寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. たもつ
  2. 1322 view

収納の悩みを解決できる!布団を収納できる家具特集

みなさんの睡眠を支えている布団。ベッドより布団派という方も多いと思いますが、布団には収納が面倒というデメリットがあります。

「布団を使いたいけど、収納する場所がない…」そういった方向けに本記事では、布団を収納する家具・アイテムを紹介していきます。最後に、おすすめの収納付きベッドもご覧いただけるので、ぜひ参考にしてみてください。

布団を収納できる家具にはどんなものがある?

昔から多くの人を悩ませてきた布団の収納問題。そんな問題を解決する家具・アイテムを紹介します。布団を収納する家具・アイテムは以下の通りです。

・ベッド
・押入れ
・クローゼット
・タンス
・収納ラック
・布団ケース

ベッド

布団を収納する家具で人気なのがベッドです。最近のベッドには収納スペースのあるものが増えており、ベッドとしても収納場所としても使用することができます。スペースを取らずに収納できる収納ベッドは省スペースには欠かせない家具です!

押入れ・クローゼット

押入れやクローゼットは、昔から布団を収納する場所として使われてきました。もともと部屋に備わっているものを使うことができれば一番良いですね。よりスッキリ収納させたい方は、この後紹介する収納ラックや布団ケースなどを使いましょう。

タンス

布団を収納する家具として「タンス」という選択肢もあります。夏物の布団であれば、一般的なタンスにそのまま仕舞っても良いでしょう。布団専用のタンスというのもあり、ほとんどは二段式です。一人暮らしの場合は、片方に布団を収納して、もう片方を新しい収納スペースとして使うこともできますよ!


収納ラック

できるだけコンパクトな収納家具を探している方には、布団収納用のラックというものもあります。ほとんどの製品は収納部分が2~3段でキャスター付きです。押入れやクローゼットなどに入れて収納スペースを増やしたり、床に置いてそのまま収納ラックとしても使うことができます。床と布団の距離がとれるため、湿気がたまりにくいというメリットがあります。キャスターがついているので、移動がしやすいのも良いです。

布団ケース

布団を専用のケースに入れることで、よりスッキリ収納することができます。コンパクトにまとめらるので、来客に使う布団の管理などに役立ちます。最近は竹炭入りの布団ケースなども出ています。消臭効果が期待され、より長く使いたい人や匂いが気になる人におすすめです。それ以外にも、ソファになる布団ケースなども人気です。

まとめ

いかがだったでしょうか。ご紹介した通り、布団の収納する方法はたくさんあります。また、本記事で紹介した収納家具・アイテムにも様々なデザインや素材がありますので、自分の部屋のレイアウトに合うものがきっと見つかります。部屋をスッキリさせて、毎日を気持ちよく過ごしましょう。

おすすめ商品

最後に、BED STYLEがおすすめする収納付きベッドをご紹介します。布団を収納する家具としては人気が高く、布団以外にも色々なものを仕舞っておけるのは大変魅力的です。ぜひ、あなたの寝室にぴったり合う収納付きベッドを見つけてみてください。

布団が干せて快適 国産頑丈すのこ跳ね上げ式大容量収納ベッド

大きな布団も収納することができるベッドが欲しい方におすすめなのがこちらのベッド。上に跳ね上げてベッドの中に物を収納することができます。また、毎日気持ちよくお使いいただけるすのこ構造にもなっています。さらにすのこを持ち上げて布団を干すことができます。ベッド下は大きな荷物も入る便利な広々収納。たくさん収納スペースが欲しい方にとってはマストアイテムです!

お部屋にピッタリ コンパクトな跳ね上げ式収納ショート丈ベッド

片付けが苦手な方、かつ部屋がコンパクトな方におすすめしたいのがこちらのベッド。大容量の収納スペースがあり、かさばりやすい布団等も簡単に収納可能です。跳ね上げ式構造の床板なのでマットレスをひいたまま軽々開閉できます。開けると奥まで見渡せますので、何が入っているか一目瞭然! お部屋がすっきり片付きます♪

収納充実のヘッドボード スライド収納付き_大容量チェストベッド

ヘッドボードまで収納スペースとして活用できる、大容量チェストベッドが登場しました!ベッド下に長物収納も付いているので、布団を収納する家具としても十分活躍してくれます。収納したいものに合わせて5つの引き出しを使い分けられるので、片付けが苦手な方にもおすすめです。子供部屋から1人暮らしのお部屋まで重宝すること間違いなし!カラーは、ダークブラウン・ホワイトの2色からお選びください。

選べる贅沢フレーム 大容量収納庫付きベッド ベーシック床板仕様

ヘッドレスタイプのこちらのベッドなら、省スペースなのに大容量の収納スペースを確保することができます。布団はもちろん、収納場所に困るスーツケースや衣装ケースをそのまま仕舞っておけて大変便利です。深さは選べる2種類で、30㎝(浅型)と40㎝(深型)をご用意しました♪床板とカラーもそれぞれ3種類からお好みで選んでいただけます。

布団が干せて快適 国産頑丈すのこ跳ね上げ式大容量収納ベッド

お布団派の方に嬉しい干せるすのこを使用。通気性が良いだけではなく、持ち上げることで毎日でも室内でお布団を干すことができます。ベッド下は一面収納スペースなのも、このベッドの嬉しい特徴です。さらに品質確かな日本製で、耐荷重はなんと600kg。頑丈に造られておりますので安心して長期間ご使用いただける商品です。

布団を湿気から守る 湿気に強い桐すのこ伸縮布団収納ラック

こちらは、押入れで布団を収納しやすくしてくれるアイテムです。押入れは湿気がたまりやすいので、通気性を保ってくれるすのこを使用した布団ラックがおすすめ!キャスター付きですので、腰をかがめて布団を引き出す必要もありません。こちらのラックは伸縮式なので、ご自宅の収納の幅に合わせて調整でき、とても便利にお使いいただけます。桐すのこを採用し、日本の風土に合った湿度調整をしてくれるのもポイントですね。

スタイリッシュにすっきり収納 壁面収納ロッカー 整理棚

壁を覆うほど大きな壁面収納タイプの棚です。 棚は可動式になっています。棚を取り付ける穴は3cm間隔で16個あいており、可動棚パーツは4つ。布団を収納する際にはこの可動棚を変更していただき、サイズに合わせて使えます。シリーズ商品にはハンガーラックご用意しているので、揃えて使えばお部屋の統一感もUPしますよ。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

たもつの最近記事

  1. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  2. 【押し入れ・クローゼット】実例から学ぶ布団収納の基本&湿気対策

  3. 【実例から学ぶ】押し入れ収納のコツとおすすめ収納アイテム☆

  4. 【へたりにくいベッドマットレスおすすめ】選び方と寿命の目安は?

  5. 睡眠の質も高まる「羊毛布団」!その特徴とお手入れ方法とは

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP