタリ合う色も見つけやすくなっています。敷布団掛布団ともに同じカラーですから、まとまりもいいですね♡敷布団はオールシーズン使用可能。さらっとした肌触りなので、夏にも使えますし、少し肌寒い時期にはホットカーペットのカバーにもなります。ご自宅の洗濯機で丸洗い可能です。

スウェード調パッチワーク省スペースこたつシリーズ 掛布団&敷布団2点セット

こちらは、省スペースになったこたつ敷布団と掛布団の2点セット。四つ角がコンパクトになっていて、場所も取らずスッキリした形になっています。畳んでもコンパクトになり、軽いことから持ち運びも非常にしやすいです。デザインはパッチワーク。カラーの違うパーツが並んでいて、とても華やかです。見ていても楽しめますね♪カラーバリエーションはチョコブラウンとモスグリーンが主体。ナチュラルで優しい雰囲気にあふれ、北欧風のおしゃれな色合いになっています。

落ち着いたレトロな雰囲気 レトロ調幾何柄こたつ掛け敷き布団セット

渋めの多色使いで、上品に仕立てたレトロ調幾何柄こたつ敷布団と掛布団のセットです。数パターンの幾何柄をうまく組み合わせ、落ち着きと華やかさを生み出しています。このデザインでリビングもグーンと引き立ちますね♪表面生地は「楊柳ドビー織り」。独特なシボ感があり、さらさらふわっとした肌触りです。しわにもなりにくく、速乾性にも優れているので、快適に使いやすくなっています。ピーチスキン加工が施されています。桃の肌のようになめらかで軽やかな触り心地です。

まとめ

こたつに必要な敷布団や掛布団。おしゃれなものも多く、リビングを明るく華やかな雰囲気にしてくれます。そんな敷布団や掛布団をお探しの方のために、今回詳しい特集を組みました。これがきっかけで、皆さんのご家庭にピッタリのこたつ敷布団と掛布団が見つかりますように願っています。


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

たもつの最近記事

  1. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  2. 【押し入れ・クローゼット】実例から学ぶ布団収納の基本&湿気対策

  3. 【実例から学ぶ】押し入れ収納のコツとおすすめ収納アイテム☆

  4. 【へたりにくいベッドマットレスおすすめ】選び方と寿命の目安は?

  5. 睡眠の質も高まる「羊毛布団」!その特徴とお手入れ方法とは

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP